1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 沖縄観光情報
  4. 石垣島観光でしたい8つのこと、30の体験
石垣島観光でしたい8つのこと、30の体験の記事イメージ

ローカル案内役がガイドする
石垣島観光でしたい8つのこと、30の体験

更新:2018年3月22日

現地の人だから知っている、石垣島観光の新しい楽しみ方。ありきたりではない“最高”に楽しめる観光情報だけをお届け。あなたの知らない「石垣島観光」の世界へ誘います。

Ishigaki Local Trip

石垣島へ“おーりとーり”

01

竹富島の水牛車

十島十色
個性豊かな島々へ出かけよう

十人十色。人によってそれぞれ個性って違いますよね。八重山諸島の島々もそう。沖縄の原風景に出会える竹富島、島全体がジャングルの西表島、人よりも牛の数が多い黒島…。みんな違って、みんな良い。あなたが好きな島はどれですか?

▼おすすめの体験

02

石垣島のマンタ

やっぱり青い海が好き!

せっかく石垣島へ旅行に来たのに、海で遊ばないのはもったいない。青い海、白い砂浜、色鮮やかなサンゴ礁…。憧れのあの景色があなたを待っています。はしゃいで、浮かれて、楽しんで!

▼おすすめの体験

03

石垣牛

島の恵みがたっぷり!
石垣島の絶品グルメ

全国的にも有名なブランド牛・石垣牛に、庶民の味・八重山そば、近海で獲れた海の幸、マンゴーをはじめとする南国フルーツ…。島の恵みがたっぷり詰まった、石垣島の絶品グルメを召し上がれ。

▼おすすめの体験

[たびらいセレクション]

04

三線・八重山民謡

受け継がれる八重山の想い

昔の八重山の人たちは相当“ロマンチック”だったのかもしれません。「いつの世までも末長く」という想いが込められた伝統工芸・ミンサー、胸の内の熱い想いなどを情感込めて歌い上げる「とぅばらーま」に代表される民謡など、八重山には多くの人を惹きつける伝統が残っています。

▼おすすめの体験

05

水面に散るサガリバナ

季節の移ろいを感じて

八重山諸島の豊かな自然は、季節によって違った表情を私たちに見せてくれます。その様は、時に夏の碧海のように鮮やかで、時に南十字星のように美しく、時に西表島のサガリバナのように儚いものです。その時期にしか感じることのできない、八重山の貴重な体験をぜひ。

▼おすすめの体験

06

石垣島ではしご酒

石垣島の地酒に酔いしれる夜

石垣島の夕食といえば、島一の繁華街である美崎町を中心に多様なジャンルの居酒屋が定番です。さらに最近では、お洒落なビストロや個性的なカフェバーも増え、小さな屋台で島の人とのふれあいも楽しめる島バル施設も誕生。何軒かはしごして、南国の夜をたっぷり堪能しよう。

▼おすすめの体験

[たびらいセレクション]

07

与那国島の天の川

国内初!「星空保護区」の夜空

八重山諸島では、島の美しい星空を保護するため、国内初のダークスカイパーク(星空保護区)認定の取得を目指しています。八重山諸島は、88ある星座のうち、84の星座が見えることや21ある1等星すべてを見ることができる国内有数の星空観察エリア。星空にまつわるイベントも各種行われています。

▼おすすめの体験

08

石垣島のお土産

石垣島の手みやげ、おみやげ

島の特産品を使ったおいしいお土産やミンサー織に代表される工芸品や、南の島ならではのハーブを使った調味料など、バラエティ豊かな石垣島のお土産。あれこれ悩んでしまう人のために、「石垣島に来たらぜひ買ってほしい!」と島の人がすすめる商品を紹介しています。

▼おすすめの体験

[たびらいセレクション]

石垣島観光のキホン

  • 定番スポット 9選

    川平湾

    島の北西部に位置する川平湾は、観光客でにぎわう人気の景勝地。潮の流れが早いため、遊泳は禁止だが、湾内を周遊するグラスボートなら景観と合わせて、海の中の様子も楽しむことができる。

    詳細はこちら
    石垣島鍾乳洞
    石垣島鍾乳洞

    石垣島鍾乳洞は、石垣市街地からは5分前後で行ける穴場の観光地。洞窟内では珍しい形の鍾乳石や透き通った泉など、自然が創り上げた神秘的な造形美を楽しめる。

    詳細はこちら
    御神崎(おがんざき)
    御神崎(おがんざき)

