1. 札幌の紅葉鑑賞はまずココ! おすすめスポット10選

特集

現地スタッフが厳選した旅行と観光に関する「便利」で「すぐに役立つ」情報をまとめた特集記事を紹介しています。

10月中旬から下旬が見ごろ

札幌の紅葉鑑賞はまずココ! おすすめスポット10選

二見吊橋

かっぱ淵に映り込む盛秋の彩
二見吊橋/定山渓温泉
都心からクルマで約1時間の距離にある山間の温泉郷・定山渓温泉。周辺はいたるところで紅葉を望めますが、おすすめは「定山渓散策路」。温泉街から徒歩5分ほど南へ進んで、豊平川(とよひらがわ)の源流沿いの道を歩いてみましょう。川に架けられた「二見吊橋」から望む「かっぱ淵」には河畔の紅葉が映り込み、絵画のような世界。定山渓散策路は森に続いているので、紅葉のじゅうたんを歩きながら、短時間で森林浴を満喫できるのもおすすめポイントのひとつです。

DATA

■二見吊橋
【場所】札幌市南区定山渓温泉西4
【問い合わせ】011-598-2012(定山渓観光協会)

豊平峡ダム

ダム湖と渓谷の雄大な景色が広がる
豊平峡ダム(さっぽろ湖)
定山渓温泉街よりさらに山奥へ入った、豊平川(とよひらがわ)の上流部にあるアーチ式ダム。昭和47年(1972)の完成したこのダムは、ダム湖と渓谷の雄大な風景が広がる札幌有数の景勝スポットです。 ダムを見下ろす高台には三つの展望台が設けられ、広々とした紅葉風景が眺められる他、湖と紅葉が間近に迫るダム堤上からの景色も秀逸。タイミングが合えば、迫力満点の放水シーンも楽しめます。

駐車場からダムサイトまでの移動は、環境保護のためハイブリッド電気バスで。途中には「九段の滝」や「千丈岩」などの名所があり、そちらでも美しい紅葉が眺められますよ。

DATA

■豊平峡ダム
【場所】札幌市南区定山渓840番地先
【時間】電気バス 運行時間:8時45分~16時(下り最終16時30分)
【料金】電気バス往復大人620円、小人300円、65歳以上560円
【駐車場】250台
【問い合わせ】011-598-3452(豊平峡電気自動車)
※紅葉シーズン限定で定山渓温泉から直行バスが運行

紅葉ゴンドラ

秋のシーズンのみ特別に運行
紅葉ゴンドラ(札幌国際スキー場)
「札幌国際スキー場」のゴンドラリフトが、 9月下旬~10月中旬の紅葉シーズンだけ特別に運行。 標高630メートルの山麓センター棟前から標高1100メートルの山頂までを約15分で結び、紅葉を眼下に優雅な空中散歩を満喫できます。気温差で、麓から山頂からかけてだんだんと色づいていくグラデーションが眺められるのは、ゴンドラリフトならでは。

山頂からは、開放的で広々とした紅葉が一望可能です。晴れた日には、色づいた山々の向こうに広がる石狩平野や石狩湾も同時に眺められます。さらに、片道7~8分ほど山頂の遊歩道を進めば、小樽湾を一望できるビュースポットも。

DATA

■紅葉ゴンドラ
【場所】 札幌市南区定山渓937番地先
【時間】 9時30分~15時(下り最終15時30分)
【料金】 ゴンドラ往復大人1100円、小学生550円、65歳以上990円
【駐車場】 1850台
【問い合わせ】 011-598-4511(札幌国際スキー場)

[たびらいセレクション]

中島公園

古い歴史をもつ都心のオアシス
中島公園
札幌市営地下鉄・南北線の中島公園駅から、また市電の駅から徒歩約5分ほどとアクセスのよい都市公園が「中島公園」。公園内にある「菖蒲池」は 明治4年(1871)、石狩川上流で伐採された木材を集積するための貯木場として作られたルーツがあります。菖蒲池(しょうぶいけ)の存在で、秋の紅葉がより風情豊かな景観に。池を囲むように散策路が整備されており、さまざまな角度から景色を楽しめるスポットです。

見頃となる10月中旬までは菖蒲池貸ボートを営業しているので、のんびりと水上からの紅葉鑑賞を楽しむのもおすすめ。公園のメイン入口から菖蒲池近くまで延びるイチョウ並木も見どころのひとつです。

DATA

■菖蒲池
【場所】 札幌市中央区中島公園1
【料金】入場・見学は無料
【設備】 ボート1隻600円(9時~17時、営業期間は4月下旬~10月中旬頃まで)
【問い合わせ】 011-511-3924(中島公園管理事務所)

大通公園

都市建造物と木々の対比を楽しむ
大通公園
約400本のライラックが一気に花咲く初夏の風景が有名な「大通公園」。東西、長さ1.5キロメートルにわたって広がるこの公園には、92種、約4700本の樹木が植えられており、10月初旬~中旬には多くの木々が色づきます。サトウカエデ、ナナカマド、ヤマモミジなど赤色系の葉をつける樹木が多いのも特徴。「生命の躍動」をテーマに華やかなショーが繰り返される「西3丁目 噴水」、こんこんと絶え間なく水が湧き出す水盤上の「西7丁目 噴水」など、バリエーションの豊かな噴水と紅葉のコラボレーションを楽しみましょう。

「さっぽろテレビ塔」と紅葉を撮影するなら、西2丁目の北サイドがおすすめ。西2丁目にはせせらぎを再現した「壁泉」という噴水があります。水辺と紅葉、そして札幌・大通公園のシンボルを一緒に切り取ってみて。

