沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

沖縄観光情報

  1. 石垣島観光に役立つ!編集部おすすめの観光スポット
PR
“疲れる旅選び”をなくしたい!おすすめプランだけを集めた「たびらい厳選ツアー」

特集

現地スタッフが厳選した旅行と観光に関する「便利」で「すぐに役立つ」情報をまとめた特集記事を紹介しています。

石垣島観光に役立つ!編集部おすすめの観光スポット

石垣 人気の観光スポット 石垣 人気の観光スポット

定番から体験施設、絶景ビュースポット、さらにグルメ情報まで、石垣観光の初心者にもリピーターにも楽しんでもらえる観光スポットを一挙に紹介。石垣を観光する前の参考に。

定番スポット

石垣旅行の初心者はまずココに行くべし!誰もが楽しめる定番の石垣観光スポットを紹介。

01

川平湾(かびらわん)

(石垣市川平)

石垣島を代表する景勝地

川平湾

島の北西部に位置する川平湾は、観光客でにぎわう人気の景勝地。潮の流れが早いため、遊泳は禁止だが、湾内を周遊するグラスボートなら景観と合わせて、海の中の様子も楽しむことができる。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市川平934
【交通アクセス】
空港から車で50分、石垣市街地からは車で約30分
【遊泳】
禁止
【営業時間】
設定なし
【料金】
無料
【駐車場】
あり(無料)
【問い合わせ】
0980-82-2809

おすすめの理由

景色とアクティビティを楽しんだら、近くの「川平ファーム」へ。パッションフルーツ、パイン、マンゴーのフルーツジュースが味わえるので、休憩に便利。夕方は美しい夕日が望めるので、一日中満喫できる場所だ。

02

石垣島鍾乳洞

(石垣市字石垣)

サンゴ礁が生んだ造形美

石垣島鍾乳洞

石垣島鍾乳洞は、石垣市街地からは5分前後で行ける穴場の観光地。洞窟内では珍しい形の鍾乳石や透き通った泉など、自然が創り上げた神秘的な造形美を楽しめる。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市字石垣1666
【交通アクセス】
南ぬ島石垣空港から車で約30分
【営業期間】
年中無休
【営業時間】
9時~18時(受付終了)、18時30分閉園
【料金】
大人1080円、小人540円
【駐車場】
あり(無料)
【問い合わせ】
0980-83-1550

おすすめの理由

鍾乳洞内には幻想的な鍾乳洞イルミネーションも施されていて、全行程を約30分で歩いて見学することができる。鍾乳洞はもちろん、亜熱帯植物が生い茂る植物園も併設されている。雨の日でも遊べるのも魅力だ。

03

御神崎(おがんざき)

(石垣市崎枝)

絶好の夕日ポイント

御神崎(おがんざき)

石垣島の最西端に位置する御神崎。断崖絶壁から見渡す眺めは美しく、先端部には御神崎灯台がある。春先、テッポウユリとヒルサザキツキミソウが辺りを白とピンクに染め上げる様は見事だ。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市崎枝
【交通アクセス】
新石垣空港から車で約1時間20分
【営業期間】
年中無休
【営業時間】
設定なし
【料金】
無料
【駐車場】
あり(無料)
【問い合わせ】
0980-82-2809

おすすめの理由

浜へ降りると、SUPやシュノーケルなどのアクティビティも楽しめる。観光で訪れるなら昼間がベスト。日没時間には、離島の夕焼けを見ようと、多くの人が訪れる。

04

平久保崎(ひらくぼざき)

(石垣市平久保)

石垣島最北端に広がる絶景

平久保崎(ひらくぼざき)

市街地から車で約1時間30分。黒毛和牛の放牧地を抜けた先に見えるのが、石垣島の最北端に位置する平久保崎。距離は遠いが、それでも一度は見ておきたい人気の景勝地だ。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市平久保
【交通アクセス】
新石垣空港から車で約1時間
【営業期間】
年中無休
【営業時間】
設定なし
【料金】
無料
【駐車場】
あり(無料)
【問い合わせ】
0980-82-2809

おすすめの理由

よく晴れた日には、海と空の青、灯台の白、緑の絨毯が絶妙なコントラストを描き、ドライブの疲れを癒やしてくれる。その美しさから、石垣島出身の歌手・BEGINをモデルにした映画「恋しくて」のロケ地にも選ばれた。駐車場・トイレ完備。

05

玉取崎(たまとりざき)展望台

(石垣市伊原間)

日本の展望ランキングに選出

玉取崎(たまとりざき)展望台

玉取崎展望台は平久保半島と石垣の海を一望できる景勝地。日本の展望ランキング2016では6位に選出された。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市伊原間
【交通アクセス】
新石垣空港から車で約14キロ、約20分
【営業期間】
年中無休
【営業時間】
設定なし
【料金】
無料
【駐車場】
あり(無料)
【問い合わせ】
0980-83-3986

おすすめの理由

展望台では、石垣島の美しい青い海や「シーサーのしっぽ」とも呼ばれる平久保半島を一望。展望台へと続く遊歩道には一年中ハイビスカスの花が咲いていて、南国感を演出している。新石垣空港から車で20分程度と、好立地なのも魅力。トイレや自動販売機などの設備が整い、近くには食堂やカフェもある。

06

石垣島天文台

(石垣市字新川)

星空について知れるホットなスポット

石垣島天文台

平成18年(2006)に設立された石垣島天文台は、平成27年(2015)には年間来場者が過去最高の1万3906人を迎え、今最もホットな観光スポットのひとつになっている。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市字新川1024-1
【交通アクセス】
新石垣空港から車で約14キロ、約20分
【休館日】
月、火(祝日や振り替え休日の合は、火、水が休)、年末年始
【営業時間】
10時~17時(最終入館時間:16時30分)
【料金】
無料
【駐車場】
あり(無料)
【問い合わせ】
0980-88-0013

おすすめの理由

全国でも少ない、宇宙を立体的に体験できる映像「4D2U」を誰でも無料で見ることができる。石垣島では本州では見られない星も多く見られ、観測できる星の数は日本で一番ともいわれている。天文台では、そんな石垣島の星空について深く知ることができ、おすすめだ。

07

みね屋工房

(石垣市新川)

ミンサー織りを体験

みね屋工房

八重山ミンサーの手織り体験が楽しめる施設。「ミンサー」は、石垣島を代表する伝統工芸品のひとつ。五つのマス目と四つのマス目を織り込んだ特徴的な模様には、「いつ(五つ)の世(四つ)までも末長く…」という思いが込められている。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市新川1129-2
【交通アクセス】
新石垣空港から車で約25分
【営業期間】
年中無休
【営業時間】
8時30分~18時
【料金】
入館無料
【駐車場】
あり(無料)
【問い合わせ】
0980-83-0039

おすすめの理由

しおりやコースターが作成でき、時間も10分~20分ほど。そのほか、草木染めの体験もできる。食堂もあってとても便利だ。

08

名蔵アンパル

(石垣市名蔵)

