熊本の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 濃霧が突然発生したときの対処法は?

濃霧が突然発生したときの対処法は?

【投稿日】2016年01月07日(木)| 熊本発

突然の濃霧でも焦らずゆっくり。歩行者には十分注意を

濃霧に出合ったら、焦らずゆっくり。場合によっては路肩で休憩

夜間に山間部を走行していると濃霧が発生し、突然数メートル先さえ見えなくなることがある。標高の高い大分自動車道は、霧発生により通行止めになることも多い。熊本市内から阿蘇の大観峰に向かう途中のミルクロードは霧の名所とも呼ばれ、霧が出るとしばしば走行が困難な状況になる。

 濃霧時の運転に自信のない人は、焦らず安全な場所へ車を移動し、霧が晴れるのを待つこと。また、霧の場合のヘッドライトは、一般にロービームがよいと聞いている人がいるかもしれないが、どちらがいいとは一概にはいえない。より見えやすい方に切り替えよう。雨の場合と同じく、霧が発生すると窓が曇りやすくなることも。

 山間部以外でも、熊本県の人吉市など盆地になっている街中で濃霧が発生することもある。その際には、歩行者に細心の注意を払い、スピードを落としてゆっくり走行する。

【投稿日】2016年01月07日(木)【投稿者】たびらい編集部

この記事を見ている人におすすめ情報

関連タグ