DATA

■大通公園
【場所】札幌市大通
【駐車場】周辺に有料駐車場あり
【問い合わせ】 011-251-0438(大通公園管理事務所)

円山公園

野生のエゾリスに出合うチャンスも
円山公園
札幌随一の花見の名所「円山公園(まるやまこうえん)」も秋には紅葉スポットに早変わり。カツラ、サクラ、ヤマモミジ、イタヤカエデやイチョウが例年10月中旬から見頃を迎えます。この円山の森には野生のエゾリスが棲んでおり、運がよければ枝の上を駆け回るその姿を見ることができますよ。

円山公園は「北海道神宮」や「円山動物園」など見どころが多いので、女子友や子どもと一緒に訪れるのもおすすめ。また、標高225メートルの小さな市民の山・円山は20~30分で登頂可能。頂上からは紅葉と札幌の街並みを一望できるので、晴れの日にはぜひこちらからの眺めも楽しんでみてください。

DATA

■円山公園
【場所】札幌市中央区宮ヶ丘
【駐車場】あり(円山動物園内に第一駐車場、円山球場横に第二駐車場)700円
【問い合わせ】011-621-0453(円山公園管理事務所)

[たびらいセレクション]

西岡公園

水源地を囲む森を散歩
西岡公園
明治時代に旧陸軍の軍用水道として開発された歴史をもつ、豊平区(とよひらく)の公園。ヘイケボタルも生息する自然豊かな場所で、多くの動植物ファンが足を向けます。公園を囲むようにイチョウが立ち並んでおり、黄葉の盛り、落葉期となる10月中旬~下旬がおすすめの時期。 水源池を取り囲む森を一周するコースが手ごろで、芝生広場や木道などから紅葉を楽しめ、ファミリーでの散策にも適したスポットですよ。

西岡公園には展望テラスもあり、天気のよい日には黄色や緑の葉が水面に映り込みます。ただ、札幌都心部から1本で行ける公共交通機関がなく、地下鉄とバスを併用することになるので、旅行で訪れるならレンタカーの方がスムーズです。

DATA

■西岡公園
【場所】札幌市豊平区西岡544
【駐車場】あり、無料:約50台
【問い合わせ】011-582-0050(西岡公園管理事務所)

藻南公園

豊平川のほとりで憩いの時間を
藻南公園
札幌南区の「藻南公園」では、秋になると豊平川(とよひらがわ)河畔の岩盤地帯と紅葉が織りなすダイナミックな風景を楽しめます。この公園には真駒内公園(まこまない)に続く「ふるさと散歩道」(約8キロメートル)と石山緑地へ続く「藻南通シンボルコース」(約13キロメートル)という二つの散歩コースが。「ふるさと散歩コース」は藻南公園の崖を上り、崖沿いに真駒内公園へと向かう健脚者向けの道ですが、 急坂の紅葉が見事。

「おいらん淵」と呼ばれる藻南公園周辺の豊平川は、素晴らしい景観をもっています。明治時代に身請けされて札幌にやってきたひとりの花魁が世をはかなんで身投げしたという伝説が残る場所。悲しい伝説の土地ではあるものの、クマザサが生い茂っていたという当時の面影はなく、現在は10月末まで市民がバーベキューを楽しむ憩いの場所となっています。

DATA

■藻南公園
【場所】札幌市南区川沿10条1丁目2
【駐車場】あり、無料( 川沿駐車場78台、柏丘駐車場48台)
【問い合わせ】011-578-3361(藻南公園管理事務所)

滝野すずらん丘陵公園

コキアとコスモス、遠景の里山を眺望
滝野すずらん丘陵公園
札幌市街地から約20キロほど南に進んだ(支笏湖方面)位置にある北海道唯一の国営公園。中央ゾーンに入ってすぐの場所にある「カントリーガーデン」では、秋には一年草のコキアが紅葉するさまと、丘一面に咲くコスモスを堪能できます。例年10月中旬~下旬がその見頃。遠くに目をやると、里山が色づいており、花畑との対比が美しいですよ。

同じ札幌南区の定山渓温泉にもいえることですが、旅行で訪れるならアクセスはレンタカーの方がスムーズ。滝野すずらん丘陵公園のカントリーガーデンに行く際は、渓流口から入り、中央口駐車場に停めるのがおすすめ。

DATA

■滝野すずらん丘陵公園
【場所】札幌市南区滝野247番地   
【料金】大人410円、小中学生80円
【駐車場】あり、中央口駐車場:普通車410円
【問い合わせ】011-594-3333(滝野公園案内所)

[たびらいセレクション]

平岡樹芸センター

真っ赤なモミジのトンネルが見もの
平岡樹芸センター
札幌市郊外の清田区にある花と紅葉の名所「平岡樹芸センター」。2.9ヘクタールもの広大な地にヤマモミジ、ノムラモミジ、シダレモミジなど、カエデ属の樹木が8種類・700本以上も植えられています。日本庭園を彩る紅葉もあるので、散策ルート上で、実にさまざまなタイプの紅葉を楽しめるのがポイント。

球形に刈り込まれたドウダンツツジが真っ赤に染まる様子、また、寄付樹木保存展示区域に出現する真っ赤なモミジのトンネルは必見ですよ。

DATA

■平岡樹芸センター(みどりーむ)
【場所】北海道札幌市清田区平岡4条3丁目   
【料金】無料
【駐車場】34台(無料)
【問い合わせ】011-883-2891

あわせて読みたい!

今、この宿、見られてます

今が旬のおすすめ観光情報

×