福岡の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 門司港の後に立ち寄りたい、カモンワーフ

門司港の後に立ち寄りたい、カモンワーフ

【投稿日】2016年01月07日(木)| 福岡発

海を渡った向こうを楽しんでみよう

門司港を十分に満喫することができたら、次は海を渡ってみよう。関門トンネルを通過すればほんの数分で本州へ入ることができる。本州の入り口にあたる下関にも多くの観光スポットがあるが、門司から行くのであれば、関門海峡を挟んでちょうど向かいにあるカモンワーフへ行ってみよう。

 構造は門司海峡プラザと似たつくりになっているが、やはり下関ならではの特色が出ている。特産品であるふぐやクジラの加工食品なども多く取り扱っており、全国への配送も可能となっているため、お土産を購入する際にもとても便利だ。

 門司港からカモンワーフへは九州と本州をつなぐ関門トンネルと下関市内を走る県道57号を走行するルートで約8.4キロ、所要時間は19分となっている。下関市内のメインストリートを通過するルートとなるため、朝夕のピーク時には渋滞に巻き込まれてしまう恐れもあるので注意したい。また、時間帯によってはバス専用レーンもあるため気を付けよう。
福岡の格安レンタカーを比較・予約!たびらい九州レンタカー予約【早割で最大55%OFF】

【門司港⇔カモンワーフ】
<距離>=約8.4キロ
<所要時間>=約19分
※Google Mapで算出した距離と所要時間です。目安としてご利用ください。

▼門司港からカモンワーフへの地図

大きな地図で見る

【投稿日】2016年01月07日(木)【投稿者】たびらい編集部

この記事を見ている人におすすめ情報