マングローブ林に守られた動植物の楽園

名蔵アンパル

石垣島西部・名蔵川河口に広がる名蔵アンパルは、石垣島最大の干潟湾。1.57平方キロの干潟に、マングローブ(ヤエヤマヒルギ)の林が広がっている。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市名蔵
【交通アクセス】
新石垣空港から車で約30分
【営業期間】
設定なし
【営業時間】
設定なし
【料金】
無料
【駐車場】
あり(道路沿いの駐車スペース)
【問い合わせ】
TEL:0980-82-2809

おすすめの理由

特別天然記念物のカンムリワシやカモ、シラサギなど飛来する鳥たちも多く、平成17年(2005)には湿地の保存に関する国際条約「ラムサール条約」に登録。干潮時には、干潟へ下りて潮干狩りする光景もよく見られる。西側の県道79号線沿いにあるので、日没時のサンセットドライブにもおすすめ。

09

石垣馬広場

(石垣市平久保)

島の原風景を眺めながら乗馬を楽しむ

石垣馬広場

石垣島に与那国馬に乗っての散歩や馬にエサやりなどが体験できる乗馬施設。平成27年(2015)6月にオープンした。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市字平久保平久保牧355
【交通アクセス】
石垣新空港より車で約30分
【営業時間】
10時~17時
【定休日】
不定休
【料金】
体験メニューによって各種設定
【駐車場】
あり
【問い合わせ】
TEL:080-6485-5979

おすすめの理由

特別天然記念物のカンムリワシやカモ、シラサギなど飛来する鳥たちも多く、平成17年(2005)には湿地の保存に関する国際条約「ラムサール条約」に登録。干潮時には、干潟へ下りて潮干狩りする光景もよく見られる。西側の県道79号線沿いにあるので、日没時のサンセットドライブにもおすすめ。

ビーチ

沖縄といえばやっぱり青い海!リゾートビーチや穴場ビーチなど特色の様々なビーチを紹介。

01

真栄里ビーチ(まえさとビーチ)

(石垣市真栄里)

市街地近くの絶景ビーチ

真栄里ビーチ(まえさとビーチ)

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート敷地内の人工ビーチ。宿泊客以外でも利用可能で、ホテルが管理するビーチハウスで様々なマリンアクティビティやレンタル用品を利用して気軽にリゾート気分を味わえる。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市真栄里
【交通アクセス】
新石垣空港から約12キロ、車で約20分
【遊泳期間】
3月~10月末日
【営業時間】
9時~18時(季節変動あり)
【料金】
無料
【駐車場】
無料
【問い合わせ】
0980-88-7111

おすすめの理由

砂浜も遊泳区域も広く、シーズン中は監視員やクラゲ防止ネットも設置してあり、安心して海水浴を楽しめる。海の上に浮かぶアスレチック「マエサトオーシャンパーク」もおすすめだ。

02

米原ビーチ(よねはらびーち)

(石垣市真栄里)

波静かで魚と遊べる人気の浜

米原ビーチ(よねはらびーち)

石垣島市街地から車で約30分のところにある、シュノーケルスポットとして大人気のビーチ。海岸にアダンの林が茂りトロピカルなムードが漂い、シーズン中は行楽客で賑わい明るい雰囲気となる。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市真栄里
【交通アクセス】
石垣島市街地から車で約30分
【遊泳期間】
設定なし
【営業時間】
設定なし
【料金】
無料
【駐車場】
無料と有料がある(1日500円)
【問い合わせ】
0980-82-1535

おすすめの理由

シュノーケリングで泳いで面白いのは、浜の入口正面から左側のエリア。およそ100~150メートル沖に浜と平行にサンゴ礁の浅瀬が続き、この沖のサンゴ礁と浜の間にイノー(サンゴ礁に囲まれた浅い海)が広がる。水深は0.5~3メートルほど。しかし、ここは潮の流れが速く、遊泳危険区域に指定されているので、シュノーケルの際はくれぐれも注意が必要。

03

石垣島サンセットビーチ

(石垣市字平久保)

夕陽ウォッチングに最適なビーチ

石垣島サンセットビーチ

波などに浸食されて出来たキノコ岩の並ぶ先、右手には石垣島最北端の平久保崎、左手にはダテフ崎を望み、その名の通り夕陽ウォッチングに最適な白い砂と透き通る水が美しいビーチ。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市字平久保
【交通アクセス】
石垣新空港より車で約40分
【遊泳期間】
5月1~10月15日
【営業時間】
9時30分~18時(最終受付17時)
【料金】
大人400円、小人200円(シャワー/トイレ/更衣室料込み)
【駐車場】
あり
【問い合わせ】
TEL:0980-89-2234

おすすめの理由

監視員が常駐、クラゲ防止ネットも設置されて子供連れでも安心して遊べる。リーフに守られた海ではシュノーケルも楽しめるほか、干潮時でもある程度水深があるので泳げるのがここの特徴だ。

04

久宇良(くうら)の浜

(石垣市字平久保)

干潮時に行ける幻のビーチ

久宇良(くうら)の浜

久宇良(くうら)集落にある「石垣島サンセットビーチ」から干潮時にだけ行ける小さなビーチ。サンセットビーチの右端からキノコの形をした岩沿いに200メートルほど歩くと、砂浜の真ん中に亀のような岩が鎮座する久宇良の浜にたどり着くことができる。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市字平久保
【交通アクセス】
石垣新空港より車で約40分
【遊泳期間】
5月1日~9月30日
【営業時間】
9時30分~18時(最終受付17時)
【料金】
大人400円、小人200円(シャワー/トイレ/更衣室料込み)
【駐車場】
あり
【問い合わせ】
0980-89-2234

おすすめの理由

閉ざされたビーチなため、船で行くか干潮時に砂浜沿いに歩いて行くしかない。潮の満ち引きは潮見表を参考にし、アクセスに関してはサンセットビーチの駐車場を利用することができる。訪れる人が少なく、プライベートビーチな気分でゆっくりできるので、おすすめだ。

05

フサキビーチ

(石垣市新川)

夕日の美しい天然リゾートビーチ

フサキビーチ

フサキリゾートヴィレッジ前に広がる天然ビーチ。観光客、家族連れに特におすすめで、向かいには西表島を望み、ウミガメも産卵に訪れるという。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市新川冨崎
【交通アクセス】
新石垣空港から約19キロ、車で約35分
【遊泳期間】
3月19日~10月31日
【営業時間】
9時~17時30分(季節変動あり)
【料金】
大人720円
【駐車場】
あり
【問い合わせ】
0980-88-7000

おすすめの理由

リゾートホテルのビーチであはるが、宿泊客でなくても無料で利用は可能。シュノーケル、シーカヤック、マリンジェット、ドラゴンボートなどのマリンアクティビティメニューも豊富に揃っている。浜から突き出した桟橋から望む西表島や小浜島の向こうに沈む雄大な夕日が美しい。

