1. 日本初の「星空保護区」に認定! 沖縄に星空を見に行くべき3つの理由

特集

現地スタッフが厳選した旅行と観光に関する「便利」で「すぐに役立つ」情報をまとめた特集記事を紹介しています。

2018年は沖縄で美しい星空を眺めよう

日本初の「星空保護区」に認定! 沖縄に星空を見に行くべき3つの理由

星空保護区に認定された八重山諸島の星空

日本初の「星空保護区」に認定
日本で一番美しい星空が見られる場所へ
平成30年(2018)3月30日(金)、沖縄・八重山諸島にある「西表石垣国立公園」が日本初となる「星空保護区」に認定されました。国際ダークスカイ協会(IDA)による「星空保護区認定制度」の認定を受けた日本初の地域であり、アジア全体でも2番目の認定となります。

「星空保護区認定制度」は、暗く美しい夜空を保護・保存するための優れた取り組みを称える制度です。認定には、屋外照明に関する厳格な基準や、地域における光害に関する教育啓発活動などが求められています。
画像提供 Coral-foundation西表島inc.

星空保護区の八重山諸島で星空ツアーを

星空ツアーやアクティビティが充実
北半球では珍しい南十字星も
八重山諸島では、21個ある一等星の全てを見ることができ、星座も全部で(国際天文学連合が定めた)88あるうちの84を見ることができます。本州では見られない星も多く見られ、観測できる星の数は日本で一番ともいわれています。そんな星空が美しい八重山諸島では数多くの星空ツアーやアクティビティ、各種イベントが開催。星空を"見る"というより"浴びる"ような新感覚に浸れます。

また、八重山諸島では12月下旬から6月の末ごろまで南十字星を見ることができます。南十字星は南方にある星座のため、北半球ではなかなか見ることができません。

星空保護区の八重山諸島で流星群を見よう

2018年は流星群の"当たり年"
「星空保護区」で流星群を眺めよう
2018年は天体観測の"当たり年"ともいわれています。三大流星群とも呼ばれる「しぶんぎ座流星群」「ペルセウス座流星群」「ふたご座流星群」のうち、ペルセウス座流星群(8月12日~13日にかけて24時~明け方)とふたご座流星群(12月15日夜半~夜明け前)については、流星群が一番多く見られる極大の時刻や月齢(月の満ち欠け)の条件が良く、多くの流星を見ることができるでしょう。
画像提供 Coral-foundation西表島inc.

[たびらいセレクション]

あわせて読みたい!

今、この宿、見られてます

今が旬のおすすめ観光情報