佐賀の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. ふるゆ まつや/古湯温泉

ふるゆ まつや/古湯温泉

【投稿日】2016年12月16日(金)| 佐賀発

町の衣料品店が、“美と健康”の店にリノベーション

「ふるゆ まつや」のカフェコーナー

カフェとエステと洋服 ―― そんな“ビューティー&ヘルシー”な取り合わせで、石畳の真ん中に平成28年(2016)夏にオープンした店「ふるゆ まつや」。温泉利用客や町の住民に親しまれる“集い場”となっている。

前身は、地元の総合衣料品センター「松屋」。惜しまれつつも店を畳んだ元オーナーの娘(薬局経営・薬剤師)と孫娘(エステティシャン)の母娘が、「石畳通り空き家再生プロジェクト」の取り組みを知って一念発起。それぞれの技術を生かせる“美容と健康”をコンセプトに、この「まつや」をリニューアルオープンさせた。

まずは「カフェコーナー」。地元の天然水で抽出したコーヒーのほか、シシリアンドッグやぜんざい、ソフトクリームなどの軽食・甘味メニューを提供。人気メニューのシシリアンドッグは、隠し味にみそを効かせた和テイストで、鳥栖の麓の赤鶏や、富士町の手づくりパンなど、地元・佐賀の素材にこだわっている。

「ふるゆ まつや」のシシリアンドッグ
また、鶏肉をやわらかく甘く仕上げるために、大高酵素を使用しているのもポイント。薬剤師である現オーナー(娘)の“おいしくて、かつ体にいいものを”という想いが込められたメニューだ。

同店最大の特色でもあるカフェ奥の「エステコーナー」は、佐賀市内でエステティシャンをしていた店長(孫娘)が担当。30分で2980円という手頃な料金設定や、エステルーム前に設けられた幼児用のプレイスペースなどは、3人の小さな子どもを持つ母親ならではの心遣い。

例えば家族連れの場合、父と子どもがカフェでくつろいだり石畳を散策したりする間に、母親に30分の癒やしをプレゼント、という利用法も考えられる。

「ふるゆ まつや」カフェ奥にあるエステルーム

そして最後が、地元の利用客の要望に応えて復活した「衣料品コーナー」だ。湯上がりにも最適な肌着や下着、土産物にいい久留米絣のエプロンなど、温泉客にも便利なラインナップがそろう。こうして見れば、カフェとエステと衣料品という“三位一体”は、温泉街で理にかなったコラボレーションともいえる。

【カフェメニュー例】
シシリアンドッグ380円(ドリンクセット500円)/ソフトクリーム280円/白玉ぜんざい300円/スムージー250円/天然水コーヒー280円/天然水ルイボスティー150円

【エステ料金】
セルケアコース 30分2980円/マッサージコース 30分2980円/オプション(超音波10分、マッサージ10分、マスク10分) 各500円/ハンドマッサージ 10分500円/フットマッサージ 10分500円

【住所】
佐賀県佐賀市富士町古湯771

【電話番号(問い合わせ)】
0952-58-3918

【営業時間】
平日……10時~17時(エステの最終予約は16時)
土・日曜、祝日……9時~18時

【定休日】
毎週水曜、毎月第3火曜

⇒達人コラム「古湯観光 リノベーションされた温泉街と、自然スポットを楽しむ」

◇古湯温泉のおすすめ宿を予約
⇒推し宿予約へ

【投稿日】2016年12月16日(金)【投稿者】たびらい編集部

この記事を見ている人におすすめ情報