大分の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 大分空港から臼杵までの距離と所要時間の目安

大分空港から臼杵までの距離と所要時間の目安

【投稿日】2016年01月07日(木)| 大分発

絶景の海を眺めながら佐賀関半島をぐるりドライブ

旅のハイライトは国宝の臼杵大仏が出迎えてくれる

大分空港から臼杵へは、高速道路を使って約1時間20分。空港から杵築沿海路(国道213号)を経由し、大分空港道路から日出バイパスの日出ICへ。大分自動車道方面に進み、日出JCTを大分方面に向かう。大分から東九州自動車道を通り、臼杵ICで降りれば着く。距離は約90キロ。

 一般道を利用する場合は、杵築沿海路(国道213号)から国道10号を南下。犬飼を過ぎて日向街道(国道502号)に入りしばらく走ると到着する。距離は約80キロ。所要時間は約1時間50分。

 時間があるなら、海岸線に沿って走る国道197号と国道217号を利用し、佐賀関半島をぐるりとドライブするのもおすすめ。途中の道の駅さがのせきでは、名産の関さば、関あじを使った料理が味わえる。店内からは青くきらめく別府湾が一望できる。
大分空港の格安レンタカーを比較・予約!たびらい九州レンタカー予約【早割で最大55%OFF】

【大分空港⇔臼杵】
<距離>=約90キロ
<所要時間>=一般道利用で約1時間50分
           高速利用(日出IC~臼杵IC)で約1時間20分
<高速料金>=日出IC~臼杵ICまで普通車1850円

【メモ】
<道の駅 さがのせき>
住所=大分市大平989-6
電話=097-576-0770
営業=9時~18時(食事処は10時30分~OS16時30分)/無休

【投稿日】2016年01月07日(木)【投稿者】たびらい編集部

この記事を見ている人におすすめ情報

関連タグ