北海道の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 羊ヶ丘展望台スノーパーク/札幌市

羊ヶ丘展望台スノーパーク/札幌市

【投稿日】2016年12月16日(金)| 北海道発

さっぽろ羊ヶ丘展望台で雪遊び!

クラーク博士像が建つ「さっぽろ羊ヶ丘展望台」で、毎年の恒例イベントとなった「羊ヶ丘展望台スノーパーク」。羊ヶ丘の広大な敷地の中で、さまざまな雪遊びを体験できる。

「羊ヶ丘展望台スノーパーク」で体験できる遊びは、「ミニ雪だるま作り」や、雪原をゆっくり散策する「歩くスキー」、チューブで滑る「チューブそり滑り台」、ふかふかのパウダースノーに飛び込む「新雪ダイビング」など多数。

平成27年(2016)には、「スノーストライダー」が新登場した。「スノーストライダー」とは、ペダルのないランニングバイクのタイヤに小さなスキー板の様なアタッチメントを装着した乗り物。雪上をスイスイすべって楽しめる。2~5歳限定のアクティビティとして行われるので、小さな子供がいる家族連れにはおすすめの遊びだ。

イベントは期間中連日開催。雪遊びの体験料は無料(入場料は必要)。観光で訪れた人も気軽に楽しめるよう、ジャンパーの無料貸出しも行っている。

■羊ヶ丘展望台スノーパーク
【開催日時】例年1月上旬~3月上旬/2017年開催日:1月6日(金)~3月5日(日)10時~15時(受付は14時45分まで)
 ※積雪状況により開催期間を変更する場合や天候によりイベントを中断・休止する場合あり。
【参加料金】無料
 ※別途、入場料金が必要(大人:520円、子ども:300円)
【場所】さっぽろ羊ヶ丘展望台(北海道札幌市豊平区羊ヶ丘1番地)
【駐車場】100台(無料)
【公式サイト】http://www.hitsujigaoka.jp/news/index.html

【投稿日】2016年12月16日(金)【投稿者】たびらい編集部

この記事を見ている人におすすめ観光情報

この記事を見ている人におすすめホテル情報