06

クリスタルビーチ

(石垣市川平)

天然の水晶が採取できる珍しいビーチ

クリスタルビーチ

石垣島にある米原キャンプ場と川平湾の中間に位置する通称「クリスタルビーチ」は、天然の水晶が採取できる珍しいビーチ。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市川平山原
【交通アクセス】
石垣新空港より車で約30分、市街地より約30分
【遊泳期間】
設定なし
【営業時間】
設定なし
【料金】
なし
【駐車場】
なし
【問い合わせ】
なし

おすすめの理由

県道79号線にかかる山原(やまばれ)橋から見下ろせる扇状地のビーチサンドには、サンゴの欠片や貝殻のほか、天然の水晶が含まれていて、ビーチコーミングで手軽に見つけることができる。潮の流れが速い場所なので遊泳には細心の注意が必要。また、手つかずの天然ビーチなので、地元の人に迷惑がかからないようマナー良く利用しよう。

07

底地ビーチ

(石垣市川平)

石垣島の定番ロング・ビーチ

底地ビーチ

石垣島の北西部の景勝地、川平湾(かびらわん)の近くにある石垣島を代表するビーチ。モクマオウの緑の林を抜けると広がる白い砂浜は、大きく弧を描いて約1キロも続くロング・ビーチだ。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市川平185
【交通アクセス】
新石垣空港から約26キロ、車で約1時間
【遊泳期間】
3月末~10月末
【営業時間】
9時~18時
【料金】
無料
【駐車場】
無料(30台)
【問い合わせ】
TEL:0980-86-8686

おすすめの理由

トイレ(多目的トイレあり)やシャワーも完備、シーズン中はクラゲ防止ネットもあり、バーベキューもできる海水浴場として観光客だけでなく石垣市民にも人気。右手の川平石崎の先が世界的に有名なマンタ(オニイトマキエイ)の集まるポイントとなっている。ビーチは西向きなので夕陽も美しく、また、夜は満天の星空ウォッチングにも最適。

08

ナータビーチ

(石垣市伊原間)

北部の東にある自然のロングビーチ

ナータビーチ

玉取崎展望台の下あたりから伊原間集落へかけての長いビーチ。白い砂浜と碧い海を眺めながらビーチコーミングや散歩に適した砂浜である。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市伊原間2-391
【交通アクセス】
新石垣空港から車で約30分
【遊泳期間】
設定なし
【営業時間】
設定なし
【料金】
なし
【駐車場】
なし
【問い合わせ】
なし

おすすめの理由

透明度はあるので波打ち際にいるだけでも気持ちのよいビーチといえる。ヤドカリや小さな蟹と遊ぶのもよい。まだまだ観光客からは知られていない浜の一つなので、プライベート感はたっぷり味わえる。

09

明石海岸

(石垣市明石)

石垣島北部の静かな隠れ家的ビーチ

明石海岸

石垣島の北東部に長くのびる平久保半島の途中にある赤石(あかいし)集落の東側にある天然ビーチ。ビーチの左手には久宇良(くうら)岳、右手にはトムル岳が望める。

基本情報
【住所】
石垣市明石
【交通アクセス】
新石垣空港から約22キロ、車で約45分
【遊泳期間】
設定なし
【営業時間】
設定なし
【料金】
なし
【駐車場】
なし
【問い合わせ】
0980-82-2809

おすすめの理由

かなり広々として静かな浜は、ゆっくりと散歩したり、波の音に耳を傾けたり、ヤドカリを探したりと離島のさらに端っこの方にいることを体感できる素敵な場所だ。地元の人が時々訪れるくらいで、人の数が少ないのが何よりいい。そばで有名な明石食堂が近くにあるので、食事のあとの散策にも最適。

10

ナブレの浜

(石垣市崎枝)

サーファー御用達のイチャンダビーチ

ナブレの浜

森を抜け、崖をおりてたどり着く、まさに秘境の隠れ家ビーチ。小石ごろごろのワイルドな浜だが、波が荒いためサーファー達の人気スポットとなっている。

基本情報
【住所】
石垣市崎枝
【交通アクセス】
石垣離島ターミナルから車で45分、空港から車で40分
【遊泳期間】
設定なし
【営業時間】
設定なし
【料金】
なし
【駐車場】
なし
【問い合わせ】
0980-82-2809

おすすめの理由

サーファー達がいると賑やかで小さな浜だが、大きな貝殻や珍しい貝殻が落ちているのでビーチコーミングにおすすめ。荒波を眺めているのも意外に飽きない。

11

クラブメッドカビラビーチ

(石垣市川平)

宿泊者だけが利用できるプライベートビーチ

クラブメッドカビラビーチ

人気リゾートホテル「クラブメッド石垣島」にあるプライベートビーチ。マリンスポーツもランドスポーツもインドアスポーツも楽しめるビーチは石垣ではここだけ。

基本情報
【住所】
石垣市川平石崎1
【交通アクセス】
石垣港離島ターミナルから車で40分、石垣空港から車で40分
【遊泳期間】
設定なし
【営業時間】
9時~17時(ライフガード常駐)
【料金】
宿泊者以外利用不可
【駐車場】
なし
【問い合わせ】
0088-21-7005

おすすめの理由

宿泊料金に飲食物とアクティビティーの料金が含まれていて、敷地内なら現金フリーでどこでも遊べるので、マリンスポーツをあれもこれもやってみたいという人には嬉しい。

グルメ

石垣牛や八重山そば、南国スイーツなどおいしいがたくさん!ぜひ行ってほしい名店を紹介。

01

石垣島ヴィレッジ

(石垣市美崎町)

地元の人たちとの触れ合いが魅力

石垣島ヴィレッジ

平成28年(2016)3月、石垣島美崎町にグランドオープン。石垣牛を一番おいしいと思う食べ方で味わえる石垣牛料理店や1000円でベロベロに酔える「センベロ」、石垣島近海で獲れるマグロ料理が食べられるお店など、19店軒を連ねる複合型飲食施設だ。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市美崎町8-9,8-10
【交通アクセス】
石垣新空港より車で約25分
【定休日】
年中無休
【営業時間】
11時~23時
【駐車場】
なし
【問い合わせ】
0980-87-0708

おすすめの理由

「島バル」=「石垣島スタイルの街中コミュニティ」がコンセプトのため、どれも全8~12席の屋台的な小さなお店ばかり。そのため、隣り合った者同士でいつしか意気投合し、そのまま酒を酌み交わすことも

02

cafe PUFF PUFF(プカプカ)

(石垣市真栄里)

島の食材と景色が楽しめるカフェ

cafe PUFF PUFF(プカプカ)

