大分の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

大分観光情報

  1. 別府観光のおすすめスポット10選
PR
【PR】九州の温泉宿予約サイト「温泉ぱらだいす九州」

特集

現地スタッフが厳選した旅行と観光に関する「便利」で「すぐに役立つ」情報をまとめた特集記事を紹介しています。

たびらい現地スタッフがおすすめする

別府観光のおすすめスポット10選

「21世紀に残したい日本の風景百選」に選ばれた別府の湯煙

世界に名だたる“温泉天国”
「別府温泉」
日本に温泉は数あれど、さまざまな“日本一”の称号を持つのが、大分の「別府温泉」だ。街中の至る所から立ち昇る湯煙は、日本一の源泉数と湧出量、そして豊富な泉質を誇る別府温泉ならではの風景。泉都とも呼ばれる別府市には、鶴見岳と伽藍岳の二つの火山の周辺に多数の温泉が湧き出ている。

珍しい景観を楽しめる「別府地獄めぐり」など観光スポットも充実しており、高度成長期の観光ブームでは新婚旅行の聖地になるほどに。今でも毎年800万人を超える観光客が訪れる、日本を代表する温泉地だ。

基本データ

【住所】大分県別府市
【交通アクセス】
・別府インターチェンジから別府市内中心部まで、車で約20分
・博多駅から、JR日豊本線特急ソニック号で約2時間、「別府駅下車」
【電話番号(問い合わせ)】0977-26-6250(公社)ツーリズムおおいた

一日ゆっくり過ごすなら鉄輪温泉の「ひょうたん温泉」

ミシュラン旅行ガイドに
三つ星で紹介
「ひょうたん温泉」
鉄輪温泉を代表する「ひょうたん温泉」は、大規模な温泉施設でありながら、現在も昔ながらの雰囲気を残したのどかで素朴な温泉。ミシュラン旅行ガイド(フランス語版)にも、三つ星として紹介された。年中無休で深夜まで営業しており、大きな駐車場付き。源泉100%掛け流しの広々とした温泉は、男湯女湯あわせて全8湯。露天風呂に滝湯、ひのき風呂、蒸し湯と、種類もバラエティに富んでいる。男湯の目玉は、何といっても大正11年(1922)からある19本の滝湯で、3メートルほどの高みから落ちてくる滝は圧巻だ。女湯の魅力は露天風呂。滝のように流れ落ちる源泉は、鉄輪温泉の湯量の多さを物語る。

基本データ

【住所】大分県別府市
【交通アクセス】
・大分自動車道の別府インターチェンジから車で約5分
・JR別府駅からバスで約25分
・大分空港からバスで約40分の「別府観光港」で下車し、タクシーで約10分
【電話番号(問い合わせ)】 0977-66-0527(ひょうたん温泉)

心地よい砂の重みと温かさが癒してくれる「別府海浜砂湯」

ぽかぽか砂湯で心身をリフレッシュ
「別府海浜砂湯」
別府海浜砂湯は、別府観光港の隣で、現在では少なくなった浜辺が残っている上人ヶ浜(しょうにんがはま)の一角にある市営の砂湯。古い文献には、建治2年(1276年)に「一遍上人(いっぺんしょうにん)が九州にくるや、初めてこの地に上陸したとの伝説があり、これ、上人ヶ浜の名ある所以(ゆえん)なり」と、この地名の由来が記されている。別府市がここで海浜砂湯の営業を始めたのは、昭和61年(1986)から。1度に10名以上が入浴でき、グループでも一緒に楽しむことができる。

海岸沿いに幅6メートル、長さ20メートルの砂湯があり、浴衣を着て砂に寝転べば、あとはベテランの砂かけお姉さんにおまかせ。海を眺めながら砂湯でぽかぽか、体も心もリフレッシュできる。

基本データ

【住所】大分県別府市上人ヶ浜
【交通アクセス】
・JR別府駅から車で約5分
【電話番号(問い合わせ)】0977-66-5737(別府海浜砂湯)