    石垣島の最西端に位置する御神崎。断崖絶壁から見渡す眺めは美しく、先端部には御神崎灯台がある。春先、テッポウユリとヒルサザキツキミソウが辺りを白とピンクに染め上げる様は見事だ。

    詳細はこちら
    平久保崎(ひらくぼざき)
    平久保崎(ひらくぼざき)

    市街地から車で約1時間30分。黒毛和牛の放牧地を抜けた先に見えるのが、石垣島の最北端に位置する平久保崎。距離は遠いが、それでも一度は見ておきたい人気の景勝地だ。

    詳細はこちら
    玉取崎(たまとりざき)展望台
    玉取崎(たまとりざき)展望台

    玉取崎展望台は平久保半島と石垣の海を一望できる景勝地。日本の展望ランキング2016では6位に選出された。

    詳細はこちら
    石垣島天文台
    石垣島天文台

    平成18年(2006)に設立された石垣島天文台は、平成27年(2015)には年間来場者が過去最高の1万3906人を迎え、今最もホットな観光スポットのひとつになっている。

    詳細はこちら
    みね屋工房
    みね屋工房

    八重山ミンサーの手織り体験が楽しめる施設。「ミンサー」は、石垣島を代表する伝統工芸品のひとつ。五つのマス目と四つのマス目を織り込んだ特徴的な模様には、「いつ(五つ)の世(四つ)までも末長く…」という思いが込められている。

    詳細はこちら
    名蔵アンパル
    名蔵アンパル

    石垣島西部・名蔵川河口に広がる名蔵アンパルは、石垣島最大の干潟湾。1.57平方キロの干潟に、マングローブ(ヤエヤマヒルギ)の林が広がっている。

    詳細はこちら
    石垣馬広場
    石垣馬広場

    石垣島に与那国馬に乗っての散歩や馬にエサやりなどが体験できる乗馬施設。平成27年(2015)6月にオープンした。

    詳細はこちら
  • ビーチ 11選

    真栄里ビーチ(まえさとビーチ)
    真栄里ビーチ(まえさとビーチ)

    ANAインターコンチネンタル石垣リゾート敷地内の人工ビーチ。宿泊客以外でも利用可能で、ホテルが管理するビーチハウスで様々なマリンアクティビティやレンタル用品を利用して気軽にリゾート気分を味わえる。

    詳細はこちら
    米原ビーチ(よねはらびーち)
    米原ビーチ(よねはらびーち)

    石垣島市街地から車で約30分のところにある、シュノーケルスポットとして大人気のビーチ。海岸にアダンの林が茂りトロピカルなムードが漂い、シーズン中は行楽客で賑わい明るい雰囲気となる。

    詳細はこちら
    石垣島サンセットビーチ
    石垣島サンセットビーチ

    波などに浸食されて出来たキノコ岩の並ぶ先、右手には石垣島最北端の平久保崎、左手にはダテフ崎を望み、その名の通り夕陽ウォッチングに最適な白い砂と透き通る水が美しいビーチ。

    詳細はこちら
    久宇良(くうら)の浜
    久宇良(くうら)の浜

    久宇良(くうら)集落にある「石垣島サンセットビーチ」から干潮時にだけ行ける小さなビーチ。サンセットビーチの右端からキノコの形をした岩沿いに200メートルほど歩くと、砂浜の真ん中に亀のような岩が鎮座する久宇良の浜にたどり着くことができる。

    詳細はこちら
    フサキビーチ
    フサキビーチ

    フサキリゾートヴィレッジ前に広がる天然ビーチ。観光客、家族連れに特におすすめで、向かいには西表島を望み、ウミガメも産卵に訪れるという。

    詳細はこちら
    クリスタルビーチ
    クリスタルビーチ

    石垣島にある米原キャンプ場と川平湾の中間に位置する通称「クリスタルビーチ」は、天然の水晶が採取できる珍しいビーチ。

    詳細はこちら
    底地ビーチ
    底地ビーチ

    石垣島の北西部の景勝地、川平湾(かびらわん)の近くにある石垣島を代表するビーチ。モクマオウの緑の林を抜けると広がる白い砂浜は、大きく弧を描いて約1キロも続くロング・ビーチだ。