石垣市街地に近い大人気の絶景カフェ。晴れた日には青い空と海、プカプカと浮かぶ白い雲を、夕暮れ時には空一面に広がるブルーとオレンジのグラデーションを、夜は満天の星と静かな波音をBGMに食事が楽しめる。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市真栄里193-1
【定休日】
年中無休
【営業時間】
11時~17時、18時~21時
【メニュー】
タコライス 0100円/ グリーンカレー 1500円
【駐車場】
あり
【問い合わせ】
0980-88-7083

おすすめの理由

長命草ソースのピザや石垣牛ともろみ豚のひき肉を使用したハンバーグなど、島の食材をふんだんに使ったメニューが人気。ハーブや島食材がたっぷりの自家製の食べるオリーブオイルも好評だ。また、庭での結婚式や、屋上の貸し切りBBQパーティーなど、希望に応じたプランを立てられるのも魅力。

03

明石(あかいし)食堂

(石垣市伊原間)

トロトロに煮込んだソーキが名物

明石(あかいし)食堂

石垣島の北部、明石集落にある明石食堂は、お昼時は行列必至の人気店。なかでも人気のソーキそばは、とにかくソーキ(豚のアバラ部分)が絶品。トロトロに煮込まれたソーキは濃いめの味に仕上げてあり、白濁のスープと絡んで絶妙なうまさを演出する。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市伊原間360
【定休日】
月曜日、火曜日
【営業時間】
11時~15時
【メニュー】
ソーキそば 850円
【駐車場】
あり
【問い合わせ】
0980-89-2447

おすすめの理由

絶品のソーキがとにかく人気!常連客の中には、ソーキそば(大)を食べたあと、さらに追加注文したソーキをライスに乗せて丼にして味わう常連客もいる。

04

石垣牛と海鮮の店 こてっぺん

(石垣市美崎町)

ミンサー柄の個室が魅力

石垣牛と海鮮の店 こてっぺん

石垣港離島ターミナルから徒歩5分の場所にある居酒屋。

基本情報
【住所】
石垣市美崎町12-7
【定休日】
年中無休
【営業時間】
16時~25時
【駐車場】
なし
【問い合わせ】
0980-87-0257

おすすめの理由

石垣牛のステーキや地元で獲れた新鮮な魚介類が楽しめるとあり、観光客や地元客に人気のお店だ。おいしい料理のほか、八重山地方の伝統工芸であるミンサー柄に囲まれた個室も魅力。

05

バーガー・カフェ&バー CHIBARU CAFÉ

(石垣市美崎町)

石垣島産にこだわったオリジナルバーガー

バーガー・カフェ&バー CHIBARU CAFÉ

石垣島ヴィレッジの1階にあり、石垣島の黒毛和牛ブランドである「美崎牛」を100%使用したグルメバーガーが自慢。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市美崎町8-9,8-10 石垣島ヴィレッジ1階
【定休日】
水曜
【営業時間】
12時~15時/18時~23時
【メニュー】
アボカドバーガー 1180円、パイナップルベーコンチーズバーガー 1280円
【駐車場】
なし
【問い合わせ】
TEL:0980-87-0867

おすすめの理由

ロゴが描かれたブラックボードや店内は都会的でオシャレな雰囲気。お酒の種類も豊富で、ガーリックシュリンプや夜メニューの「おつまみハンバーグ」などサイドメニューも充実している。カフェとしてもバーとしても楽しみたいお店。

06

STEAK & HAMBUGER CORNER’S GRILL

(石垣市大川)

4等級以上のJA石垣牛が味わえる

STEAK & HAMBUGER CORNER’S GRILL

石垣市役所のすぐそばにある石垣牛のステーキとハンバーグが楽しめる「CORNER’S GRILL」。使用する肉はJAおきなわが指定する石垣牛。その日に出される肉の証明書が店内に掲示されている。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市大川258-1 1階
【定休日】
不定休
【営業時間】
11時~18時
【メニュー】
サーロインサイコロステーキ120グラム 3500円~
【駐車場】
なし
【問い合わせ】
TEL:0980-82-8050

おすすめの理由

おすすめメニューは、特選石垣牛サーロインサイコロステーキ。口の中でとろける肉からは、噛むたびに甘みのある肉汁が口いっぱいに広がる。わさび、石垣の塩、しょうゆ、ガーリックソースなど、好みのアレンジで楽しむことができる。価格はすべて時価。ステーキは事前の予約でほぼ完売になってしまうことが多いので、早めの予約がおすすめだ。

07

八重山そば処 小松

(石垣市字新川)

八重山そば選手権の「八重山そば部門」で連覇を果たした名店

八重山そば処 小松

「八重山そば処 小松」は、大阪の料亭で修行を積み、旧石垣空港のレストラン「ゆうな」で25年間勤務した有田さんが店主。新川にある自宅を改装して平成26年(2014)に開店した。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市字新川2460−1
【定休日】
不定休
【営業時間】
11時~15時
【メニュー】
八重山そば 500円
【駐車場】
あり
【問い合わせ】
TEL:0980-87-0779

おすすめの理由

八重山そばの魅力を発信することを目的とし、平成27年(2015)7月1日(水)から9月30日(月)までの3カ月間に開催された「第1回八重山そば選手権」では見事「八重山そば部門そば部門」でグランプリに輝いた。平成28年(2016)に行われた第二回大会でも優勝を果たし連覇を達成している。グランプリの「八重山そば」は、朝4時から仕込みをはじめるスープが特徴。丁寧な仕込みによるバランスの良さと濃厚ながらすっきりと引いていく後味がクセになる。

08

フルーツジュエリーファクトリー

(石垣市大川)

旬のフルーツをいつでも堪能できる自家製アイスバー

フルーツジュエリーファクトリー

「フルーツジュエリーファクトリー」は、石垣島産のパイナップルやドラゴンフルーツなどを丸ごと使ったアイスバーやスムージーが人気の店。添加物や甘味料などを使わずにフルーツの良さを引き出すこだわりの製法で、食べた後に爽やかな余韻を残す「フルーツアイスバー」は、店内の奥で手作りし急速冷凍で仕上げている。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市大川270−3
【定休日】
不定休
【営業時間】
平日 10時~20時、日曜・祝日 12時~20時
【メニュー】
フルーツアイスバー 540円、季節のフルーツスムージー 680円~
【駐車場】
なし
【問い合わせ】
0980-87-5524

おすすめの理由

ドラゴンフルーツやラズベリーのビビッドで鮮やかさは、着色料を一切入れていないフルーツそのものの色。ショーケースに並んでいるのを見ているだけでも楽しい。フルーツの果肉感がアクセントになっている「季節のフルーツスムージー」もぜひ試してみて。

09

Gadjo Dilo

(石垣市美崎町)

石垣島の路地裏にたたずむ大衆フレンチ

Gadjo Dilo

石垣島の繁華街、美崎町の路地裏に2016年にオープンしたガッジョディーロ。島素材をふんだんにつかったフレンチが手軽に楽しめるとあり人気。

基本情報
【住所】
石垣市美崎町10-7
【定休日】
月曜日
【営業時間】
17時~23時
【メニュー】
もろみ豚のソーセージ850円/美崎牛のステーキ2800円
【駐車場】
なし
【問い合わせ】
0980-87-8270

