1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 鹿児島観光情報
  4. 種子島宇宙センター 現地編集部が徹底ガイド
 
種子島宇宙センター

種子島宇宙センター
現地編集部が徹底ガイド

更新:更新:2019年3月22日

鹿児島の南、種子島東南端の海岸線に位置する「種子島宇宙センター」。世界一美しいロケット発射場としても有名で、総面積約970万平方メートルにもおよぶ日本最大のロケット発射場です。センター内には、「大型ロケット発射場」、「衛星組立棟」、「衛星フェアリング組立棟」などの設備があり、一部の施設は実際に見学も可能。さぁ、日本一を誇るロケット発射場へ、学びと感動の旅に出かけましょう。

         

[たびらいセレクション]

施設内

種子島宇宙センター
見学ツアーに参加しよう

   
パンフレット
せっかく来たなら、専任ガイドさんによる解説付きの「施設案内ツアー」に参加しましょう。打ち上げ関連施設や普段見ることのできない場所などを案内してくれます。
バスからの風景
移動は専用のバスで。
車内からは種子島の美しい景色を眺められますよ。
ロケットガレージ
まず最初に案内されたのは「ロケットガレージ」。打ち上げが中止された本物のH-Ⅱロケット7号機を中心に、ロケットの部品が展示されています。ロケットを移動発射台ごと運搬する運搬台車「ドーリー」のタイヤは、実際に触ることも。
H-Ⅱロケットは日本が約10年かけて開発した液体燃料ロケット。
1994年から1999年までに7機打ち上げられたそう。
全長50メートルもある機体の大きさにびっくり! 右はロケット下部の第1段機体、左はその上に接続する第2段機体です。
多目的鉄塔
ロケットガレージの後は「大型ロケット発射場」へ。
ロケットの組み立てから整備、打ち上げまでを実施する施設です。
射点
こちらは移動発射台(ML)。打ち上げの際は28軸56輪の巨大な移動発射台運搬台車「ドーリー」を2台使って射点に運ばれます。普段なかなか見れる機会がないので、タイミングよく出会えたらラッキーですよ。
バス車内説明
射場内はバスから降りての見学はできませんが
ガイドさんによる場内の説明を聞くことができます。
総合指令棟
最後は「総合指令棟」を見学。ロケットの発射前作業や発射・追尾など打ち上げに関する作業の指示全般を担っています。
 
種子島宇宙センターで1日3回無料で行われている「施設案内ツアー」では、本物のH-Ⅱロケット7号機を格納している「ロケットガレージ」や、ロケットの組み立てや実際の発射、ロケット打ち上げ作業の際に使用する「大型ロケット発射場」、ロケットの発射前作業や、地上安全、発射・追尾などの作業を指令する「総合指令棟」の3か所を見学することができます。(※見学場所は都合により変更する場合があります)普段見ることのできないロケット発射までの裏側を見学できるほか、ガイドさんによるわかりやすい説明によって、さらに理解を深められます。種子島宇宙センターに来たら絶対に外せないツアーです。

施設案内ツアー

【ツアー実施時間】
1便:11時~12時15分、2便13時30分~14時45分、3便:15時30分~16時45分
【運休日】毎週月曜(月曜が祝日の際は翌日)
【場所】鹿児島県熊毛郡南種子町茎永字麻津
【料金】無料
【電話番号(問い合わせ)】0997-26-9244

[たびらいセレクション]

   
入口

宇宙科学技術館で
ロケットの仕組みや歴史を学ぶ

ロケットエリア
宇宙科学技術館では、ロケットの部品に触れるコーナーや宇宙・ロケット関連の展示などが行われています。入口付近にある「リフトオフシアター」では、ロケットの組み立てから打ち上げの瞬間までを、大型壁面スクリーンと床面映像で再現。臨場感たっぷりで、本当に眺めているような気分になります。
スモーク
打ち上げの瞬間、音と同時にスモークが発生。
リアルな表現に思わずびっくり…!
H-Ⅲロケット
2020年度に打ち上げが予定されている「H-Ⅲロケット」の模型も設置されていました。打ち上げが楽しみですね。
ロケット設計ゲーム
こちらは「ロケット設計ゲーム」。
ロケットの部品を土台から積み上げていくクイズ式のゲームです。
専門用語も登場するので、なかなか難しい…。
手形
歴代の宇宙飛行士の手形も展示されています。憧れの宇宙飛行士の手形と手を合わせてみて。
エンジン
H-Ⅱロケットに搭載されている「LE-7エンジン」の実寸大模型。
「2段燃焼サイクル」というシンプルな構造が取り入れられているそう。
シアターホール
シアターホールでは、ロケット発射場から3キロ地点で取得した発射時の音響を疑似体験できます。※大変大きな音が出るため、妊娠中の方、心臓の弱い方などにはおすすめできません
ミュージアムショップ
館内を回った後は、お土産タイム!ここでしか買えないアイテムもあるので、ぜひチェックしてみて。
外画像
施設の外にある実物大のロケットと記念撮影。撮影スポットがあるので、タイマー設定ができるカメラなら、大人数でも撮影可能ですよ。
 