    詳細はこちら
    ナータビーチ
    ナータビーチ

    玉取崎展望台の下あたりから伊原間集落へかけての長いビーチ。白い砂浜と碧い海を眺めながらビーチコーミングや散歩に適した砂浜である。

    詳細はこちら
    明石海岸
    明石海岸

    石垣島の北東部に長くのびる平久保半島の途中にある赤石(あかいし)集落の東側にある天然ビーチ。ビーチの左手には久宇良(くうら)岳、右手にはトムル岳が望める。

    詳細はこちら
    ナブレの浜
    ナブレの浜

    森を抜け、崖をおりてたどり着く、まさに秘境の隠れ家ビーチ。小石ごろごろのワイルドな浜だが、波が荒いためサーファー達の人気スポットとなっている。

    詳細はこちら
    クラブメッドカビラビーチ
    クラブメッドカビラビーチ

    人気リゾートホテル「クラブメッド石垣島」にあるプライベートビーチ。マリンスポーツもランドスポーツもインドアスポーツも楽しめるビーチは石垣ではここだけ。

    詳細はこちら
  • グルメ 30選

    石垣島ヴィレッジ
    石垣島ヴィレッジ

    平成28年(2016)3月、石垣島美崎町にグランドオープン。石垣牛を一番おいしいと思う食べ方で味わえる石垣牛料理店や1000円でベロベロに酔える「センベロ」、石垣島近海で獲れるマグロ料理が食べられるお店など、19店軒を連ねる複合型飲食施設だ。

    詳細はこちら
    cafe PUFF PUFF(プカプカ)
    cafe PUFF PUFF(プカプカ)

    石垣市街地に近い大人気の絶景カフェ。晴れた日には青い空と海、プカプカと浮かぶ白い雲を、夕暮れ時には空一面に広がるブルーとオレンジのグラデーションを、夜は満天の星と静かな波音をBGMに食事が楽しめる。

    詳細はこちら
    明石(あかいし)食堂
    明石(あかいし)食堂

    石垣島の北部、明石集落にある明石食堂は、お昼時は行列必至の人気店。なかでも人気のソーキそばは、とにかくソーキ(豚のアバラ部分)が絶品。トロトロに煮込まれたソーキは濃いめの味に仕上げてあり、白濁のスープと絡んで絶妙なうまさを演出する。

    詳細はこちら
    石垣牛と海鮮の店 こてっぺん
    石垣牛と海鮮の店 こてっぺん

    石垣港離島ターミナルから徒歩5分の場所にある居酒屋。

    詳細はこちら
    バーガー・カフェ&バー CHIBARU CAFE
    バーガー・カフェ&バー CHIBARU CAFE

    石垣島ヴィレッジの1階にあり、石垣島の黒毛和牛ブランドである「美崎牛」を100%使用したグルメバーガーが自慢。

    詳細はこちら
    STEAK & HAMBUGER CORNER’S GRILL
    STEAK & HAMBUGER CORNER’S GRILL

    石垣市役所のすぐそばにある石垣牛のステーキとハンバーグが楽しめる「CORNER’S GRILL」。使用する肉はJAおきなわが指定する石垣牛。その日に出される肉の証明書が店内に掲示されている。

    詳細はこちら
    八重山そば処 小松
    八重山そば処 小松

    「八重山そば処 小松」は、大阪の料亭で修行を積み、旧石垣空港のレストラン「ゆうな」で25年間勤務した有田さんが店主。新川にある自宅を改装して平成26年(2014)に開店した。

    詳細はこちら
    フルーツジュエリーファクトリー
    フルーツジュエリーファクトリー

    「フルーツジュエリーファクトリー」は、石垣島産のパイナップルやドラゴンフルーツなどを丸ごと使ったアイスバーやスムージーが人気の店。添加物や甘味料などを使わずにフルーツの良さを引き出すこだわりの製法で、食べた後に爽やかな余韻を残す「フルーツアイスバー」は、店内の奥で手作りし急速冷凍で仕上げている。

