北海道の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 八窓庵/札幌中島公園

八窓庵/札幌中島公園

【投稿日】2015年09月15日(火)| 北海道発

八つの窓を持つ茶室

八窓庵

中島公園の日本庭園にひっそりとたたずむ茶室・八窓庵。江戸初期の茶人・小堀遠州によって設計された茶室で、元々は遠州の居城があった近江(現在の滋賀県)小室城内にあったもの。その後、紆余曲折を経て滋賀県長浜市に移っていた茶室を、実業家の持田謹也氏が買い取り、大正8年(1919)に持田の札幌の自宅へ移築された。その際に三分庵などの茶室が新たに加えられ、現在の姿に。昭和26年(1951)には札幌市へ寄付され、中島公園へと移された。

茶室には8個の窓が設けられ、「八窓庵」という名前もこれに由来。通常内部は公開していないが、古来の名園を参考に造園された日本庭園と合わせて、その趣ある建物外観を見学できる。

【住所】札幌市中央区中島公園1 日本庭園内
【交通】地下鉄:南北線中島公園駅から徒歩約5分
【駐車場】近隣の有料駐車場を利用
【問い合わせ】011-531-0029/現地警備員詰所
【営業時間】9時~17時
【閉園時期】冬期間(11月上旬~4月下旬)
【入場料】無料
【備考】URL http://www.sapporo-park.or.jp/nakajima/

【投稿日】2015年09月15日(火)【投稿者】たびらい編集部

この記事を見ている人におすすめ観光情報

この記事を見ている人におすすめホテル情報