1. 定山渓温泉渓流鯉のぼり|大小約400匹の鯉が、温泉街の豊平川上空を優雅に泳ぐ

定山渓温泉渓流鯉のぼり|大小約400匹の鯉が、温泉街の豊平川上空を優雅に泳ぐ

【投稿日】2018年04月10日(火)| 北海道発

定山渓温泉渓流鯉のぼり

“札幌の奥座敷”とも称される定山渓温泉は、北海道を代表する温泉地のひとつ。札幌市内中心部から車やバスで約60分という距離感も人気の理由です。

その定山渓温泉の春の風物詩と言えば、昭和62年(1987)から続く「定山渓温泉渓流鯉のぼり」です。

定山渓温泉渓流鯉のぼり

▲この時期に桜と鯉のぼりのコラボレーションが楽しめるのも、北海道ならでは。

定山渓温泉渓流鯉のぼりは「来客者が春の温泉街で思い出をつくれるように」というコンセプトのもと、鯉のぼりを掲揚したのが始まり。大小約400匹の色とりどりの鯉のぼりが連なり、温泉街の豊平川上空を舞う姿は圧巻です。

定山渓温泉渓流鯉のぼり

温泉街にある定山渓神社にも鯉のぼりが掲揚されています。春の短い新緑の時期にだけ起きる春紅葉(はるもみじ)も見られるかも。

掲揚される鯉のぼりは、すべて北海道内の家庭・職場などで不要になったものを譲り受けたもの。定山渓観光協会では毎年3月前半に募集期間を設けているので、興味のある人は観光協会の公式サイトをチェックしてみてください。

■定山渓温泉渓流鯉のぼり
【開催日】例年4月中旬~5月上旬
※平成30年(2018年)は4月14日(土)~5月6日(日)
【掲揚区間】豊平川上空(定山渓ホテル~定山渓観光ホテル山渓苑間の約100メートル、ホテル鹿の湯~章月グランドホテル間の約90メートル、定山渓神社、足湯施設など)
【料金】入場無料
【駐車場】定山渓公共駐車場30台(無料)
【問い合わせ(TEL)】011-598-2012(定山渓観光協会)
【公式サイト】http://jozankei.jp/




春先の温泉に浸かってゆったり♪推し宿特集「定山渓で大浴場が自慢の宿」

【投稿日】2018年04月10日(火)【投稿者】たびらい編集部

あわせて読みたい!

今、この宿、見られてます