おすすめの理由

おすすめは「シャルキュトリー盛り合わせ」。すべて手作りの、パテドカンパーニュ、テビチ ミミガー 豚舌のテリーヌ、白レバームース、もろみ豚のハム、もろみ豚のリエットの5種のシャルキュトリーが味わえる。そのほか、島の野菜、魚、お肉をつかったサラダやステーキ、そしてスイーツまで豊富なメニュー。自然派ワインを中心にアルコールも充実。カウンター席もあるのでひとりでも気軽に食事を楽しめる。

10

YAMBAR Ishigaki

(石垣市美崎町)

かわいい看板犬も待つ、ハワイアンテイストの南国バー

YAMBAR Ishigaki

扉を開けるとマスコット犬のロビンが出迎えてくれる、繁華街から少し外れたところにあるバー。ほぼすべて手作りしたという店内とテラス席は、南国のまったり感がたっぷりで、女性ひとりでも入りやすい。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市美崎町16-14
【定休日】
不定休
【営業時間】
20時~翌5時
【メニュー】
生しぼりパインのピニャコラーダ 900円、バナナシェイクカクテル 900円
【駐車場】
なし
【問い合わせ】
0980-87-6010

おすすめの理由

おすすめは、石垣島産の旬のフレッシュフルーツをふんだんに使ったカクテル。八重山の黒糖を使ったバナナシェイクや、生しぼりパインのピニャコラーダは、その濃厚な味わいがヤミツキになる。その他にも、リクエストに応じてお好みのドリングをつくってくれるので、気軽に声をかけてみよう。

11

石垣×福岡 せんべろ風土

(石垣市美崎町)

気軽に立ち寄れる大衆居酒屋

石垣×福岡 せんべろ風土

石垣島ヴィレッジの1階にある大衆居酒屋。客層は老若男女さまざまで、観光客も地元客も同じようにカウンターを囲み、お酒を片手に話に花を咲かせている。昼から賑やかな笑い声が聞こえる元気なお店。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市美崎町8-9,8-10 石垣島ヴィレッジ1階
【定休日】
月一回 水曜日休み
【営業時間】
11時~24時
【メニュー】
鉄板焼てびち 680円、ソーキフライ 380円、せんべろ飲み 1000円
【駐車場】
なし
【問い合わせ】
0980-87-0799

おすすめの理由

店主のおすすめは、店名にもなっている「せんべろ飲み」(1000円)。その名の通り1000円でべろべろになれるお財布に優しいメニューで、好きなドリンク3杯に、日替わり一品が付いてくる。「鉄板焼てびち」や「ソーキフライ」など、地元でポピュラーな料理を福岡風にひと手間、ふた手間加えた、お酒が進むメニューも人気だ。

12

エスニック酒場 yum yum holic

(石垣市美崎町)

八重山とアジアが融合した創作エスニックが味わえる

エスニック酒場 yum yum holic

石垣島ヴィレッジの中でも、個性的な装飾で注目を集めているエスニックテイストのバー。「ヤムホリ」の愛称で親しまれており、夕方のオープンからすぐにカウンターが埋まっていく人気店。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市美崎町8-9,8-10 石垣島ヴィレッジ1階
【定休日】
水曜
【営業時間】
15時~24時
【メニュー】
各種オリエンタルタパス 500円~、ガパオライス 900円、タイカレー各種 900円
【駐車場】
なし
【問い合わせ】
090-1456-0421

おすすめの理由

料理には、パクチーやバジルなど自家製島産ハーブをふんだんに使っている。「八重山とアジアンの融合」をテーマにしたメニューは、タイカレーや生春巻き、トムヤム餃子など異国感たっぷり。こだわりのインテリアも、さらにエスニック感をかき立ててくれる。エキゾチックなエスニック酒場で、いつもと少し違った南国・石垣島を楽しみたい。

13

創作酒房 蔵下(くらした)

(石垣市石垣)

八重山食材の創作料理と島の酒

創作酒房 蔵下(くらした)

エネルギッシュな島の野菜や石垣牛など、地元の旬の食材を使うことにこだわったメニューはどれも独創的で、和洋中の枠にとらわれない自由な発想の美味しさを、島の酒と共に味わうことができる。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市石垣12-2
【定休日】
水曜
【営業時間】
18時~24時
【メニュー】
ヘルシー石垣牛ランプステーキ 2880円、グリーンカレーともずくソーメン 880円
【駐車場】
なし
【問い合わせ】
0980-82-7856

おすすめの理由

どの皿も彩りが美しく、泡盛のセットが、島のヤラブの木で作ったアイスペールで出される演出もうれしい。落ち着いた雰囲気の店内にはカウンター席、掘りごたつ席、テーブル席があり、地元客の利用も多いので、ゆっくりと過ごしたい人には予約がおすすめだ。

14

サバニ船

(石垣市美崎町)

海人直送の海鮮や島料理が人気

サバニ船

地元で長らく愛されている居酒屋「すし太郎」の系列店とあって、観光客の利用が多い離島ターミナル近くながらも、地元客の利用も多い人気店。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市美崎町3
【定休日】
不定休
【営業時間】
12時~24時
【メニュー】
石垣島近海美ら刺し盛り1000円、近海特選にぎり(10カン1480円)
【駐車場】
なし
【問い合わせ】
0980-87-5363

おすすめの理由

その名の通り、地元の海人(漁師)や築地から仕入れた活きのいい海鮮ネタが揃っており、「石垣島美ら刺し盛り」や「近海特選にぎり」は名物。車エビ、ゾウリエビ、シャコ貝、ガザミなど、石垣島ならでは珍しい海鮮や、グルクンから揚げやチャンプルーなどの沖縄料理も豊富なので、八重山ならではの食と酒をめいっぱい堪能できる。広々とした店内には個室や、板前さんと話を楽しめるカウンター席もあり、思い思いの時間を過ごすことができる。

15

BAR 2nd room

(石垣市新川)

プロのマジックも楽しめる隠れ家的アートバー

BAR 2nd room

コンテナを利用した外観からは想像できないような、大人の雰囲気が溢れるバー。画家でもあるオーナーのアトリエが併設されており、カウンター横には大きな作品が飾られるなど、石垣島とモダンアートが融合した幻想的な空間になっている。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市新川2437-1(新川ツンマーセ)
【定休日】
不定休
【営業時間】
18時~翌2時
【メニュー】
季節のフルーツのフローズンカクテル 1000円~
【駐車場】
なし
【問い合わせ】
0980-87-0987

おすすめの理由

女性におすすめのメニューは、パイナップル、マンゴーなどの季節のフルーツを使ったフローズンカクテル。オレンジ、グレープフルーツ、レモンライムを使ったフレッシュカクテルと共に、さっぱりした味わいが人気だ。バーテンダーはプロのマジシャンでもあるので、サービスでマジックを披露してくれることも。

