古代から中世

福岡県の歴史

福岡県は中国大陸や朝鮮半島に近いことから、古代より交易や侵略の歴史を持ち、弥生時代には日本で初めて稲作が伝えられといわれる。現在の福岡市西区と糸島市の周辺に「伊都国(いとこく)」が、博多区あたりに「奴国(なこく)」が存在し、江戸時代に志賀島で発見された金印から奴国が実在したと考えられている。中世には2回にわたって元(モンゴル)の軍隊の襲来を受け、天正年間[天正1年~天正20年(1573~1592)]には豊臣秀吉によって博多の町割が行われた。


邪馬台国

中央は九州国立博物館

邪馬台国(やまたいこく)とは、『三国志』の『魏志倭人伝(ぎしわじんでん)』に記された2世紀後半から3世紀頃、日本に存在したとされる最も強大な国。この国は女王・卑弥呼(ひみこ)により支配されていたといわれ、約30カ国が統治下にあったという。邪馬台国の所在地については、近畿と九州の2説がある。近畿説は、畿内から卑弥呼が魏(中国)からもらった銅鏡の多くが出土したことを論拠とし、九州説は天明4年(1784)に志賀島で「漢委奴国王」と刻まれた黄金製の印が発見されたことを論拠としている。いまだ結論は出ておらず、議論は現在も続いている。

大宰府政庁

大宰府政庁跡

7世紀後半、大和朝廷は現在の太宰府に政庁「大宰府」を置いた。大宰府は九州及び壱岐・対馬の2島を管轄し、日本の西の防衛や外国との交渉窓口などの重要な役割を果たした。大宰府の規模は平城京や平安京に次ぐといわれ、面積は約25万4000平方メートル。府内には政庁をはじめ学校や客館、警固所などの多くの建物があった。現在でも大宰府政庁跡には、往時を偲ばせる都府楼の礎石が残る。その礎石を中心に門や回廊などが国指定特別史跡として整備されており、正殿跡には石碑が立ち、公園として開放されている。ちなみに、政庁の大宰府は「大」を、市名などの太宰府は「太」と書き分ける。

大宰府にまつわる人物

太宰府天満宮

平安時代中期の延喜元年(901)、菅原道真(みちざね)は藤原時平(ときひら)らの陰謀によって大宰府に左遷され、2年後に没した。門弟たちによって埋葬された地に建てられたのが、天満宮の総本社である太宰府天満宮の前身、「安楽寺」だ。祭神の菅原道真は学問の神として崇拝され、全国の天満宮には毎年多くの受験生が合格祈願に訪れる。
「東風(こち)吹かば匂ひをこせよ梅の花 主なしとて春な忘れそ」
これは、道真が左遷になる時に、庭の梅に別れを惜しんで詠んだ短歌。この梅が道真を慕い一夜のうちに太宰府天満宮に飛来したというのが「飛梅伝説」だ。飛梅は本殿前で見ることができる。

元寇

元寇防塁跡

鎌倉時代に中国大陸を支配していた元(げん)の軍隊が、2回に渡って日本侵略のために来襲した役(えき)を元寇(げんこう)という。元の皇帝フビライは、日本の入貢を求めたが、鎌倉幕府に拒否された。これに端を発し、文永11年(1274)に「文永の役」が勃発。元軍は対馬と壱岐を攻め落としたが、博多湾で追い返される。弘安4年(1281)にも再び兵10万で攻めてきたが(「弘安の役」)、戦闘に備えていた武士たちに上陸を阻止され、さらに暴風雨の追い討ちを受けて元軍は壊滅した。元寇の戦場は主に九州北部だった。

藩の誕生

名島城跡

江戸時代の福岡県には筑前国、豊前国、筑後国の3国があり、このうち筑前国を領有していたのは福岡藩だった。慶長5年(1600)、関ヶ原の戦いの功により、52万3000石余りで福岡藩を立藩したのが黒田長政だ。長政は豊臣秀吉の軍師として知られる黒田官兵衛の長男。また、細川忠興(ただおき)は慶長7年(1602)に小倉城を築き、小倉を中心に39万9000石の土地を治めた。小倉藩主として歌や茶を好み、さらに海外貿易にも尽力したという。元和6年(1620)、有馬豊氏(とようじ)が21万石の領主として入封し、南部に置かれたのが久留米藩だ。久留米藩内では、享保13年(1728)の「上三郡一揆」や、宝暦4年(1754)の「全藩一揆」、天保3年(1832)の「竹野郡打毀(たかのぐんうちこわし)」など、たびたび大一揆が起こった。

今、この宿、見られてます

×