福岡の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 九州国立博物館 体感型展示で歴史を学ぶ

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

九州国立博物館 体感型展示で歴史を学ぶ

  「日本文化の形成をアジア史的観点から捉える」をコンセプトに、その交流の歴史に焦点をあてて文化財を収集する九州国立博物館。子どもが遊べる展示室などもあり、わかりやすく親しみやすい体感型の展示がユニークだ。

印象的な流線形の屋根は、玄界灘の波をイメージしたデザイン

  古くから福岡がアジアとの文化交流の玄関口であったことから、アジア諸地域から渡ってきた品々を中心に収蔵・展示する九州国立博物館。東京・京都・奈良にある国立博物館が美術系であるのに対し、同博物館は歴史系の博物館として設立されている。常設の展示室では800~900点の文化財を展示。年に数回はトピック展示も公開され、いつ訪れてもその充実した展示品をたっぷりと楽しむことができる。また全国的にも珍しい「バックヤードツアー」では、博物館の収蔵庫を見学することができるほか、遊びながら文化財に触れられる展示室「あじっぱ」も人気。子どもから大人まで楽しめる、まさに“体感型”の博物館だ。

取材/江頭 睦美、平成27年(2015)5月

澤野 真由美 さん
(さわの まゆみ)
澤野 真由美 さん

九州国立博物館の達人
  九州国立博物館の達人は同館の交流課で3年、広報課で2年にわたって勤務。広報課ではメールマガジンやプレスリリースなどの情報発信や取材対応に追われつつも、いち早く貴重な展示品を観覧できるのが嬉しかったとか。

九州国立博物館の設立は、九州人100年の夢

メインエントランスの天井は、約4000本の丸太を組みあげて

  美術行政家・思想家の岡倉天心が「九州に博物館を」という構想を提唱したのは明治32年(1899)のこと。それから約1世紀もの時を経て平成17年(2005)、九州国立博物館が開館した。「地元の方々の粘り強い活動によって、ようやくその熱意が形になった博物館です。設置費用の一部は募金でまかなわれていますし、約16万平方メートルの敷地面積のうち、約14万平方メートルは太宰府天満宮から寄贈されているんですよ」と澤野さん。地域にとって悲願の博物館は、“九州人100年の夢”といわれている。
 太宰府天満宮の旧境内、丘陵地にたたずむ蒲鉾型の建物は、玄界灘をイメージした流線型の屋根が特徴的。吹き抜けのエントランスホールでは、九州の杉の間伐材、約4000本を組み上げた天井の迫力に圧倒される。いずれも九州らしさを取り入れたデザインだ。

展示室の舞台裏に潜入。毎週日曜日の「バックヤードツアー」

窓の向こうに見えるのは、温度・湿度が厳密に管理された収蔵庫

  博物館を訪れても、通常ならば目にすることのできない展示室の裏側。九州国立博物館では、この裏側を「バックヤードツアー」で公開している。収蔵庫や文化財保存修復施設を窓越しに見学し、さらには展示品や収蔵品を地震から守る免震層なども巡る。毎週日曜日、ボランティアガイドのナビゲートによって約50分のツアーを体験できる。
「この博物館の建設が決定した当初から、このように博物館の裏側を公開することも決まっていました。収蔵庫に見学用の窓があるのはそのためです。ほかの博物館ではなかなか見ることのできない部分ですので、ぜひ参加していただきたいですね。文化財を守る大切さについて、考えるきっかけにしていただければ嬉しいです」と澤野さん。

ボランティアスタッフも大活躍。地域・市民とともに歩む博物館

「太宰府 古都の光」。博物館前には地域児童の手作りの灯明が

  展示解説に、外国語にも対応できる館内案内など、九州国立博物館にはさまざまなボランティア活動グループがある。これらのボランティアは、「地域・市民とともに歩む博物館」をめざす同博物館のシンボル的な存在だ。「ボランティアの募集は三年に一度ですが、毎回たくさんのご応募をいただきます。中には県外から通う方もいらっしゃるなど、熱心なメンバーばかりです」と澤野さん。初めて訪れる広い館内で、迷った時や困った時、すぐに快く対応してくれる人がいるのは安心だ。
 また、同博物館の開館を記念してスタートした地域ぐるみのイベントもある。毎年9月下旬に開催される「太宰府 古都の光」だ。太宰府の町が1万本のろうそくの光に彩られ、太宰府天満宮から九州国立博物館までの通路も光の道に。同博物館では支援団体「九州国立博物館を愛する会」による影絵などが披露されている。太宰府天満宮の神幸式大祭に合わせたイベントでもあるので、9月に太宰府を訪れるならあわせてチェックしておきたい。