16

Bonne Table

(石垣市美崎町)

ワイン片手に気軽にフレンチを楽しめる

Bonne Table

石垣港離島ターミナルの近くにあり、石垣島産の旬の食材を使った創作フレンチのお店。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市美崎町1-7
【定休日】
月曜
【営業時間】
11時30分~14時30分、18時~24時(23時ラストオーダー)
【メニュー】
トマトとバジルのナンピザ 800円、豚ヒレ肉のグリル 990円
【駐車場】
なし
【問い合わせ】
0980-87-5908

おすすめの理由

仕込みにたっぷり時間と愛情をかけた本格的なオーブン料理は、鶏、鴨、豚、牛、ラムから魚介までと種類が豊富で、主役の味を引き出す島の野菜とのコラボレーションを楽しめる。また、旬のサラダやボリューム満点のパスタ、ワインによく合うナンピザなどはリーズナブルな価格なので、お酒のおつまみとしても手軽に何品か味わえる。

17

yunaパーラー

(石垣市白保)

新石垣空港にある人気定食屋

yunaパーラー

軽食から定食、丼ものなどボリューム満点の料理まで楽しめるカフェ風レストラン。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市白保1960-104-1 新石垣空港国内線旅客ターミナル 1F
【定休日】
なし
【営業時間】
8時~20時(ラストオーダー19時30分)
【メニュー】
八重山そば500円~
【駐車場】
 あり
【問い合わせ】
0980-87-0462

おすすめの理由

「安くてうまい」メニューがたくさんあり、空港職員にも人気。メニューは全品テイクアウト可能で、店内では弁当やサンドイッチの販売もある。

18

石垣島冷菓

(石垣市白保)

石垣島で定番の冷やしぜんざい

石垣島冷菓

ユーグレナモールから徒歩10分のところにある人気のかき氷屋さん。石垣島で「ぜんざい」といえば、煮豆に、白玉、かき氷をトッピングした「冷やしぜんざい」が一般的。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市字大川305 玉城アパート1F
【定休日】
日曜日
【営業時間】
12時~18時30分
【メニュー】
冷やしぜんざい、七色のかき氷、今川焼、アイスクリン
【駐車場】
あり(1台)
【問い合わせ】
0980-88-6077

おすすめの理由

ふわふわ食感のかき氷と、オリジナルの黒蜜は、他では味わえない店主こだわりの逸品。白玉には、月桃やヨモギを練り込み、風味豊かに仕上げている。ふんわりとした生地が好評な今川焼きにも白玉が入っていて、食べごたえ十分。甘すぎないので、男性にもおすすめ。

19

Banana Café

(石垣市大川)

ゆったりくつろげるカフェ

Banana Café

お土産品店が並ぶユーグレナモールの近く。アジアンテイストの木製インテリアと、赤瓦が敷き詰められた店内は南国ムード満点。カウンター席も広めなので、女性ひとりでも利用しやすいと評判だ。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市大川269-8
【定休日】
なし
【営業時間】
12時~翌1時
【メニュー】
青パパイヤのタイ風さらだ 650円、じーまみ豆腐と野菜の生春巻 750円
【駐車場】
なし
【問い合わせ】
0980-88-7690

おすすめの理由

メニューは、手軽なおつまみから島の食材を使った創作エスニックまで種類豊富。フルーツや泡盛を使ったオリジナルカクテルや、日本最南端のギネス生ビールも味わえる。中国茶やハーブティーなどのソフトドリンクや、自家製のバナナケーキや紅芋ミルフィーユなどのスイーツも人気で、お酒を飲めない人でも楽しめることも特徴。居酒屋後の二軒目や二次会として利用する女性客も多い。昼の早い時間から深夜過ぎまで飲めることも嬉しい。

20

かみやーき小かまぼこ店

(石垣市石垣)

かまぼことおにぎりを組み合わせたヘルシーおやつ

かみやーき小かまぼこ店

地元で人気のかまぼこ店。なかでも人気は石垣島産の黒紫米を使ったおにぎりを、魚のすり身でつくられた自慢のかまぼこで包んだ「おにぎりかまぼこ」。味はアーサ(アオサ)、八重山の香辛料・ピパーツ、人参ごぼうから選べる。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市石垣270-1
【定休日】
なし
【営業時間】
6時~19時
【メニュー】
ヘルシーおにぎりかまぼこ1個・210円
【駐車場】
なし
【問い合わせ】
0120-465-047

おすすめの理由

おにぎりかまぼこは、元々はスタッフのまかないとして作られていたのだとか。人参やごぼうの千切りが練りこまれた一口サイズのかまぼこ「たらし揚げ」や、「ポーポー揚げ」など、手軽に食べられるかまぼこメニューが充実。晩酌のお供にもぜひ。

21

石垣島ミルミル本舗

(石垣市新川)

しぼりたてミルクと新鮮素材で作る濃厚ジェラート

石垣島ミルミル本舗

石垣市にある伊盛牧場直営のジェラート店。牧場のしぼりたてミルクと、石垣島で育った新鮮な野菜やフルーツで丁寧に作られたジェラートは、濃厚な味わいで病みつきになる。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市新川1583-74
【定休日】
年中無休
【営業時間】
19時~日没
【メニュー】
ジェラート/黒糖ジンジャー、島バナナ、ドラゴンフルーツなど
【駐車場】
あり(20台)
【問い合わせ】
0980-87-0885

おすすめの理由

島バナナやドラゴンフルーツなど定番のほか、石垣島のソウルドリンク・ゲンキクールやクロレラなど一風変わったものまで、フレーバーは全部で約40種類。空港店には、常時10種類~15種類が並ぶ。カラフルな色合いに目を奪われるが、これらはすべて素材そのものの色。着色料は一切使用していない。

22

担たん亭

(石垣市新川)

石垣島初のステーキハウスで石垣牛を味わう

担たん亭

石垣島初のステーキハウスとして昭和43年(1968)にオープンした「坦たん亭」。緑豊かな敷地の中に佇む赤瓦屋根の建物が目印。石垣牛のほか、オージー・USビーフも味わえる。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市新川2117-2
【定休日】
木曜
【営業時間】
ランチ/11時30分~14時 ディナー/17時30分~20時30分
【メニュー】
オージー・USビーフ/ヒレステーキ150グラム 1680円~、石垣牛/ヒレステーキ200グラム 7300円
【駐車場】
あり
【問い合わせ】
0980-82-2190

おすすめの理由

おすすめメニューは、石垣牛をベーコンで巻いて焼いたヒレステーキ。オープン当初からのスタイルで、ヒレ肉からあふれる肉汁をベーコンがキャッチし、肉の旨味がそのまま味わえると人気。地元の人だけでなく観光客も多く訪れる店内は、テーブル席のほかカウンター席や掘りごたつの座敷もある。八重山そばや郷土料理もあって、手頃な価格で豊富なメニューを楽しむことができる。