    詳細はこちら
    Gadjo Dilo
    Gadjo Dilo

    石垣島の繁華街、美崎町の路地裏に2016年にオープンしたガッジョディーロ。島素材をふんだんにつかったフレンチが手軽に楽しめるとあり人気。

    詳細はこちら
    YAMBAR Ishigaki
    YAMBAR Ishigaki

    扉を開けるとマスコット犬のロビンが出迎えてくれる、繁華街から少し外れたところにあるバー。ほぼすべて手作りしたという店内とテラス席は、南国のまったり感がたっぷりで、女性ひとりでも入りやすい。

    詳細はこちら
    石垣×福岡 せんべろ風土
    石垣×福岡 せんべろ風土

    石垣島ヴィレッジの1階にある大衆居酒屋。客層は老若男女さまざまで、観光客も地元客も同じようにカウンターを囲み、お酒を片手に話に花を咲かせている。昼から賑やかな笑い声が聞こえる元気なお店。

    詳細はこちら
    エスニック酒場 yum yum holic
    エスニック酒場 yum yum holic

    石垣島ヴィレッジの中でも、個性的な装飾で注目を集めているエスニックテイストのバー。「ヤムホリ」の愛称で親しまれており、夕方のオープンからすぐにカウンターが埋まっていく人気店。

    詳細はこちら
    創作酒房 蔵下(くらした)
    創作酒房 蔵下(くらした)

    エネルギッシュな島の野菜や石垣牛など、地元の旬の食材を使うことにこだわったメニューはどれも独創的で、和洋中の枠にとらわれない自由な発想の美味しさを、島の酒と共に味わうことができる。

    詳細はこちら
    サバニ船
    サバニ船

    地元で長らく愛されている居酒屋「すし太郎」の系列店とあって、観光客の利用が多い離島ターミナル近くながらも、地元客の利用も多い人気店。

    詳細はこちら
    BAR 2nd room
    BAR 2nd room

    コンテナを利用した外観からは想像できないような、大人の雰囲気が溢れるバー。画家でもあるオーナーのアトリエが併設されており、カウンター横には大きな作品が飾られるなど、石垣島とモダンアートが融合した幻想的な空間になっている。

    詳細はこちら
    まぐろ専門居酒屋 ひとし 本店
    Bonne Table

    店で味わえるのは自慢のマグロをはじめ、島の食材を取り入れた品々、さらに独自メニューもありと品数豊富。特に、マグロや石垣牛を使ったメニューは「この値段で、このおいしさが味わえるなんて!」という懐にやさしい価格が魅力的。

    詳細はこちら
    yunaパーラー
    yunaパーラー

    軽食から定食、丼ものなどボリューム満点の料理まで楽しめるカフェ風レストラン。

    詳細はこちら
    石垣島冷菓
    石垣島冷菓

    ユーグレナモールから徒歩10分のところにある人気のかき氷屋さん。石垣島で「ぜんざい」といえば、煮豆に、白玉、かき氷をトッピングした「冷やしぜんざい」が一般的。

    /div>
    詳細はこちら
    Banana Cafe
    Banana Cafe

    お土産品店が並ぶユーグレナモールの近く。アジアンテイストの木製インテリアと、赤瓦が敷き詰められた店内は南国ムード満点。カウンター席も広めなので、女性ひとりでも利用しやすいと評判だ。

    詳細はこちら
    かみやーき小かまぼこ店
    かみやーき小かまぼこ店

    地元で人気のかまぼこ店。なかでも人気は石垣島産の黒紫米を使ったおにぎりを、魚のすり身でつくられた自慢のかまぼこで包んだ「おにぎりかまぼこ」。味はアーサ(アオサ)、八重山の香辛料・ピパーツ、人参ごぼうから選べる。

    詳細はこちら
    石垣島ミルミル本舗
    石垣島ミルミル本舗

    石垣市にある伊盛牧場直営のジェラート店。牧場のしぼりたてミルクと、石垣島で育った新鮮な野菜やフルーツで丁寧に作られたジェラートは、濃厚な味わいで病みつきになる。

    詳細はこちら
    担たん亭
    担たん亭

    石垣島初のステーキハウスとして昭和43年(1968)にオープンした「坦たん亭」。緑豊かな敷地の中に佇む赤瓦屋根の建物が目印。石垣牛のほか、オージー・USビーフも味わえる。

    詳細はこちら
    鉄板焼専門ついてる
    鉄板焼専門ついてる

    石垣島にある鉄板焼専門店「ついてる」は、外観から内装まで畑小屋をイメージしたユニークな雰囲気。鉄板焼を中心に石垣牛や地元で採れた野菜が楽しめるとあって人気の店だ。