子どもたちに人気の体験型展示室『あじっぱ』

『あじっぱ』の一角。手前に見えているのはモンゴルのコーナー

  「私が最も気に入っているのは、1階の展示室『あじっぱ』です。日本と交流のあった国々の文化を、遊びながら体験できる展示室で、お子さんは大喜びされますよ。常設展示で入場無料。地域の小学生が放課後に遊びに来ている姿もよく見かけます」と澤野さん。『あじっぱ』というネーミングは、“アジアのはらっぱ”という意味。各国のコーナーごとにその地域の楽器を演奏したり、衣裳を羽織ったり、さまざまな国の文化を体験できる。同博物館の開館当初のキャッチフレーズ「学校より面白く、教科書よりわかりやすい博物館」を、そのまま形にしたような展示室だ。
 また、奥には静かに作品を鑑賞できるギャラリー『あじぎゃら』も。展示品には子ども向けの解説付きで、親子で一緒に楽しめる。子どもたちが文化財に興味をもち、博物館に親しむきっかけにもなりそうだ。また、年に数回開催される「なりきり学芸員体験」では博物館の仕事も体験できる。

《厳選ホテル》

九州国立博物館のおすすめ情報

九州国立博物館の定番スポット3選

  特別展だけじゃない! いつもの博物館にある、ここならではの魅力を体感できるスポット3選

  • ライトアップも幻想的な展示室。空間そのものがアート作品のよう
  • 吹き抜けのエントランスホールに映える飾り山
  • 空の青と、山の緑を映しだすミラーガラス張りの壁面
おすすめポイント
  常時800点もの文化財を展示する「文化交流展示室」は、アジア史から観た日本文化のなりたちを時系列で体感できる必見スポット。九州国立博物館ならではの所蔵品をたっぷり観覧できる。また期間限定で展示されている「博多祇園山笠」の飾り山も、希少な四面飾りで豪華。夏以外で飾り山を見られるスポットも珍しい。最後に、建物の外観も九州国立博物館ならではの特徴的なデザイン。山々の色彩を映すミラーガラス張りの建物の前で、思い出に残る記念撮影を。

九州国立博物館の定番お土産3選

  自分用にも欲しくなる! ユニークでおしゃれなミュージアムグッズがいろいろ

  • まさに“キモかわいい”魅力。見ているだけで楽しい気分に
  • 使うほどに肌なじみが良くなる「かまわぬ」とのコラボ手ぬぐい
  • かわいくて上品なお土産。軽くてかさばらないのも嬉しい
おすすめポイント
  1階のミュージアムショップは品揃えが豊富なので、お土産探しは、さながら展示室をめぐるような面白さ。おすすめは、やはり博物館のオリジナルグッズだ。所蔵品の「針聞書」に登場する腹の虫のフィギュアは“キモかわいい”魅力。デザイン手ぬぐいは「かまわぬ」とのコラボ商品で品質も抜群だ。また、目上の方へのお土産ならオリジナルの干菓子「和三宝」がおすすめ。可憐な色合いで上品な甘さ。お茶会で愛用する人もいる本格的な和三盆だ。

九州国立博物館への交通アクセス

  太宰府駅から約10分。太宰府天満宮までの散策も楽しみながら訪ねたい。博多駅からは太宰府駅までの直行バスが便利。

車(レンタカー)で

  「太宰府IC」あるいは「筑紫野IC」から約20分。
【駐車場の空き情報を随時配信中】※駐車場料金は1日500円
http://www.dazaifucity-parking.com/kyuhaku/

⇒博多駅の格安レンタカーを予約できます!

電車で

  ・「西鉄福岡(天神)駅」から「西鉄二日市駅」まで特急で約13分。「西鉄二日市駅」から「太宰府駅」まで約5分。太宰府駅から徒歩約10分。
・JR「博多駅」からJR「二日市駅」まで約15分。徒歩約12分で「西鉄二日市駅」まで移動。「西鉄二日市駅」から「太宰府駅」まで約5分。太宰府駅から徒歩約10分。

バスで

  「博多バスターミナル」から「太宰府駅」まで約40分。太宰府駅から徒歩約10分。

九州国立博物館のQ&A

Q 観覧料・休館日は?
A 【文化交流展/観覧料】
一般:430円(団体:220円)
大学生:130円(団体:70円)
※障害者手帳等がある場合は、その介護者1名ともに無料。
※高校生以下・18歳未満および70歳以上なら文化交流展の観覧は無料。
※特別展の会期中はその半券で文化交流展も観覧可能。

【開館時間】
9時30分~17時(入館は16時30分まで)

【休館日】
月曜日(月曜日が祝日、振替休日の場合は翌日休館)、年末
Q バックヤードツアーに参加するには?
A ●開催日時/毎週日曜14時~(約50分)
●申し込み方法/当日12時~14時の間に、1階『あじっぱ』前のボランティアガイド受付センターへ(事前予約は団体のみ可能)
●参加費/無料
●定員/30名
Q 小さな子ども連れでも大丈夫?
A 全館バリアフリーの施設なので、ベビーカーや車いすでも安心して移動できる。また各階の女子化粧室や多目的トイレなどには、おむつ交換台を設置。1階の授乳室には、ベビーベッド4台と授乳用ソファ、ミニキッチンなども完備されている。

いざないの一枚

その他にも、九州のおすすめ観光情報を紹介。

あなたの気になる記事は?

