北海道の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 松原温泉旅館/千歳市

松原温泉旅館/千歳市

【投稿日】2016年05月11日(水)| 北海道発

腐植質含有量が北海道一のモール泉

千歳市中心部から北に車で20分、松原温泉旅館は明治36年開業のかつて湯治で栄えたという老舗。「美人の湯」とも言われる成分、腐植質(モール)の含有量が多く、コーヒー色の滑りのある湯が特徴だ。浴槽は小さいながらもメインの重曹泉とサブで熱めの弱塩泉、2種類の異なる泉質が楽しめる。どちらも源泉加温掛け流しで、肌がすべすべになると評判。飲泉用の蛇口もあり、重曹泉は糖尿病や消化器炎、肝臓に効果が期待できるとされ、さらに「おいしい」とファンの間で人気がある。ただ、浴槽は広くなく3人入ると一杯になるほど。大所帯のグループにはお勧めしない。

また、日帰りの他に休憩室利用と入浴料がセットになった料金があり、1日中滞在して湯治のように何度も入浴することができる。


■松原温泉旅館
【住所】北海道千歳市泉郷708番地
【電話番号】0123-29-2536
【交通アクセス】札幌から車で60分(千歳東ICより7分)、新千歳空港より車で20分
【駐車場】有り
【営業時間】10:00~21:30(受付は21:00頃まで)
【定休日】隔週木曜日
【利用料金】入浴料大人500円、休憩室利用込み1日入浴料大人850円

【投稿日】2016年05月11日(水)【投稿者】たびらい編集部

この記事を見ている人におすすめ情報