北海道の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 小樽ゆき物語

小樽ゆき物語

【投稿日】2015年11月03日(火)| 北海道発

小樽運河が青く染まる2カ月間

小樽は運河やガラス工芸、また歴史的建造物の鑑賞も魅力的な観光地である。この小樽で平成17年(2005)から始まった「小樽ロングクリスマス」が、平成25年(2013)から「小樽ゆき物語」となって例年冬に開催されている。

一番の目玉は「青の運河」と題されたイルミネーション。青色のLEDを約1万球使った演出により、小樽運河が2カ月の間、幻想的に彩られる。運河プラザには市民手作りのワイングラスタワーが設置。光り輝く3メートルのタワーに2000個ものワイングラスが使われるという豪華さだ。また、JR小樽駅では「ガラスアートギャラリー」と題し、小樽市内のガラス工房による10のアート作品が展示される。作品のテーマは「雪」「冬」「小樽」のいずれか。小樽駅に降り立つ観光客を優しく出迎える作品群である。

例年、観光客・市民から高い人気を得ているのが「浮き玉ツリー」だ。これは運河プラザの前庭に設置したツリーにガラス製の浮き玉200個に電飾をあしらったもので、撮影スポットとしても人気。

平成27年(2015)には隣町の余市町で「余市ゆき物語」も始まった。これと合わせて楽しめる周遊キットや周遊フリーきっぷなども発売されている。

【日程】例年11月中旬~2月中旬/2016年開催日:11月12日(土)~2017年2月12日(日)
【会場】小樽運河プラザ、JR小樽駅、他市内各所
【交通】JR:函館本線小樽駅より徒歩約10分
【駐車場】なし
【問い合わせ】0134-33-2510 一般社団小樽観光協会
【公式サイト】http://www.otarusnowstory.com/

【投稿日】2015年11月03日(火)【投稿者】たびらい編集部

この記事を見ている人におすすめ情報