    詳細はこちら
    STEAK&SEA FOOD NATIVE DELI
    STEAK&SEA FOOD NATIVE DELI

    石垣港離島ターミナルから徒歩5分の「STEAK&SEA FOOD NATIVE DELI」は、手頃に石垣産和牛が楽しめる店。店名は「地元のうまいもの」という意味。「真空調理」という低温でゆっくりと加熱される肉はやわらかく、肉汁も旨味も逃げずジューシーだ。

    詳細はこちら
    なかよし食堂
    なかよし食堂

    豚肉を3時間煮込んで仕込むあっさり味のスープに、細切り三枚肉とかまぼこをトッピングした、王道の八重山そばが楽しめる。

    詳細はこちら
    来夏世
    来夏世

    石垣小学校の裏手にある注目のそば屋さん。「お家で食べるそばのような、飽きのこない家庭の味をめざしている」というそばは、豚骨ベースにカツオだしを合わせた、コクがありながらあっさりとしたスープが特徴だ。

    詳細はこちら
    cafe SEA FOREST
    cafe SEA FOREST

    東京から移住したオーナーが、その眺望に惚れ込んでオープンした「cafe SEA FOREST」。緑に囲まれた店内では、コース仕立てのランチとともに美しい海の景色を味わうことができる。

    詳細はこちら
    中村屋
    中村屋

    東京でグルメ雑誌やレシピ本の編集者をしていたオーナーが始めた人気店。石垣に囲われた赤瓦の風情ある民家で、野菜の彩り鮮やかなスパイシーカレーや、石垣和牛をやわらかく煮込んだカレーなどを提供している。

    詳細はこちら
    ユーグレナ・ガーデン
    ユーグレナ・ガーデン

    euglena(ユーグレナ)とは微生物のミドリムシのこと。非常に栄養価が高く、世界的に注目を集めるヘルシー食材だ。そんなミドリムシをもっと広く知ってもらおうとオープンした。

    詳細はこちら
    光楽園(ひかりらくえん)
    光楽園(ひかりらくえん)

    自家農園で採れたグァバをメインに、島のトロピカルフルーツを使用したフレッシュジュース、フラッペ(かき氷)、マフィンなどがそろう農園カフェ。

    詳細はこちら
  • 周辺離島 6選

    小浜島
    小浜島

    石垣島からフェリーで約30分。NHKの朝の連続テレビ小説の舞台になったことをきっかけに一躍有名になった小浜島。美しい海やマングローブ林、満天の星空など、南国特有の豊かな自然にあふれている。

    詳細はこちら
    鳩間島
    鳩間島

    西表島から北へ5キロの位置にある鳩間島(はとまじま)は、徒歩1時間ほどで1周できてしまうほど小さな島。人口は70人ほど。

    詳細はこちら
    西表島
    西表島

    沖縄本島に次ぎ2番目に大きい西表島。島の90%を亜熱帯の原生林が占め、イリオモテヤマネコをはじめとする珍しい動植物が生息している。

    詳細はこちら
    与那国島
    与那国島

    日本の最西端に位置し、断崖絶壁に囲まれた与那国島。美しい海の底には遺跡が眠っているとも言われ、八重山諸島の中でも独特の魅力を持つ。石垣島よりも台湾のほうが近いという国境の島でもある。

    詳細はこちら
    黒島
    黒島

    人口は約210人、牛の数は2800頭ほどと圧倒的に牛が多い黒島。石垣島から南南西に17キロ、フェリーで30分ほどの距離にある。外周約12.6キロと自転車だと約1時間で回れる小さな島だ。交番も信号もない島は、どこよりものどかで平和な雰囲気に満ちている。

    詳細はこちら
    波照間島
    波照間島

    八重山諸島屈指の美しい海と満天の星空が魅力の波照間島。“果てのうるま(サンゴ礁)”という意味で名付けられたという島は、日本最南端の有人島で、南十字星が見えることでも有名だ。天文観測の島としても知られ、美しい海やのどかな島の雰囲気も魅力となって、観光客からの人気が高い。

    詳細はこちら

今、この宿、見られてます

あわせて読みたい!

最新情報はこちらからチェック!

旬な観光情報を現地からお届け