長崎の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 長崎空港から武雄温泉までの距離と所要時間の目安

長崎空港から武雄温泉までの距離と所要時間の目安

【投稿日】2016年01月07日(木)| 長崎発

肥前国風土記にも記された由緒正しい温泉地へ。所要約45分

楼門を中心に武雄温泉街は広がっている

長崎空港から武雄温泉へは高速道路を使って約45分。空港ターミナルを出て県道38号を直進。大村ICから長崎自動車道に入り、佐賀・佐世保方面へ25分ほど走る。武雄北方ICで降り、10ほど走れば武雄市街に着く。高速道路利用の場合の距離は約50キロ。高速料金は1150円。

 一般道を利用するなら車で約1時間。空港から県道38号に入り、海沿いの国道34号を45分ほど走り、武雄警察署前の武雄市下西山交差点から県道24号へ。そのまま直進すれば目的地だ。距離は約44キロ。

 国道34号を走っていると、平地としては珍しく高さ11mの落差を持つ轟の滝と出合う。周辺は遊歩道が造られ、轟の滝公園として整備されているので、運転に疲れたら散策してみては? さらにその先には、日本三大美肌の湯で知られる嬉野温泉がある。湯上りには、一皮むけたようなツルツル肌になると女性に人気の温泉だ。目的地の武雄温泉と浸かり比べてみよう。
長崎空港の格安レンタカーを比較・予約!たびらい九州レンタカー予約【早割で最大55%OFF】

【長崎空港⇔武雄温泉】
<距離>=約44キロ
<所要時間>=一般道利用の場合は約1時間
       高速利用(大村IC~武雄北方IC)の場合は45分
<高速料金>=大村IC~武雄北方ICまで普通車1150円

【メモ】
<轟の滝公園>
住所=嬉野市嬉野町大字岩屋川内
電話=0954-42-0982

<嬉野温泉>
日本三大美肌の湯。8世紀の『肥前国風土記』にもその名が見られる佐賀の名湯のひとつ。ナトリウムを多く含む重曹泉で、湯上がりは肌がツルツルに。江戸時代にドイツ人医師シーボルトも立ち寄った記録も残る。霧深い山々に囲まれた嬉野温泉一帯は銘茶の産地としても知られるほか、名物の湯豆腐も人気だ。

【投稿日】2016年01月07日(木)【投稿者】たびらい編集部