1. 辺銀食堂の石垣島ラー油|島の香辛料を使い、手作りにこだわった元祖食べるラー油

辺銀食堂の石垣島ラー油|島の香辛料を使い、手作りにこだわった元祖食べるラー油

【投稿日】2017年11月28日(火)| 沖縄発

辺銀(ぺんぎん)食堂の石垣島ラー油、通称“石ラー”は平成12年(2000)に発売された、元祖食べるラー油。「食は命薬(ぬちぐすい)」をモットーに営まれている、辺銀食堂(ぺんぎんしょくどう)のオーナーの辺銀夫妻が生み出しました。

食堂では、化学調味料を一切使わず、石垣島や沖縄の地元食材中心の料理が提供されていますが、この石垣島ラー油にも体に良い食材がたくさん入っています。油と具をよく混ぜて料理に使うのがポイントです。

小指の先ほどの小さな島唐辛子を農園で一つずつ丁寧に手で摘まれ、沖縄の太陽を浴びて乾燥、粉になり、他の材料とちゃんぷるーしてできるラー油。ピリリと辛い石垣島が詰まった、ご当地調味料です。唐辛子の他に、ウコン、ピパーチ、石垣の塩、黒糖、ニンニク、白ごま、黒豆(で作った味噌)、山椒、植物油など、10種類以上の食材が使用されていますよ。ピパーチとは、島こしょうのことで、ピリッとした刺激と独特な風味があり、良い香りを加えてくれます。

まろやかな辛味と奥深い味わいが特徴で、卵かけご飯やお刺身にかけたり、お味噌汁など中華だけでなく、いろんなジャンルの料理に合わせてつかうことができます。公式サイトでは、石ラーファンが生み出したいろんな面白レシピも紹介されていますよ。

パッケージまで完全手作りにこだわり、販売されています。全国の小売店で購入できるほか、石垣島からの直送便も承ってくれますよ。100グラム846円(税込)。

辺銀食堂の石垣島ラー油のほか、辺銀食堂の石垣島ラー油(激辛)と辺銀食堂のにんにく油もラインナップされています。

【商品名】 
辺銀食堂の石垣島ラー油

【直営店・系列店価格】
辺銀食堂の石垣島ラー油 100グラム 846円(税込)
辺銀食堂の石垣島ラー油(激辛) 100グラム 898円(税込)
辺銀食堂のにんにく油 100グラム 846円(税込)

【原材料】
植物油、唐辛子、ニンニク、黒豆(大豆)、食塩、山椒、黒糖、島唐辛子、ヒハツモドキ、ウコン、胡椒、ゴマ

【系列販売店】
石垣ペンギン0980-82-8777(事前予約がおすすめです。予約専用ダイヤル0120-392-545)
石垣市大川192-1-1F
⇒小売店はこちら

【電話番号(問い合わせ)】
0980-88-7030(有)ペンギン食堂
⇒詳しくはこちら

沖縄のお土産50選! 最新から定番まで

【投稿日】2017年11月28日(火)【投稿者】たびらい編集部

あわせて読みたい!

今、この宿、見られてます

×