23

鉄板焼専門ついてる

(石垣市美崎町)

安心価格で高品質の石垣牛がたっぷりと楽しめる

鉄板焼専門ついてる

石垣島にある鉄板焼専門店「ついてる」は、外観から内装まで畑小屋をイメージしたユニークな雰囲気。鉄板焼を中心に石垣牛や地元で採れた野菜が楽しめるとあって人気の店だ。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市美崎町10-19-1階
【定休日】
日曜日
【営業時間】
18時~25時
【メニュー】
石垣牛ももステーキ 990円
【駐車場】
なし
【問い合わせ】
0980-82-7864

おすすめの理由

「石垣牛ももステーキ」や「熟成やいま牛のシャトーブリアンステーキ」で使う地元産の石垣牛は、店長が卸店で自ら目利きして仕入れるというこだわりぶり。牛肉本来の赤身の旨味が楽しめるステーキは、ほおばるとすぐに肉汁が広がる。肉の味を引き立てるオリジナルのバーベキューソースやゆず胡椒が、さらに食欲をそそる。そのほか、石垣牛の手こね餃子や塩ホルモンも人気。カウンター席があるので、一人でも気軽に訪れやすい。

24

STEAK&SEA FOOD NATIVE DELI

(石垣市大川)

独自製法で調理したジューシーな石垣牛がおいしい

STEAK&SEA FOOD NATIVE DELI

石垣港離島ターミナルから徒歩5分の「STEAK&SEA FOOD NATIVE DELI」は、手頃に石垣産和牛が楽しめる店。店名は「地元のうまいもの」という意味。「真空調理」という低温でゆっくりと加熱される肉はやわらかく、肉汁も旨味も逃げずジューシーだ。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市大川239
【定休日】
なし
【営業時間】
17時~22時
【メニュー】
石垣産和牛サーロインステーキ(200g)セット  4900円
【駐車場】
なし
【問い合わせ】
090-3790-1576

おすすめの理由

人気のテンダーロインステーキ(ヒレ肉)は、肉の旨味をさらに引き出すオリジナルハーブスパイスと食べるのがおすすめ。そのほか、サーロインステーキやカルビステーキなど、石垣牛のメニューが盛りだくさん。肉の他にも石垣近海のマグロやカジキも堪能できる。

25

なかよし食堂

(石垣市新栄町)

地元で愛され続ける“注文して3秒”のそば

なかよし食堂

豚肉を3時間煮込んで仕込むあっさり味のスープに、細切り三枚肉とかまぼこをトッピングした、王道の八重山そばが楽しめる。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市新栄町26-21
【定休日】
水曜
【営業時間】
11時30分~19時30分
【メニュー】
八重山そば 500円/味噌汁定食 600円
【駐車場】
あり
【問い合わせ】
0980-82-3887

おすすめの理由

「注文したら3秒で出てくる」と語られるその秘密は、常連客のメニューがほぼ決まっているので、お客さんの顔を見てすぐ準備に取り掛かるから。地元で愛されるゆえんだ。また、しょうが焼定食など定食メニューも安くておいしいと人気。

26

来夏世

(石垣市石垣)

古民家で食べる王道の八重山そば

来夏世

石垣小学校の裏手にある注目のそば屋さん。「お家で食べるそばのような、飽きのこない家庭の味をめざしている」というそばは、豚骨ベースにカツオだしを合わせた、コクがありながらあっさりとしたスープが特徴だ。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市石垣203
【定休日】
日曜日
【営業時間】
11時~14時
【メニュー】
八重山そば大550円
【駐車場】
 あり
【問い合わせ】
0980-82-7646

おすすめの理由

優しい味わいの八重山そばと、お店の雰囲気と相まって、まるで家で食べているような、ホッとした心地にしてくれる。昼過ぎには売り切れていることも多いので、午前11時の開店時に訪れるのがおすすめ。

27

cafe SEA FOREST

(石垣市伊原間)

玉取先展望台すぐ近くの絶景を望むレストラン

cafe SEA FOREST

東京から移住したオーナーが、その眺望に惚れ込んでオープンした「cafe SEA FOREST」。緑に囲まれた店内では、コース仕立てのランチとともに美しい海の景色を味わうことができる。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市伊原間2-736
【定休日】
火曜、水曜
【営業時間】
11時30分~16時(ラストオーダー14時)
【メニュー】
島豆腐御膳 2200円(ランチ) 石垣牛ライトコース 6000円
【駐車場】
あり(7台程度)
【問い合わせ】
0980-86-7301

おすすめの理由

「コーヒー一杯でも大歓迎。この景色をじっくり堪能してほしい」とオーナー。ディナーは3日前までの要予約で、石垣島の食材をふんだんに使用したフレンチが楽しめる。

28

中村屋

(石垣市石垣)

住宅街にある古民家で味わうカレー

中村屋

東京でグルメ雑誌やレシピ本の編集者をしていたオーナーが始めた人気店。石垣に囲われた赤瓦の風情ある民家で、野菜の彩り鮮やかなスパイシーカレーや、石垣和牛をやわらかく煮込んだカレーなどを提供している。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市石垣215
【定休日】
水曜
【営業時間】
11時30分~14時30分
【メニュー】
牛すじカレー、アンマーのカレー、冷たいトマトのカレー
【駐車場】
あり(7台)
【問い合わせ】
0980-87-5075

おすすめの理由

夜は予約制で、八重山食材を使い、茶碗蒸しや島野菜の白和えなど、日替わりで10品ほどのおまかせ家庭料理が味わえる。

29

ユーグレナ・ガーデン

(石垣市大川)

石垣島育ちのユーグレナたっぷりのスイーツやドリンク

ユーグレナ・ガーデン

euglena(ユーグレナ)とは微生物のミドリムシのこと。非常に栄養価が高く、世界的に注目を集めるヘルシー食材だ。そんなミドリムシをもっと広く知ってもらおうとオープンした。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市字大川270-2
【定休日】
なし
【営業時間】
 11時~22時
【メニュー】
ユーグレナグリーンのポーポー700円 ユーグレナ・ゴーヤ・スムージー700円
【駐車場】
なし
【問い合わせ】
0980-87-5711

おすすめの理由

食事にスイーツ、ドリンク、泡盛にいたるまで、ミドリムシを取り入れたメニューを展開。おすすめは、沖縄風クレープ・ポーポーをアレンジした「ISHIGAKI生ポーポー」だ。

30

mango cafe

(石垣市美崎町)

石垣島産のフルーツをたっぷり使ったトロピカルスムージー

mango cafe

離島ターミナルにもほど近いパーラーで、南国のフルーツを使用したスムージーが人気。

基本情報
【住所】
沖縄県石垣市美崎町4海人工房1F
【定休日】
不定休
【営業時間】
10時~18時
【メニュー】
石垣トロピカルスムージー 波照間島産黒糖ラテ
【駐車場】
なし
【問い合わせ】
0980-88-8151

