熊本の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 樅木の吊橋(もみぎのつりばし)/五家荘

樅木の吊橋(もみぎのつりばし)/五家荘

【投稿日】2016年07月08日(金)| 熊本発

深い渓谷に架かる木製の親子吊橋

二つの吊橋が平行した“親子吊橋”とも呼ばれる「樅木吊橋」

長さ72メートルの「あやとり橋」と、一段低い場所に架けられた長さ59メートルの「しゃくなげ橋」は、総称して「樅木の吊橋(もみぎのつりばし)」と呼ばれる。二つの吊橋が平行して架かっていることから“親子吊橋”とも呼ばれ、どちらの橋にも地元の杉や栗の木が使われている。

歩くとロープがぎしぎしときしみ、床板の隙間から険しい谷間がのぞくため、思わず足がすくむ。紅葉の名所としても知られており、秋には橋上からの壮大な渓谷美が見どころとなる。

もともとは藤の蔓(つる)や竹を編んで作られた原始的なかずら橋で、地元住民の生活のために使われていたが、昭和63年(1988)に現在の「あやとり橋」に架け替えられた。さらに平成元年(1989)に「しゃくなげ橋」が架けられてからは、五家荘有数の観光スポットとして知られるように。県道159号沿いには、この親子吊橋を一望できる展望台がある。

【住所】
熊本県八代市泉町樅木151

【電話番号(問い合わせ)】
0965-67-2111(八代市泉支所 総務振興課)
0965-36-5800(五家荘観光案内所)

【交通アクセス】
九州自動車道の松橋インターチェンジから国道218号・445号経由で約48キロ、約1時間20分

【駐車場】
あり(無料)


⇒達人コラム「五家荘 八代の秘境で出合う渓谷美」

【投稿日】2016年07月08日(金)【投稿者】たびらい編集部

この記事を見ている人におすすめホテル情報