開放感が魅力の大露天風呂「杉乃井ホテル 棚湯」

一日過ごせる大型スパリゾート
「杉乃井ホテル 棚湯」
別府湾を一望する高台に建つ、「杉乃井ホテル」。ここにある「棚湯」は5段の湯船を棚田状に広げた大露天風呂で、別府湾や街の夜景、四国佐田岬などの景色が望める。杉乃井ホテルには棚湯の他にも、アロマテラピー気分を楽しめる「香り湯」や、ヒノキの香りの「檜湯」、別府湾の眺望を楽しめる「展望サウナ」など、多彩な風呂がそろっている。

清潔感のあるパウダーブースまであり、女性には嬉しいところだ。客室は592室で、温泉に加えてアミューズメント施設も充実。水温28℃の、波の出る屋内プール「アクアビート」は子ども連れにおすすめで、スライダーなどのアトラクション付き。

「ザ アクアガーデン」は家族やカップルに人気で、水着で楽しめる屋外型温泉。ベルサイユ宮殿の噴水ショーも担当したデザイナー、Michel Amann(ミッシェル・アマン)演出による幻想的な噴水ショーも見ものだ。さらには、スパやボウリング場などの施設まで備えている。

基本データ

【住所】大分県別府市観音寺1
【交通アクセス】
・大分自動車道の別府インターチェンジから車で約5分
・JR別府駅から路線バスもしくはタクシーで約10分(JR別府駅からのシャトルバスあり)
・大分空港から車で約45分
【電話番号(問い合わせ)】0977-24-1141(杉乃井ホテル)

海の色に見える「海地獄」

コバルトブルーの池が神秘的
「海地獄」
海地獄は今から約1300年前、鶴見岳の爆発により出来た広大な池が海の色に見えるところからこの名がついた。別府地獄の中でも最大の広さで、天然とは思えない程の鮮やかで美しいコバルトブルーの色合い。

池の青色は温泉中の成分である硫酸鉄が溶解しているためであり、摂氏98度とゆで卵が作れるほどの熱さ!園内では、温泉熱を利用してアマゾン地方原産のオオオニバスや熱帯性睡蓮を栽培しており、開花期は5月上旬~11月下旬。朝方が見ごろだ。

基本データ

【住所】大分県別府市大字鉄輪559-1
【交通アクセス】
・大分自動車道の別府インターチェンジから車で約5分
・JR別府駅(西口)から路線バスで約25分
【電話番号(問い合わせ)】0977-66-0121(海地獄)

入り口の「かまどの鬼」がシンボルの「かまど地獄」

“体験型”の地獄めぐりができる
「かまど地獄」
別府地獄めぐりの一つ「かまど地獄」は、90℃の温泉が噴気とともに湧出。古来より氏神の竃門八幡宮の大祭に、地獄の噴気で御供飯を炊いていたことが名前の由来だ。1~6丁目までの各エリアに見所があり、1カ所でさまざまな地獄を楽しめる。1・4・6丁目は熱泥地獄の池で、なかでも6丁目は水分が少なく、ぽっこぽっこと噴き出す熱泥は、まさに地獄そのもの。

5丁目の池は、年に数回、突然池の色が変わる不思議な地獄。ブルーやグリーンなどの色が、濃くなったり薄くなったりする。地獄の案内人がライブ感たっぷりに温泉を楽しませてくれるアットホームな雰囲気も、かまど地獄ならでは。飲む温泉や、手・足・のど・肌の蒸し湯、そして3種類の足湯も完備。体にも優しい地獄だ。

基本データ

【住所】大分県別府市大字鉄輪621
【交通アクセス】
・大分自動車道の別府インターチェンジから車で約5分
・JR別府駅(西口)から路線バスで約25分
【電話番号(問い合わせ)】0977-66-0178(かまど地獄)

日本初、温泉熱の利用でワニの飼育を開始した「鬼山地獄」

熱帯のワニを別府の池に
「鬼山地獄」
地下187メートルから自然に噴き出している沸騰泉で、99.1℃もの高温「鬼山地獄」。湧出量は1時間に8トン、1日で200トン近くにもなる。別名“ワニ地獄”とも呼ばれ、大正12年(1923)に、日本で初めて温泉熱を利用したワニの飼育を開始した。現在はクロコダイルやアリゲーターなど、世界のワニ約80頭が飼育されている。

鬼山地獄の見どころは、飼育員による餌やりだ。普段は寝転がっているワニたちだが、餌を見るとワニがワニの上に乗り、今にも柵から出てきそうな勢いになる。鶏一羽に丸々食らいつき、一口で飲み込んでしまう迫力には圧倒される。餌やりの時間に合わせて来園するのがおすすめだ。