九州の各県を味わうグルメ

久留米ラーメン とんこつラーメン発祥の味

福岡・久留米ラーメン

旦過市場 昭和レトロに誘われて

福岡・旦過市場

博多の水炊き。人気の郷土料理を味わう

福岡・博多の水炊き

呼子で朝市やイカの活きづくりを楽しむ

佐賀・呼子

人吉・球磨のグルメ旅 自然が育んだ食文化

熊本・人吉球磨

門司港グルメ レトロな港町で焼きカレーを

福岡・門司港

熊本・阿蘇グルメ 新旧うまかもん対決

熊本・阿蘇グルメ

長崎ちゃんぽん 発祥からおすすめ情報まで

長崎ちゃんぽん

宮崎グルメ旅 地元の食材を存分に味わう

宮崎グルメ

黒糖焼酎 奄美群島だけで造られる稀有な酒

鹿児島・黒糖焼酎

九州を歴史散策・文化探訪

福岡・秋月 筑前の小京都、秋月城下を散策

福岡・秋月

三角西港で不思議発見。世界遺産登録が決定

熊本・三角西港

博多座で、はじめての歌舞伎見物

福岡・博多座

産業都市北九州で、工場見学を楽しもう

福岡・北九州

西都原古墳群 神話が息づく花と歴史の名所

宮崎・西都原古墳群

吉野ヶ里遺跡で邪馬台国ロマンを体感

佐賀・吉野ヶ里遺跡

軍艦島 タイムカプセルとなった廃墟の島

長崎・軍艦島

熊本・水前寺公園。湧水あふれる庭園を歩く

熊本・水前寺公園

熊本城 日本三名城に選ばれる魅力とは

熊本城

宮崎・青島 鬼の洗濯板に囲まれた聖なる島

宮崎・青島

九州の絶景を堪能する

稲佐山から眺める長崎1000万ドルの夜景

長崎・稲佐山

都井岬へ 日本在来の野生の馬を訪ねて

宮崎・都井岬

屋久島トレッキングで縄文杉に会う

鹿児島・屋久島

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

福岡タワー 海と街を一望する人気スポット

福岡・福岡タワー

宮崎・青島 鬼の洗濯板に囲まれた聖なる島

宮崎・青島

加計呂麻島の楽しみ方

鹿児島・加計呂麻島

大観峰で阿蘇の絶景を満喫

熊本・大観峰

冬の風物詩・長崎ランタンフェスティバル

長崎・新地中華街

佐賀バルーンフェスタ 大空を彩る熱気球

佐賀・嘉瀬川

九州の温泉や名所でのんびりと

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

わいた温泉 涌蓋山を望む絶景の温泉郷

熊本・わいた温泉

嬉野温泉 日本三大美肌の湯の楽しみ方

佐賀・嬉野温泉

ハウステンボス 長崎代表のおすすめ観光地

長崎・ハウステンボス

水郷柳川で舟遊び。お堀めぐりを楽しむ

福岡・柳川

熊本・水前寺公園。湧水あふれる庭園を歩く

熊本・水前寺公園

湯布院 全国屈指の温泉観光地へ

大分・湯布院温泉

黒川温泉 湯めぐり温泉と多彩な露天

熊本・黒川温泉

長湯温泉・日本一と名高い炭酸泉を堪能する

大分・長湯温泉

杖立温泉 “九州の奥座敷”で風情に浸る

熊本+大分・杖立温泉

その他の達人指南を見る

太宰府天満宮。美しく迫力のある楼門は記念撮影ポイント

太宰府天満宮 深く知れば観光も深まる
年間800万人もの参拝者が訪れるという太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)。ただ参拝するだけでなく、歴史にまつわるスポットや境内のご利益スポットなど、すみずみに・・・

乗船場をスタート後、すぐに三柱神社の赤い欄干橋をくぐる

水郷・柳川 川下り観光の楽しみ方とは?
福岡市街から車で約1時間の柳川は、2キロ四方、延長60キロにわたって網目状の堀割が巡らされた水郷。堀割をどんこ舟で回る“川下り”は、柳川観光の目玉だ。船頭の舟歌・・・

ラーメン屋台を前身とする老舗「清陽軒」にて

久留米ラーメン とんこつラーメン発祥の味
一般に“とんこつラーメン=博多”と思っている人が多いが、とんこつラーメンのルーツは福岡県久留米市にある。久留米ラーメンは、麺やスープ、具など、ほぼすべてにおいて・・・