1. 札幌駅で買える人気の駅弁8選 今年の北海道列車旅で何食べる?

特集

現地スタッフが厳選した旅行と観光に関する「便利」で「すぐに役立つ」情報をまとめた特集記事を紹介しています。

北海道食材を使った魅力のご当地駅弁

札幌駅で買える人気の駅弁8選 今年の北海道列車旅で何食べる?

三大蟹味くらべ弁当

タラバ、毛ガニ、ズワイを食べ比べ
「三大蟹味くらべ弁当」
タラバ、毛ガニ、ズワイの三大カニを食べ比べられる「三大蟹味くらべ弁当」。カニの絵が描かれた重箱のような箱を開くと、タラバ、毛ガニ、ズワイに仕切られ、それぞれの足身とほぐし身がたっぷりと御飯の上にのっている。北海道を代表する海鮮のひとつであるカニは、市場価格で購入できる北海道でも安くはない高級食材だ。手軽にカニを味わいたいのであれば、札幌駅で購入できる駅弁「三大蟹味くらべ弁当」がおすすめ。

石狩鮭めし

大正時代からのロングセラー
「石狩鮭めし」
「石狩鮭めし」は歴史が古く、大正12年(1923)から販売されている大ベストセラー駅弁だ。昆布と一緒に炊き上げた御飯の上には、鮭のほぐし身やしょうゆ漬けのイクラ、錦糸卵がのっている。さらに味わい深い鮭のかまぼこ、鮭昆布巻き、フキの煮付けも添えられている。鮭のほぐし身とイクラのしょうゆ漬けの塩加減の良さに食が進む。北海道の名産品である鮭とイクラをふんだんに使った定番の一品である。

幕の内弁当いしかり

道産食材盛りだくさん
「幕の内弁当いしかり」
食の宝庫と言われている北海道の魅力を手軽に味わいたい人には「いしかり幕の内弁当」がおすすめ。駅弁としての幕の内弁当の魅力は行く先々のご当地の味がぎっしりとその弁当の中に集約されていること。王道の幕の内弁当ながら、焼鮭、ホタテの煮付け、チーズインポテト、牛肉の甘辛煮、卵焼きなど、随所に北海道の食材が使われている。

北海道ローカル案内役が厳選おすすめホテル特集

[たびらいセレクション]

海鮮えぞ賞味

北海道の食材満載の
「海鮮えぞ賞味」
北の海の幸を揃えた豪勢な駅弁「海鮮えぞ賞味」。弁当のフタを開ければ、カニ・イクラ・ウニ・サーモンといった北の海の幸が、下の酢めしが見えないほど盛りつけられている。北海道特産の海の幸、カニ・イクラ・ウニ・新鮮な魚などの食材がたっぷり入った駅弁を食べれば、車両の中でちょっと贅沢な気分になれるはず。

ひぐまの笹寿司

五種の海鮮が楽しめる
「ひぐまの笹寿司」
北海道の海鮮で作られる「ひぐまの笹寿司」は、五種類の味を楽しめる。肉厚のサーモンを昆布でしめた風味抜群の「厚切りサーモン」、大ぶりなホタテにウニが塗られコクと旨味が口中に広がる「炙りうにホタテ」、酢メシの上にタラバガニがずしりと乗った「豪快タラバガニ」、毛ガニのほぐし身を酢メシの上に敷き詰めた「毛ガニ」、鰊の身の上に白板昆布が乗りバッテラという印象の「鰊親子」と、北の海鮮の魅力たっぷりだ。

[札幌宿泊ツアーで駅弁も満喫!]

北海道グルメを堪能するなら、たびらい北海道ツアー(航空券+宿泊)予約へ

ひぐまの贅沢おにぎり

具材は北の海鮮
「ひぐまの贅沢おにぎり」
北海道の海鮮を具にしたおにぎりが入った駅弁「ひぐまの贅沢おにぎり」。メインのおにぎりは、筋子付のサケのおにぎり、大ぶりのカニの身が巻かれたカニおにぎり、コクある風味のホタテのおにぎり。卵焼き、がんもやインゲン、シイタケの煮物と漬け物も添えられている。北海道の恵みが詰まった優しい味わいが人気だ。

ローカルな魅力が満載!おすすめホテル特集

[たびらいセレクション]

やまべ鮭寿し

鮭とヤマベの二種の押し寿司
「やまべ鮭寿し」
鮭のコクある味わいとヤマベの引き締まった身の食感、二種の味わいを楽しめる「やまべ鮭寿司」。ヤマベとは、全国ではヤマメの名称で知られる渓流魚。水のキレイな渓谷のみに生息しており、その美しさから渓流の女王とも呼ばれている。清らかな水が流れる北海道の渓流のヤマメは、北海道の味覚そのもの。引き締まった白身の味わいが魅力だ。大ぶりの切り身で食べごたえのある鮭の寿司との相性も抜群。

北海道・知床とりめし

知床どりの風味と食感
「北海道・知床とりめし」
厳しい知床の自然環境で育った美味しい「知床どり」を使った「北海道・知床とりめし」。知床どりの照り焼きと、鮮やかな錦糸卵が食欲をそそる。「知床どり」の特長は、肉質が非常にきめ細やかなこと。ご飯も知床どりの出汁で炊き上げられており、風味は抜群。シメジやコンニャクの煮物、山菜や漬け物、ナスの煮浸しなどのおかずが駅弁に彩りをそえている。

あわせて読みたい!

今、この宿、見られてます

今が旬のおすすめ観光情報

×