1. 第37回洞爺湖ロングラン花火大会|湖上に扇型に開く「水中花火」に注目!

第37回洞爺湖ロングラン花火大会|湖上に扇型に開く「水中花火」に注目!

【投稿日】2018年04月09日(月)| 北海道発

湖畔や遊覧船から見る毎日開催の花火大会

洞爺湖ロングラン花火大会

札幌市街から車で約2時間30分、北海道有数の温泉地として人気の洞爺湖温泉。毎年4月下旬から楽しめるのが、湖上から打ち上げられる「洞爺湖ロングラン花火大会」です。

開催期間が4月下旬から10月までと長いのも特徴ですが、荒天時を除き期間中毎日行われるというのも喜ばれている理由。20時45分から約20分間にわたって450発の花火が打ちあがり、湖上に扇型に開く「水中花火」はこの花火大会の代名詞と言えます。

洞爺湖ロングラン花火大会

▲船で移動しながら花火をあげるので、洞爺湖温泉街の湖沿いからであれば、どこからでも花火を見ることが可能です。

洞爺湖汽船が運営する、中世の古城をイメージした遊覧船「エスポアール」がこの期間は花火鑑賞船に。乗船は有料ですが、ナイトクルージングに参加すれば、間近で迫力の花火を楽しむことができるのでおすすめです。

洞爺湖ロングラン花火大会

毎年、ロングラン花火大会期間中の一定日には「大玉水中花火5連発」という企画も。1玉直径400メートル、高さ150メートルもある一尺5寸の水中花火を5連発で打ち上げ。華やかな花火が約2キロに渡り、洞爺湖畔を彩ります。

洞爺湖は支笏洞爺国立公園にあり、北海道で3番目に大きなカルデラ湖。湖の中央にある4つの島は「中島」と呼ばれ、緑の原生林が残り、エゾシカや野鳥などの動物が住んでいて、遊覧船などで上陸して散策も可能です。温泉のほかにも乗馬やカヌーも楽しめるので、詳細は洞爺湖温泉観光協会の公式サイトを確認してくださいね。

■洞爺湖ロングラン花火大会
【開催日時】例年4月下旬~10月末(荒天時中止)
※平成30年(2018)は4月28日(土)~10月31日(水)止
※大玉水中花火5連発は平成30年(2018)9月1日(土)に実施予定
【時間】20時45分~21時5分
【会場】洞爺湖温泉湖畔
【住所】北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉
【交通アクセス】洞爺湖温泉バスターミナルより徒歩約5分
【問い合わせ(TEL)】0142-75-2446(洞爺湖温泉観光協会)
【洞爺湖温泉観光協会 公式サイト】http://www.laketoya.com/

【投稿日】2018年04月09日(月)【投稿者】たびらい編集部

あわせて読みたい!

今、この宿、見られてます