長崎の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. グラバー園の後に立ち寄りたい、カステラ本家福砂屋本店

グラバー園の後に立ち寄りたい、カステラ本家福砂屋本店

【投稿日】2016年01月07日(木)| 長崎発

日本のカステラの元祖の味を堪能しよう

鎖国中の江戸時代より異国との交流のあった長崎には、当時から多くの西洋文化を取り入れてきた。それを知るための重要な証明となるのがグラバー園だ。スコットランドからやってきたグラバー氏の邸宅を中心にいくつもの洋館が点在するこのエリアから当時の長崎と異国との交流を知ることができる。

 当時、長崎に西洋からやってきたのは、こういった建築のみではない。現在は日本でも洋菓子の定番となっているカステラも当時、オランダから長崎に持ち込まれたものとされている。時には和菓子に分類されてしまうこともあるほどに定番となったカステラを長崎で味わうとまた少し違った灌漑にふけることができるかもしれない。

 グラバー編からカステラ本家福砂屋本店へは、長崎南部を走る国道499号を走行するルートで約1.7キロ、所要時間は7分である。
長崎の格安レンタカーを比較・予約!たびらい九州レンタカー予約【早割で最大55%OFF】

【グラバー園⇔カステラ本家福砂屋本店】
<距離>=約1.7キロ
<所要時間>=約7分
※Google Mapで算出した距離と所要時間です。目安としてご利用ください。

▼グラバー園からカステラ本家福砂屋本店への地図

大きな地図で見る

【投稿日】2016年01月07日(木)【投稿者】たびらい編集部