1. SL冬の湿原号|白銀の雪原を満喫! 釧路~標茶間で1月27日から運行開始

SL冬の湿原号|白銀の雪原を満喫! 釧路~標茶間で1月27日から運行開始

【投稿日】2017年10月27日(金)| 北海道発

SL湿原号

JR釧路駅―標茶(しべちゃ)駅間を結ぶ「SL冬の湿原号」の運行が始まります。この列車の運行は平成12年(2000)から行われており、今季で18年目。今年は2月末までの運行です。

車内では地元ネイチャーガイドが釧路湿原の自然環境について無料で案内を行い、運が良ければ車窓からエゾシカやタンチョウといった野生生物を見られる可能性もありますよ。

レトロな制服を着た車掌さんとの記念撮影、上り・下りで図柄の異なる乗車証明書をもらえるなど、思い出づくりにもぴったり。

SL湿原号

「SL冬の湿原号」の乗車料金は釧路駅―標茶駅間で片道大人1890円(乗車券1070円+指定席券820円)。子どもは半額です。全車指定席となっているので、乗車前に予約して出かけましょう。

■SL冬の湿原号
【運行区間】釧路駅~標茶駅
【運行期間】平成30年(2018)1月27日(土)~2月25日(日)

【運行日・詳細】1月27日(土)、28日(日)
2月3日(土)~13日(火)・16日(金)~20日(火)
2月23日(金)~25日(日)

【運転時刻概略】上り(釧路発)11時5分~、下り(標茶発)14時~
【料金】片道乗車券1070円、指定席券820円(子ども半額)

【問い合わせ(TEL)】011-222-7111(JR北海道)
6時30分~22時(年中無休)
※電話での予約・指定席の予約は不可

【公式サイト】http://www.jrkushiro.jp/

【投稿日】2017年10月27日(金)【投稿者】たびらい編集部

あわせて読みたい!

今、この宿、見られてます