北海道の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 小樽市、「麺」の名店 7選
PR
全国のレンタカーを最安値で比較。たびらいレンタカー

特集

現地スタッフが厳選した旅行と観光に関する「便利」で「すぐに役立つ」情報をまとめた特集記事を紹介しています。

あんかけ焼きそば、ラーメン、そば。小樽にうまい「麺」あり!

小樽市、「麺」の名店 7選

中華食堂 桂苑(けいえん)

小樽名物あんかけ焼きそば
「中華食堂 桂苑(けいえん)」
創業50年の歴史をもつ、小樽市民に愛されている食堂「中華食堂 桂苑(けいえん)」。人気は小樽市民のソウルフードとも呼ばれている名物「あんかけ焼きそば」だ。市内外から根強いファンがこのあんかけ焼きそばを目当てに訪れるという。しっかり焼かれた中華麺に、野菜、肉、エビと具だくさんの熱々のあんがかかった、食べごたえのある一皿。小樽観光の際にはぜひ味わってみよう。

中華食堂 龍鳳

幸せの黄色いあんかけ焼きそば
「中華食堂 龍鳳」
小樽名物のあんかけ焼きそばを提供している店は市内に複数店舗あるが、中でも個性的な一皿を提供しているのが「中華食堂 龍鳳」。その名も「幸せの黄色いあんかけ焼きそば」。黄色いあんが皿いっぱいにかかったあんかけ焼きそばはインパクトも抜群だ。北海道産のかぼちゃが黄色いあんの秘密。チーズとミルクの風味を感じられ、まるで洋食のドリアのような味わいが特徴だ。
《タイアップ》

ラーメン つかさ

昭和40年代から続く味
「ラーメン つかさ」
営業は昭和40年代からという昭和の雰囲気ただよう小樽の人気ラーメン店ラーメン つかさ」。同店では本格的札幌ラーメンを提供しており、メニューはみそ、しょうゆ、塩の3種。ラーメン激戦区となっている札幌では、現在なかなか出合うことのできない、昔ながらの味わいの札幌ラーメンをここで味わうことができる。

らーめん 渡海家(とかいや)

元フレンチ料理人が手がける
「らーめん 渡海家(とかいや)」
保存料や化学調味料、ラードなどを使用していないヘルシーな味わいのラーメンが人気の「らーめん 渡海家(とかいや)」。スープは豚骨と鶏ガラと魚介系のトリプルスープ。白醤油で仕上げた透明感のあるスープが特徴の「醤油ら~めん」が一番人気だ。カリッとした食感のジューシーな一口チャーシューと好みの辛さに調整できる「にんにくチャーシュー味噌」もおすすめ。
《タイアップ》

蕎麦屋 藪半

本格蕎麦屋のカレーそば
「蕎麦屋 藪半」
昭和29年(1954)創業の小樽の人気蕎麦店「藪半」。地元の食材にこだわりがあり、海の町・小樽という土地柄を生かした「ウニとじ蕎麦」や季節限定の「牡蠣(かき)蕎麦」などのメニューを提供している。中でも人気が高いのが「かれーそば」。片栗粉をベースにしたとろみのあるやさしい味わいのカレーが蕎麦とマッチし、体をじんわりと温めてくれる。

手打ち蕎麦 そば処 月

深夜2時まで営業
「手打ち蕎麦 そば処 月」
小樽の花園町で深夜2時まで手打ち蕎麦を味わえる「そば処 月」。人気は「十割せいろ」で、産地や製粉にこだわった手打ちそばが、甘みと旨味のあるしっかりとした味わいのつゆによく合う。また蕎麦によく合う樽酒や焼酎などもそろっており、天ぷらや鍋物、珍味などサイドメニューも豊富だ。小樽の飲み屋街・花園町で一杯やった後に、〆のそばを味わうのもおすすめだ。

手打ち蕎麦 きむら

蕎麦粉にこだわる小樽の名店
「手打ち蕎麦 きむら」
挽きたて、打ちたて、茹でたてにこだわる「手打ち蕎麦 きむら」。蕎麦粉は黒松内産奈川在来種と美幌産キタワセをブレンドしたものを使用。電動石臼と手挽きで自家製粉し、手打ち蕎麦を提供している。奈川在来種を黒松内の蕎麦専門農家から直接仕入れているのは、北海道の蕎麦屋では数件のみ。細打ちのそばが、鰹の風味がほんのり漂うつゆによく合う。薬味や蕎麦湯、そば茶へのこだわりにも注目だ。

この記事を見ている人におすすめ情報

今が旬のおすすめ観光情報