沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. おすすめ沖縄土産ランキング!

特集

現地スタッフが厳選した旅行と観光に関する「便利」で「すぐに役立つ」情報をまとめた特集記事を紹介しています。

編集部が厳選した沖縄土産をランキング形式でご紹介

おすすめ沖縄土産ランキング!

やちむん

やちむん
やちむんとは沖縄の方言で焼き物のこと。食器など日常的に使えるものが多く、おしゃれで気軽なお土産として最近では若い女性にも人気がある。沖縄本島中部、読谷村(よみたんそん)にあるやちむんの里は個性豊かな工房や店が集まり、お気に入りの器を探すのにはぴったりの場所だ。お気に入りの一品を見つけて欲しい。

琉球ガラス

琉球ガラス
色鮮やかな琉球ガラスのグラスや花瓶は、日々の暮らしで使えばきっと沖縄を思い出すはず。女性作家も増え、繊細でやわらかな作品も多い。世界にひとつの作品ができる琉球ガラスづくり体験も人気だ。
《タイアップ》

紅型(びんがた)

紅型(びんがた)
紅型とは伝統的な染色技法のひとつで「紅」は色の総称、「型」は模様を意味している。鮮やかな色彩、繊細な模様は沖縄の自然を映し出していて、その色合いやかわいらしい模様が特に女性への沖縄土産におすすめ。最近ではトートバッグや手ぬぐいなどの小物も多く、気軽に買えるようになった。
《厳選ホテル》

琉球漆器

琉球漆器
琉球漆器は、琉球王朝と中国の貿易が盛んだった14世紀頃に中国から高度な漆工技法伝えられたのが始まり。艶のある黒や朱色、光沢のある貝の装飾などが特徴だ。高価な品が多いが、小物入れやアクセサリーなど気軽に土産にできるものもある。肌触りがとても良く、漆には抗菌作用があるので子ども用のスプーンとしてお土産に購入する人も多い。
《タイアップ》

八重山ミンサー

八重山ミンサー
ミンサーとは、沖縄の伝統的な織物のひとつ。模様には「いつ(五つ)の世(四つ)までも末長く……」という意味が込められ、琉球王朝時代には女性から男性へ贈られるものだった。現在はカラフルな色彩のキーホルダーやコースターなど身近に使える小物がお土産に人気だ。

芭蕉布

芭蕉布
原料の糸芭蕉など、すべて地元大宜味村(おおぎみそん)の自然の材料を使い、手作業で作られる布。その手仕事は国の重要無形文化財に指定されている。暮らしの中に取り入れて欲しいと考案したネクタイやペンケースなどがお土産には最適。
《厳選ホテル》

この記事を見ている人におすすめ観光情報

この記事を見ている人におすすめホテル情報

今が旬のおすすめ観光情報