大分の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 大分空港から耶馬溪までの距離と所要時間の目安

大分空港から耶馬溪までの距離と所要時間の目安

【投稿日】2016年01月07日(木)| 大分発

手つかずの自然が残る渓谷をドライブ

緑あふれる耶馬渓。秋は紅葉ドライブが楽しめる

大分空港から耶馬渓へは、高速利用で1時間30分。空港から杵築沿海路(国道213号)、大分空港道路、日出バイパスを経由し、速見ICからに入り、宇佐別府道路へ。安心院ICを降り、県道42号、国道500号などを経由すれば到着だ。距離は約77キロ。

 一般道利用の場合は1時間50分。空港から杵築沿海路(国道213号)、大分空港道路を経由し、国道10号を北上。宇佐市内を経由して国道212号を南下すれば着く。距離は約90キロ。

 奇岩や渓流が織りなす渓谷美が、訪れたものの目を釘付けにする耶馬渓。手つかずの自然の中をドライブすれば、気分も爽快になること間違いなし。立ち寄りスポットとしては、享保20年(1735)に禅海和尚が30年の月日をかけて掘り抜いたという青の洞門がおすすめ。そそり立つ岩をくり抜いたトンネルで、現在は車で通れるようになっている。
大分空港の格安レンタカーを比較・予約!たびらい九州レンタカー予約【早割で最大55%OFF】

【大分空港⇔耶馬渓】
<距離>=約77キロ
<所要時間>=一般道利用で約1時間50分
           高速利用(速見IC~安心院IC)で1時間30分
<高速料金>=速見IC~安心院ICまで普通車で400円

【メモ】
<青の洞門>
住所=中津市本耶馬渓町曽木
電話=0979-52-2211

【投稿日】2016年01月07日(木)【投稿者】たびらい編集部

この記事を見ている人におすすめ情報

関連タグ