1. 博多で必食の博多ラーメン10選

特集

現地スタッフが厳選した旅行と観光に関する「便利」で「すぐに役立つ」情報をまとめた特集記事を紹介しています。

たびらい現地スタッフが厳選

博多で必食の博多ラーメン10選

替え玉必須の「豚骨カプチーノ」博多一双 博多駅東本店

替え玉必須の「豚骨カプチーノ」
博多一双 博多駅東本店
博多駅から徒歩7分。国産子豚の骨のみを使用。豚の頭骨、背骨、げんこつをしっかりと下処理し、高い火力で骨がホロホロになるまで、3つの寸胴を使って長時間煮炊き。ラーメン愛好家からは「豚骨カプチーノ」と呼ばれる表面に浮かぶ泡が特徴。麺は、小麦粉の配分と高い加水率で、ツルツルとしたしなやかさを実現し、替え玉率8割。「一度食べたら忘れられない一杯」と評判の店です。

基本データ

【メニュー例】ラーメン600円、味玉ラーメン700円、チャーシューメン750円、味玉チャーシューメン850円、替え玉100円
【営業時間】11時~24時
【定休日】不定休
【住所】福岡県福岡市博多区博多駅東3-1-6
【電話番号(問い合わせ)】092-472-7739

熟成生醤油ラーメンがイチオシラーメン酒場 MEN-LABO

熟成生醤油ラーメンがイチオシ
ラーメン酒場 MEN-LABO
博多と天神の中間、西中洲にあるラーメン店。「豚骨はございません」の提灯が目印。イチオシは、熟成生醤油ラーメンで数種の醤油(しょうゆ)をブレンド。そのほか、濃厚なカモだしと生しょうゆを合わせた熟成醤油鴨南ラーメン、あっさりとしたあごだしベースのあごだし塩ラーメン、テールのコクとうまみが味わえるテールラーメンなども提供しています。

基本データ

【メニュー例】あごだし塩ラーメン750円、熟成生醤油ラーメン750円、熟成醤油鴨南ラーメン1200円、テールラーメン1000円
【営業時間】19時~翌2時(ラストオーダー翌1時30分)
【定休日】日曜
【住所】福岡県福岡市中央区西中洲3-1デルタウエスト1階
【電話番号(問い合わせ)】092-712-0606

濃厚豚骨に秘伝のかえし合わせて 博多 無邪気

濃厚豚骨に秘伝のかえし合わせて
博多 無邪気
博多駅博多口から徒歩5分。大量の豚骨をトロトロになるまで炊き出し、秘伝のかえしに鶏油が絶妙に合った極濃極うまラーメンを提供。中太ちぢれ麺はしっかりとした歯ごたえで、濃厚でトロリとした舌触りのスープによく絡みます。いわゆる「家系」に博多の味がミックスされたラーメン店です。

基本データ

【メニュー例】ラーメン630円、海苔半熟味玉ラーメン780円、激辛豚骨ラーメン730円、魚介豚骨つけ麺730円、ライス食べ放題100円
【営業時間】11時~15時、17時~23時(22時以降入店可)
【定休日】年中無休
【住所】福岡県福岡市博多区博多駅前3-26-10
【電話番号(問い合わせ)】092-409-3448

「元祖」受け継ぎ、飲んだ後の〆にも元祖ラーメン長浜家(け)!

「元祖」受け継ぎ、飲んだ後の〆にも
元祖ラーメン長浜家(け)
店は中洲近くの上川端商店街の中ほど。長浜ラーメンの「元祖」を受け継ぎ、メニューはラーメンのみ。入店したら「ベタナマ」(脂多め硬麺)、「ナシヤワ」(脂少なめやわ麺)など、脂の多さと麺の硬さを自分好みに合わせて注文。スープはあっさりとした味わいながら、豚の全身部位をミックスした豚骨100パーセント。「早い」「うまい」「安い」の3拍子で、飲んだ後の〆にもおすすめ。

基本データ

【メニュー例】ラーメン550円、替玉100円、替肉100円
【営業時間】9時~翌5時
【定休日】なし
【住所】福岡県福岡市博多区上川端町10-242
【電話番号(問い合わせ)】092-292-7828

メキシカンチリと豚骨をミックスブラボーラーメン

メキシカンチリと豚骨をミックス
ブラボーラーメン
博多の台所、美野島商店街にほど近く。ラーメンは、豚骨ベースのメキシカンチリソース風味。中太ちぢれ麺がチリソースによくからみ、もちもちとした食感はクセになる味。たっぷりのひき肉をレンゲですくいながら、スープを味わいます。テーブル上のタバスコをかけるとさらにホットなラーメンに。

基本データ

【メニュー例】ブラボーラーメン650円、とんこつラーメ500円、ピリ辛豚足煮580円、チャーハン600円、ぎょうざ380円※価格はいずれも税別
【営業時間】20時~翌6時
【定休日】火曜
【住所】福岡県福岡市博多区住吉5-18-10
【電話番号(問い合わせ)】092-431-2616