基本データ

【住所】大分県別府市鉄輪623
【交通アクセス】
・大分自動車道の別府インターチェンジから車で約5分
・JR別府駅(西口)から路線バスで約25分
【電話番号(問い合わせ)】0977-67-1500(鬼山地獄)

素材を蒸すだけでおいしくなる「地獄蒸し」

鉄輪温泉提案のご当地グルメ
「地獄蒸し」
別府八湯の中でも、最も多くの源泉が集中する鉄輪温泉。ここにある「地獄蒸し工房・鉄輪」では、温泉噴気の釜戸で調理する“地獄蒸し”が体験できる。食材のセットやザルなどの調理器具が用意されており、専門のスタッフが調理方法を教えてくれる。

地獄蒸しは、もともとは長期滞在の湯治客が宿で自炊するときに利用していた調理方法。鉄輪温泉には湯治客のために新鮮な食材を扱う魚屋や八百屋があり、自分の好きな食材を近くの店で購入して調理できる。食材の持ち込みも自由。約100度の噴気で一気に蒸し上げるので、素材の美味しさと栄養をぎゅっと閉じ込められ、温泉成分の効果も加わる。気軽にできて“おいしい・楽しい・ヘルシー”な地獄蒸しは、一度体験してほしいおすすめグルメだ。

基本データ

【住所】大分県別府市風呂本5組(いでゆ坂沿い)
【交通アクセス】
・大分自動車道の別府インターチェンジから車で約10分
・JR別府駅から車で約20分
【電話番号(問い合わせ)】0977-66-3775(地獄蒸し工房)

カスタードがまろやかな「地獄蒸しプリン」

温泉の熱を利用した
「地獄蒸しプリン・たまごサンド」
別府八湯の一つ、明礬温泉にある、明治8年(1875)創業の温泉旅館「岡本屋」。岡本屋売店の茶屋では、名物の「地獄蒸しプリン」を味わえる。昭和63年(1988)から変わらぬ地獄蒸し製法で、職人がひとつずつ手作りしている。しっかりと固めのプリンは、卵の味が濃く、舌触りはつるんとなめらか。苦みの効いたカラメルと濃厚な味わいがくせになる、隠れたロングセラー商品。

おいしさのひみつは、新鮮な鶏卵と牛乳、生クリームを贅沢に使い、防腐剤を使用していないこと。噴気には防腐効果も高い天然の硫黄成分が含まれているためだ。高温の噴気で蒸すため、カスタードのまろやかさが一層際立っているのも特徴。温泉の恵みを上手に生かしたおすすめのの一品だ。

基本データ

【住所】大分県別府市明礬4組
【交通アクセス】
・大分自動車道の別府インターチェンジから車で約5分
・JR別府駅(西口)からタクシーで約15分もしくはバスで約30分
【電話番号(問い合わせ)】0977-66-3228(岡本家)

純度100%の天然入浴剤「湯の花」

ロングセラーのお土産
「湯の花」
白い煙が立ちのぼる、わらぶき屋根の小屋が並ぶ明礬温泉。江戸時代には明礬(みょうばん)の採取地として質・量ともに全国一になり、採取事業の隆盛とともに湯治場として発展した。湯の花製造直売所「明礬 湯の里」にある湯の花小屋の中では、純度100%の天然入浴剤・湯の花が作られている。

江戸時代から引き継がれている製法では、小屋の土間に明礬温泉特有の温泉成分を多量に含んだ青粘土を敷き詰めて、地中から噴出する熱蒸気を独特の方法で浸透させる。こうすることで徐々に結晶化していく湯の花を、約1カ月後に採取するというもの。この製造技術は、平成3年(1991)に国によって重要無形民俗文化財に指定されている。

基本データ

【住所】大分県別府市明礬温泉6組
【交通アクセス】
・大分自動車道の別府インターチェンジから車で約5分
・JR別府駅(西口)からタクシーで約15分もしくはバスで約30分
【電話番号(問い合わせ)】0977-66-3228(明礬 湯の里)

九州旅行の予約は
たびらい九州におまかせ

各種九州旅行の予約はこちら。

今が旬のおすすめ観光情報