1. 天草の崎津集落で世界遺産にふれる旅

特集

現地スタッフが厳選した旅行と観光に関する「便利」で「すぐに役立つ」情報をまとめた特集記事を紹介しています。

潜伏キリシタンの地へ

天草の崎津集落で世界遺産にふれる旅

天草の崎津集落で世界遺産にふれる旅


世界遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」。そのひとつに「天草の﨑津集落」があります。禁教期において仏教、神道、キリスト教が共存し、漁村特有の信仰形態を育んだ集落です。往時の面影を残しながらも、おしゃれなエリアへと進化する崎津に出かけてみましょう。


家々の細い路地「トウヤ」
「カケ」活用し土地有効に


天草空港から車で40分。細い路地「トウヤ」を抜けながら散策。海に面している家には、木で作られた土地活用のための「カケ」があります


天草名物「杉ようかん」。あんこが入った餅に近く、杉の葉の香りが心地いい



海の天守堂、崎津教会へ
神道、キリスト教が交錯する地


海に溶け込み「海の天主堂」とも。内部は畳敷きで、祭壇はかつて絵踏みが行われていた場所だとか


神道やキリスト教が入り混じるエリアとあって、崎津諏訪神社の鳥居の先に教会!



港町ならではの寿司求めて
特製タレや天草塩で仕上げ 旧門司税関

港町ならではの寿司を求めて海月(くらげ)へ。カウンター席はカジュアルなつくりで、ひとりでも安心


特製のタレや天草の塩を使い仕上げられるため、しょうゆいらず


崎津漁協から仕入れた、新鮮な旬の魚をネタに1貫ずつ並びます



サンタクロースの聖地にオリーブ園
海風香るオリーブリーフティー


サンタクロースの聖地と呼ばれる天草。AMAKUSANTA(アマクサンタ)の畑には、13種類、約2700本のオリーブの森が広がります


父親の夢と愛にこたえるため、Uターンして就農した店主(中央)。笑顔のすてきな元エンジニアですよ


太陽と海風、山の湧水に育まれたオリーブで作る「オリーブリーフティー」が人気



ほっこりする下田珈琲で
「隠れキリシタン」と遭遇


崎津周辺で購入した食べ物なら、持ち込みOKという下田珈琲。地元作家の作品もあり、ほっこりする空間


珈琲の受け皿には隠れキリシタンを意識したデザイン。遊び心がある~!



チャペルの鐘展望台で
天草西海岸のサンセットを


崎津諏訪神社の階段を登り、チャペルの鐘展望台に


市街地と山々、天草西海岸が同時に見渡せます。サンセットの美しさは1枚の絵画のよう


※各予約の料金は4/10調べ

今、この宿、見られてます

今が旬のおすすめ観光情報