博多ラーメンの新定番「鶏×塩」らぁめんシフク

博多ラーメンの新定番「鶏×塩」
らぁめんシフク
国道3号線「榎田南」交差点を目指すと見える「429」の看板が目印。「鶏×塩」のラーメンを新提案する店。味は、塩、鶏白湯、醤油(しょうゆ)、つけ麺の6つ。丸鶏、鶏ガラ、モミジなどの部位を香味野菜とともに6~7時間じっくりと炊きあげた秘伝のスープがあじわえます。

基本データ

【メニュー例】塩らぁめん600円、鶏白湯らぁめん650円、醤油らぁめん600円、つけ麺(あっさり)750円、つけ麺(こってり)800円
【営業時間】月・火・木・金・土(昼11時~16時、ラストオーダー15時30分)夜18時~24時(ラストオーダー21時30分)、第2・4水曜(昼11時~16時、ラストオーダー15時30分)
【定休日】第1・3・5水曜、毎週日曜
【住所】福岡県福岡市博多区榎田2-3-1村下ビル1F
【電話番号(問い合わせ)】092-474-0090

香ばしい特製マー油の黒ラーメン ラーメンTAIZO

香ばしい特製マー油の黒ラーメン
ラーメンTAIZO
博多駅から500メートルの住吉通りにある黒ラーメンの店。「特製黒マー油」を回しかけた「こってり黒ラーメン」がおすすめ。ニンニク、白ネギ、タマネギなど数種の野菜を焦がして作られています。ベースとなる豚骨スープが比較的あっさり。黒マー油の香ばしさが引き立ちます。

基本データ

【メニュー例】こってり黒ラーメン700円、とんこつラーメン600円、黒チャーシューメン900円、チャーハン500円、ぎょうざ400円
【営業時間】月~土曜 正午~翌3時(ラストオーダー翌2時45分)、日曜 正午~翌1時
【定休日】年末年始(要確認)
【住所】福岡県福岡市博多区住吉4-28-1
【電話番号(問い合わせ)】092-474-8787

炙り、とろとろのチャーシューメン 魁龍 博多本店

炙り、とろとろのチャーシューメン
魁龍 博多本店
博多駅から車で15分。昔ながらの濃厚な久留米ラーメンのスタイル。スープは、豚頭と背脂のみを使い、減った分だけを継ぎ足す「呼び戻し」という手法で作られています。白濁色のスープは「どトンコツ!」といわれるほど。おすすめは「魁龍全部のせラーメン」。濃厚豚骨好きの人を「なるほど」とうならせる一杯です。

基本データ

【メニュー例】魁龍ラーメン820円、魁龍全部のせラーメン920円、ラーメン670円、チャーシューメン950円、煮玉子入りラーメン770円
【営業時間】11時~22時30分
【定休日】なし
【住所】福岡県福岡市博多区東那珂2-4-31
【電話番号(問い合わせ)】092-483-4800

「とろとろチャーシューメン」で香り楽しんでめんくいや 博多駅東

「とろとろチャーシューメン」で香り楽しんで
めんくいや 博多駅東店
昭和55年(1980)創業。看板メニューは「とろとろチャーシューメン」。強力な火力で仕上げた特製チャーシューを、香りを楽しむために最後にバーナーでひと工夫。「厚切り炙(あぶ)りチャーシューメン」や「チャーシュー丼」も人気です。夕方からは居酒屋スタイルで「豚骨もつ鍋」や「焼きラーメン」もあります。

基本データ

【メニュー例】博多ラーメン570円、とろとろチャーシューメン780円、厚切り炙りチャーシューメン980円、しょう油ラーメン720円、豚しゃぶつけ麺800円
【営業時間】月~土曜・祝日 11時~23時30分(ラストオーダー)、日曜 11時~16時(ラストオーダー)
【定休日】年末年始
【住所】福岡県福岡市博多区博多駅東2-9-5池松ビル1F
【電話番号(問い合わせ)】092-474-7160

赤青2種の特製ダレを和風豚骨に博多 一天門

赤青2種の特製ダレを和風豚骨に
博多 一天門
キャナルシティ博多から徒歩3分。豚骨を煮出したベースに和風だしをブレンドしたスープ。コクとうま味のきいただしの素材と豚骨特有の風味が豊かに含まれます。2種の特製ダレが決め手。赤唐辛子ベースの赤ダレと青唐辛子ベースの青ダレから選べます。女性に人気のこんにゃくラーメンもおすすめ。

基本データ

【メニュー例】ラーメン600円、半熟煮玉子ラーメン710円、ネギラーメン710円、チャーシューメン780円、ヘルシーこんにゃくラーメン670円
【営業時間】11時~翌3時
【定休日】不定休
【住所】福岡県福岡市博多区上川端町2-3祇園ビル1F
【電話番号(問い合わせ)】092-262-3381

今、この宿、見られてます

今が旬のおすすめ観光情報