北海道の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 地獄の谷の鬼花火/登別温泉

地獄の谷の鬼花火/登別温泉

【投稿日】2016年07月12日(火)| 北海道発

雰囲気たっぷりの地獄谷で「湯鬼神」がきれいな花火を打上げる

登別市には「地獄谷」という少々おどろおどろしい名前の温泉地があります。

直径450メートルもの爆裂火口跡から毎分3000リットルが湧き出る温泉水は名湯で名高い登別温泉の源泉です。地獄谷周辺は濃い湯気と硫黄の臭いに満たされ、ある種、異形の世界といった雰囲気です。

登別の観光名所としても知られ、歩いて10分程度で周遊できる遊歩道が設けられています。遊歩道先の展望台から見渡す地獄谷の様相は、日本古来の地獄絵図に描かれた世界を想起させ迫力満点。地獄谷から20分ほど歩くと大正時代に起きた小爆発で生まれた「大正地獄」があり、7色に変わりゆく源泉を見ることができます。また、この周辺は新緑や紅葉の美しさに定評があり、四季を通じ美しい景色を楽しませてくれるスポットです。

この地獄谷では6~8月になると、毎週木曜・金曜に幻想的な花火のイベントが催されています。それが「鬼火が誘う地獄の谷 地獄の谷の鬼花火」です。日も暮れた20時30分、ほの暗いあたりに漂う白煙と周囲の山肌が幻想的な雰囲気を醸し出す中で、鬼の面を被った打上師が手筒花火を抱え、次々に花火を打上げる迫力あるイベントです。この祭りは人々の幸せと無病息災、厄払いを祈願するもの。打上師たちが被る鬼の面は、かつて地獄谷に棲んでいたと語り継がれる「湯鬼神」という伝説の鬼を模したものです。夜空に舞う花火の美しさと自然の景色、そして伝説を訪ねるひとときをぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

会場では、階段を椅子替わりに利用できますが、座席数に限りがあるため早めの来場がおすすめです。

【2017年度開催日】6月、7月(毎週木曜・金曜開催)
【時間】20時30分~21時
【会場】地獄谷展望台
【観覧料金】無料
【駐車場】あり、160台(有料、500円)
【問い合わせ(電話番号)】TEL. 0143-84-3311 (登別観光協会)
【公式サイト】http://www.noboribetsu-spa.jp/?events=onihanabi

【投稿日】2016年07月12日(火)【投稿者】たびらい編集部

この記事を見ている人におすすめ観光情報

この記事を見ている人におすすめホテル情報