1. 【保存版】絶対行くべき!古宇利島のおすすめ絶景カフェ6選

特集

現地スタッフが厳選した旅行と観光に関する「便利」で「すぐに役立つ」情報をまとめた特集記事を紹介しています。

ロケーション抜群!人気の離島「古宇利島」の景色と食事を楽しめる店を紹介

【保存版】絶対行くべき!古宇利島のおすすめ絶景カフェ6選

カフェ フクルビのテラス席

高台オーシャンビューはピカいち!
「カフェ フクルビ」
古宇利島の高台に位置し、広い海を一望できるテラス席が人気。観光スポット「ハートロック」があるティーヌ浜まで歩いて行くことができ、水着で入店OK。ペット同伴も可能だ。メニューは、タコライスやハンバーグ、ピザなどしっかりした食事から沖縄のトロピカルフルーツを使った手作りスムージーなど、こだわりのドリンクが楽しめる。

編集部のおすすめポイント

キッズスペースも完備、おむつ交換台もあるので家族におすすめ。スムージーなどドリンクメニューが豊富なのも、夏場にはうれしいポイント。

t&c とうらくのテラス席

ほっこりインテリアが心地よい海カフェ
「t&c とうらく」
テラス席から本部半島や伊江島を望めるカフェ。ここの特徴は、ウッディーなインテリアとセンスのいい雑貨が置かれた店内。陶芸品などは販売もしている。料理はゴーヤーやグルクンなど、沖縄の食材にこだわったメニューが充実。どれも優しい味付けで、美しい景色と共にゆっくりと味わいたい。

編集部のおすすめポイント

陶を楽しむという意味を持つ店名の「とうらく」。その名の通り、センスのいい陶器がたくさん販売されているので、古宇利島に来た思い出に一つ購入してみても。

ワンスイートレストランL lota(エル・ロタ)

スタイリッシュな料理と空間。おしゃれに古宇利島を楽しめる
「ワンスイートレストランL lota(エル・ロタ)」
一日2組限定のホテル「ワンスイートホテル&リゾート古宇利島」内のレストラン。銀座などで活躍してきたシェフによる、地元の食材中心の華やかな料理が味わえる。軽食、スイーツ、ディナーコースなどメニューも豊富。大きなガラス張りの店内はどこからでも海が望め、古宇利大橋も見える。

編集部のおすすめポイント

古宇利島のカフェは夕方までしか開いていないところが多いが、ここはランチ、カフェ、ディナータイムの11時から22時までオープンしているので使い勝手抜群。ディナーは予約がおすすめ。

たびらい密着取材!おすすめホテル特集

[たびらいセレクション]

うまい。安い。デカい。地元で愛されるステーキ店「HAN’S(ハンズ)」[タイアップ]

カフェ&コテージ オーシャン ブリーズ

ガーデンの緑、海と空の青色のコントラストが眩しい
「カフェ&コテージ オーシャン ブリーズ」
宿泊施設にあるカフェ。ハートロックが人気の天然ビーチ「ティーヌ浜」から近く、水着でも立ち寄れる。庭がとにかく広いのが特徴で、緑の芝生と青い海のコントラストが美しい。店の中の大きな窓からも、もちろん海が見渡せる。メニューはアイスクリームやピザ、ドリンクなどの軽食が中心。

編集部のおすすめポイント

「モグ」という名前のヤギ店長が広々テラスでのんびり出迎えてくれる。宿、カフェともにペット同伴可能。メニューは軽食なので、しっかり食事よりカフェタイムを過ごすのにおすすめ。

海の家 YOSHIKAの外観

古宇利島の美しい海と古宇利大橋を臨むカフェ
「海の家 YOSHIKA」
木のぬくもりが溢れるお店はなんと手造り。カフェからは古宇利島の美しい海と、古宇利大橋を眺めることができます。メニューは海鮮丼やそば、タコライスなどを提供しています。

基本データ

こちらのカフェでは、幻の黒豚とも呼ばれる古我知アグーが味わえます。古我知アグーは北部の小さな豚舎で大切に育てられ、原種に限りなく近い品種で頭数が少ないので、食べられるのはYOSHIKAのグループだけなんだそう。

古宇利島カフェのテラス席

島で出会った仲間の愛情がつまった手作りカフェ
「古宇利島カフェ」
2階のテラス席は古宇利大橋と羽地内海が目の前に広がり、その先国頭半島が遠くまで伸びています。都会にいるとなかなか体験できない潮風を全身で感じることができますよ。

基本データ

売り切れになることも多々ある「島プリン」はぜひ一度ご賞味ください。太陽の光を浴びて育った今帰仁村産のさとうきびを使用しており、やさしい甘さと滑らかな食感がやみつきになりますよ。

ローカルな魅力が満載!おすすめホテル特集

[たびらいセレクション]

あわせて読みたい!

今、この宿、見られてます

今が旬のおすすめ観光情報

×