1. 札幌の「定番&注目」お花見スポット7選

特集

現地スタッフが厳選した旅行と観光に関する「便利」で「すぐに役立つ」情報をまとめた特集記事を紹介しています。

GWが見頃! 定番から注目スポットまで紹介

札幌の「定番&注目」お花見スポット7選

北海道神宮

桜と梅を一緒に花見できる
北海道神宮/札幌市
「北海道神宮」は札幌を代表する花見スポット。エゾヤマザクラ、ソメイヨシノ、ヤエザクラなどが中心に植えられており、1400本の桜が咲く。同時期に梅も見頃を迎える全国的にも珍しい、桜と梅の花見スポットでもある。見ごろは例年5月上旬のゴールデンウィーク時期。おみやげには、お湯をそそぐと桜の花が開く「北海道神宮毛体の桜湯茶」を。

円山公園

北海道の定番・ジンギスカン花見ができる
円山公園/札幌市
北海道神宮に隣接している「円山公園」は花見時期には火気の使用ができるようになるため、北海道の花見の定番・ジンギスカンをしながらの花見を楽しむことができる。ジンギスカンセットの貸出やデリバリーもあり。約160本のエゾヤマザクラやソメイヨシノが咲き、多くの花見客が訪れる。北海道神宮の花見や円山動物園も一緒に訪れるのもおすすめだ

モエレ沼公園

イサム・ノグチ設計の公園で花見を
モエレ沼公園/札幌市
イサム・ノグチ設計の公園として全国的にも有名な「モエレ沼公園」。園内のサクラの森には約2600本のエゾヤマザクラやカスミザクラ、ミネザクラ、ヤエザクラ、ソメイヨシノが咲き、多くの花見客が訪れる。園内には遊具や見所も多数あるので家族連れにもおすすめの花見スポット。例年ゴールデンウィーク時期に見頃を迎える。

[たびらいセレクション]

北海道庁旧本庁舎

歴史ある「赤レンガ」と桜の景色
北海道庁旧本庁舎/札幌市
「赤レンガ」の通称で札幌市民に親しまれている北海道庁旧本庁舎。札幌駅から徒歩で5分程の便利な距離にあり、多くの観光客が訪れる人気スポットである。花見シーズンの敷地内にはカスミサクラ・ヤエザクラ・チシマザクラなどが咲き、レトロな建物と桜の風景が美しく、市内中心部のお花見スポットとしておすすめだ。

大通公園

中心部の自然豊かな大型公園
大通公園/札幌市
市内中心部にあり、西端のテレビ塔から西12丁目まで続く札幌のシンボル・大通公園。自然豊かな公園で、春には桜が咲く市民の憩いの場所となっている。桜はエゾヤマザクラが中心。桜の他にも、ライラックやニセアカシアの木々、花壇のチューリップやキタコブシなど丁目毎の木々の違いを楽しみながら、春の散策をしよう。名物のとうきびワゴンで焼きとうもろこしを食べながらの花見もおすすめだ。

中島公園

自然豊かな都心の穴場
中島公園/札幌市
札幌の中心部からほど近い中島公園は、多彩な木々が生い茂る自然豊かな都市公園だ。春の花見時期には、エゾヤマザクラ、ソメイヨシノ、シダレザクラ、ヤエザクラが順に咲いていくので、比較的長い期間花見が楽しめる。中でも、ソメイヨシノの桜並木やシダレザクラの美しさには定評がある。園内は東京ドーム4.5個分という広さなので、お気に入りの桜スポットを探して散策してみよう。

[たびらいセレクション]

豊平館

歴史的建築を背景に映える桜
豊平館/札幌市
札幌市民に親しまれている都市公園、中島公園には桜の見所が多い。中でもおすすめしたいのが、明治13年(1880)に大通西1丁目に建てられ、昭和33年(1958)に同園へ移築された豊平館の周辺だ。ここは明治天皇の行幸に合わせて造られた国内初の洋造旅館(ホテル)である。明治期を代表する洋風建築を背景に映える、エゾヤマザクラの姿を楽しもう。

今、読まれてます!おすすめの特集記事

あわせて読みたい!

今、この宿、見られてます

今が旬のおすすめ観光情報