1. はんなとーら|旬の素材できちんと手づくり。グリーンの景色もおいしい島の台所

はんなとーら|旬の素材できちんと手づくり。グリーンの景色もおいしい島の台所

【投稿日】2018年03月16日(金)| 沖縄発

窓の外に広がるグリーンガーデンを眺めながら、手間ひまかけたランチを味わえる「はんなとーら」。晴れた日には、庭の向こうに広がる「はんな岳」を見ることができます。

店名の「とーら」は“台所”を意味する沖縄方言。「はんなとーら」という店名は、“はんな岳の見えるキッチン”という意味を込めて、店主がつくった造語から付けられた名前なのだそうですよ。

はんなとーらのメニュー

こちらは「地魚の香草パン粉焼き ~タルタルソース添え~」。

香ばしく揚げた地魚は、石垣島の海人(ウミンチュ=漁師)が直接獲ったものや、セリで落としたイラブチャー(南洋ブダイ)などを仕入れて使用。バジル、オレガノ、コリアンダーなどの香草に漬け込み、沖縄の魚独特のクセを最小限に抑えています。

サクッと音をたてながら味わってみると、魚からにじみ出るうま味が口の中に広がります。イラブチャーの特徴である厚めの皮と、ふっくらとした身の食感も楽しんでくださいね。

さらに、好みでシークヮーサー果汁と自家製タルタルソースをつけると、さらにおいしさがアップします。

はんなとーらのメニュー

「石垣牛気まぐれタコライス」はボリュームも満点。店主の「せっかく石垣島に来たなら、地元のものを食べてほしい」という想いから生まれた、人気の高い逸品です。

地元で栽培している「黒紫舞(こくしまい)」を使用したご飯の上には、石垣牛のミンチ、自家製の野菜トマトソース、粉チーズ、温泉たまごをのせて。野菜は、その季節で一番おいしい旬の素材を使っています。

おすすめの食べ方は、あまり混ぜすぎないように、少しずつ温泉玉子を崩しながら味わうこと。そうすると、野菜の歯ごたえやトマトソースの酸味、石垣牛から出る脂の甘みなど、それぞれの素材の魅力をじっくり感じ取ることができます。

このほか、メニューに並ぶとすぐに売切れてしまう「石垣島オリジナルしちゅう」は、その時期の仕入れ状況によって提供しています。タイミングが合えば、幻のメニューに出会えるかもしれませんよ。

はんなとーらの外観

店へ向かう場合は、車で石垣空港から島の東側にのびる国道390号線を走ると、およそ20分で到着します。島で有数の観光スポット・玉取崎(たまとりざき)展望台も近いので、絶景を見に行く際に立ち寄るのにも最適な場所です。

裏の駐車場に車を止めたら、グリーンガーデンの中を通って店内へ。手入れの行き届いた庭には、春~夏にかけてハイビスカスやアラマンダなどが咲き誇り、訪れる人々の目を楽しませています。

もともとは神奈川県でレストランを営んでいたという、店主の藤本さん。「もっと静かな場所へ」と、たどり着いたのが石垣島だったそうです。

「料理には、その時一番おいしい島の素材を使うようにしています。メニューをぐっと絞って、きちんと、ていねいに作ったものを出しています」と、藤本さんは話します。

平日休日問わず、その評判を聞きつけた人々が、藤本さんの料理を楽しみにやってくる「はんなとーら」。予約は受け付けていませんが、電話で店内の混み具合を確認することは可能です。ドライブの合間に、電話確認して来店するといいですね。

はんなとーら外観

【店舗名】
はんなとーら

【メニュー例】
地魚の香草パン粉焼き ~タルタルソース添え~(ライス付) 1200円、石垣牛気まぐれタコライス 1000円(大盛りLはプラス200円)、島豚のキーマカレー ~スパムのせ~ 850円(大盛りLはプラス200円)、石垣牛オリジナルしちゅー(ライス付) 1600円 など 

【ドリンクメニュー例】
アイスコーヒー、アイスティー、マンゴジュース、パインジュース など
※食事の方はSサイズ150円

【住所】
石垣市伊原間2-151

【問い合わせ(電話番号)】
090-8442-3975

【営業時間】
11時~15時(ラストオーダー14時30分)

【定休日】
木曜日

【駐車場】
あり

【備考】
カード利用不可

【投稿日】2018年03月16日(金)【投稿者】たびらい編集部

あわせて読みたい!

今、この宿、見られてます

×