おすすめの理由

パインやマンゴー、パッションフルーツなど、南国ならではのフレッシュなスムージーが味わえる。石垣牛やシークワーサージャムをサンドしたベーグルも人気。テイクアウトもできる。

周辺離島

石垣島を拠点に船でのんびりと離島巡り。豊かな自然や伝統文化が残る島々の魅力を紹介。

01

小浜島

南国特有の豊かな自然あふれる小さな島

小浜島

石垣島からフェリーで約30分。NHKの朝の連続テレビ小説の舞台になったことをきっかけに一躍有名になった小浜島。美しい海やマングローブ林、満天の星空など、南国特有の豊かな自然にあふれている。

基本情報
【住所】
沖縄県八重山郡竹富町小浜
【交通アクセス】
高速船は1日20便が運行し、約25分。フェリーは週4回、1日1便が運行し、約35分

おすすめの理由

さとうきび畑を散歩しながら気ままに過ごすもよし、自然の中でアクティブに楽しむもよし、リゾート地で優雅にくつろぐもよし。小さい島ながらも欲張りな離島旅を満喫できるのが魅力。トゥマールビーチは島の東側にある人気のビーチ。海水浴はもちろんだが、島の滞在が満月の前後なら、ぜひ夜にも足を運んでみて。満月、風のない静かな海、という条件がそろえば、月がのぼるころ水面に月の光の道が波打ち際まで届く幻想的な世界を体感できる。

02

鳩間島

美しいサンゴに抱かれた島

鳩間島

西表島から北へ5キロの位置にある鳩間島(はとまじま)は、徒歩1時間ほどで1周できてしまうほど小さな島。人口は70人ほど。

基本情報
【住所】
沖縄県八重山郡竹富町鳩間
【交通アクセス】
石垣島の石垣港離島ターミナルもしくは西表島の上原港からフェリーで鳩間港まで約1時間20分。

おすすめの理由

集落以外の場所は、ほぼ原野となっていて、海岸線にはプライベートビーチのような小さな砂浜がいくつも点在している。海は美しいサンゴに囲まれ、シュノーケルポイントとして人気がある。魚介類などの海の恵みが豊富な上に、野菜類の収穫も多く、島民は自給自足のような生活を送っている。島には5、6軒ほどの民宿はあるものの、リゾートホテルや観光施設などはなく、ゆったりとしたぜいたくな時間を過ごすことができる。

03

西表島

沖縄の“秘境の島”

西表島

沖縄本島に次ぎ2番目に大きい西表島。島の90%を亜熱帯の原生林が占め、イリオモテヤマネコをはじめとする珍しい動植物が生息している。

基本情報
【住所】
沖縄県八重山郡竹富町
【交通アクセス】
石垣島離島ターミナルから島の南東部の大原港へは高速船で35分、北部の上原港へは40分。

おすすめの理由

せっかく西表島に行くなら、大自然を満喫できるアクティビティを体験してほしい。島の北部に位置する「ピナイサーラの滝」を見に行くトレッキングツアー、亜熱帯の森をジャングルクルーズ、穏やかなビーチで、シュノーケリングや星砂探しなど、大自然を思う存分に満喫できる。西表島観光の定番といえば、由布島(ゆぶじま)の水牛車。船頭役のおじぃの三線を聞きながら、片道400メートルほどの浅瀬を15分かけてゆっくりと渡る。潮風を感じながら水牛車に揺られると、のどかな気分が味わえる。

04

与那国島

日本最西端にある絶海の離島

与那国島

日本の最西端に位置し、断崖絶壁に囲まれた与那国島。美しい海の底には遺跡が眠っているとも言われ、八重山諸島の中でも独特の魅力を持つ。石垣島よりも台湾のほうが近いという国境の島でもある。

基本情報
【住所】
沖縄県八重山郡与那国町与那国
【交通アクセス】
石垣空港からの直行便 琉球エアコミューター(RAC)所要時間:30分 1日3便

おすすめの理由

島の南にある比川は、珊瑚礁が発達した比川浜とカタブル浜沿いにある静かな集落。テレビドラマ『Dr.コトー診療所』のロケ地として使用されたオープンセットが今も建っており、有料で見学することができる。与那国島はダイビングのメッカでもあり、上級ダイバーに人気の海となっている。特にユニークなのが「海底遺跡」と呼ばれるポイント。昭和61年(1986)に地元ダイバーによって発見された巨大な岩礁で、インカ遺跡を思わせる形状からそう呼ばれている。

05

黒島

人口の10倍以上の数の牛が暮らす離島

黒島

人口は約210人、牛の数は2800頭ほどと圧倒的に牛が多い黒島。石垣島から南南西に17キロ、フェリーで30分ほどの距離にある。外周約12.6キロと自転車だと約1時間で回れる小さな島だ。交番も信号もない島は、どこよりものどかで平和な雰囲気に満ちている。

基本情報
【住所】
沖縄県八重山郡竹富町黒島
【交通アクセス】
石垣港離島ターミナルからフェリーで黒島へ渡る。所要時間は約30分

おすすめの理由

黒島の海は抜群の透明度。海にもぐると美しいサンゴ礁と、そこに集まる色とりどりの魚を見ることができる。黒島の港の近くにある西の浜と呼ばれる海岸では、昭和53年(1978)からウミガメの産卵調査が行われており、毎年ウミガメの産卵が見られる。また、街灯がそう多くない黒島からは星がよく見える。民宿では屋上に寝転べるチェアを用意してあるところも多く、星空を間近に眺めることができる。とにかくのんびり過ごしたい人におすすめの島だ。

06

波照間島

日本最南端の美しき離島

波照間島

八重山諸島屈指の美しい海と満天の星空が魅力の波照間島。“果てのうるま(サンゴ礁)”という意味で名付けられたという島は、日本最南端の有人島で、南十字星が見えることでも有名だ。天文観測の島としても知られ、美しい海やのどかな島の雰囲気も魅力となって、観光客からの人気が高い。

基本情報
【住所】
沖縄県八重山郡竹富町波照間
【交通アクセス】
フェリーで約2時間30分

おすすめの理由

波照間島でぜひ足を運びたいのが、達人も島の人たちも絶賛するニシ浜。八重山諸島屈指の美景ビーチといわれ、驚くほど透明度が高い。真っ白なパウダーサンドが1.5キロほど続き、太陽の日射しによって、透明から水色、碧、紺碧、群青、藍色へと変わる海の色は、言葉にできないほど美しい。また、波照間島は別名「もっとも宇宙に開かれた島」とも呼ばれ、星の観測地として専門家も注目している。高い建物や人工光がほとんどないので、夜になると満天の星空が広がり、夏には天の川、12~6月には南十字星が楽しめる。生産量が少なく入手困難なので“幻の泡盛”と呼ばれる「泡波」が作られている波照間酒造所があることでも有名。

この記事を見ている人におすすめ情報

今が旬のおすすめ観光情報