宇宙科学技術館ではロケットを中心に、人工衛星、国際宇宙ステーション、月・惑星探査などについて展示・紹介されています。2017年にリニューアルした館内の入口付近にあるリフトオフシアターは大迫力のロケット打ち上げをいつでも何度でも体験できる映像体験施設。大型の壁面スクリーンと床面映像、音やスモークで、打ち上げを発射場間近で見上げているような臨場感たっぷりな体験ができます。

宇宙科学技術館

【営業時間】9時30分~17時
【休館日】毎週月曜
(月曜日が祝日の場合は火曜。8月は原則無休)、年末年始(12月29日~1月1日)
【場所】鹿児島県熊毛郡南種子町大字茎永字麻津
【料金】無料
【電話番号(問い合わせ)】0997-26-9244
【公式ページ】
http://www.jaxa.jp/about/centers/tnsc/index_j.html
もっと見る

[たびらいセレクション]

   
ジェラート

種子島宇宙センター周辺の
観光スポット&グルメ情報

種子島マングローブパーク

種子島マングローブパーク
南種子町にある貴重な動植物の宝庫「種子島マングローブパーク」へ。海水と淡水が入り混じる沿岸域にマングローブが分布しています。
種子島マングローブパーク2
約23000ヘクタールの地に高さ1メートル未満のメヒルギが密集しています。
あまり見ることのできない植物たちに、ワクワクドキドキ。
種子島マングローブパーク3
原生林をカヤックで移動することも。マングローブのトンネルに入れば、なんだか探検している気分に。

宝満神社

宝満神社1
種子島最古といわれる「宝満神社」。日本の初代天皇・神武天皇の母、玉依姫(たまよりひめ)を祀っています。
宝満神社2
植物に囲まれた参道を歩いていきます。南国感たっぷりです。
宝満神社3
数分で拝殿に到着。周囲にはソテツが生い茂り、荘厳な雰囲気が漂います。

種子島ジェラートHOPE

種子島ジェラートHOPE1
観光後は、島のスイーツも欠かせません。種子島ジェラートHOPEでは種子島の素材を使ったジェラートが味わえます。
種子島ジェラートHOPE2
常時10種類のフレーバーが提供されています。
人気はコクのある黒糖とチョコをミックスした
「とうきびチョコ」と、濃厚で香り高い「安納芋」。
種子島ジェラートHOPE3
ジェラートなので、ソフトクリームよりもさっぱり。小さなお子様にもちょうどよいサイズの「ピッコロ」もありますよ。その他店内ではパンや地ビール、アクセサリーなどの小物の販売も行われています。
 
島の大自然を体感するなら「種子島マングローブパーク」は欠かせません。高さ1メートル未満のメヒルギが密集しているこちらは、日本の重要湿地500にも選定されています。ヒメルギの根元をよく覗いてみると、カニやムツゴロウなどの生物がたくさん存在しています。訪れた際は、ぜひ下のほうも覗いてみて。宝満神社は種子島の中でも最古の神社といわれています。参道や拝殿近くには多くの南国植物が生い茂り、朱色と緑のコントラストが美しい神社です。観光を楽しんだ後は種子島ジェラートHOPEに立ち寄って。明るい店内では地元の食材を使った種類豊富なジェラートを販売しています。中で人気は「とうきびチョコ」と「安納芋」の2種。とうきびには、自社でつくった黒糖を使用し、チョコレートソースを混ぜてあります。優しい甘さで、意外にもさっぱりとした味が特徴です。また安納芋はスタッフさんがオーブンでじっくりと焼き、ペーストにして作っているそう。なめらかな舌触りと濃厚な安納芋の香りが楽しめる一品です。

種子島マングローブパーク

【営業時間】なし
【休園日】なし
【場所】鹿児島県熊毛郡南種子町平山
【料金】無料

宝満神社

【営業時間】なし
【定休日】なし
【場所】鹿児島県熊毛郡南種子町茎永3786

種子島ジェラートHOPE南種子本店

【営業時間】11時~18時(オフシーズンは17時)
【定休日】火曜(長期休暇は除く)
【場所】鹿児島県熊毛郡南種子町平山500-131
【問い合わせ】0997-22-9566
もっと見る

[たびらいセレクション]

   

九州のホテル通が選んだ
鹿児島ホテルランキング

鹿児島ホテルランキング

現地在住のローカル案内役が鹿児島のホテルを厳選!最安値で泊まれる宿、目的別の「推し宿」特集、満足度が高い施設ランキングで紹介。

詳細はこちら

鹿児島のホテルでよく見られている推し宿特集

[たびらいセレクション]

 

ローカル案内役
髙木 麻未(たびらい編集部)

福岡市出身。温泉とご当地グルメが大好きなたびらい編集スタッフ。最近ハマっていることは、温泉手帳片手に九州中の『ツウ』な温泉を探し当てること。

      

その他のエリアで楽しむ
ローカル旅行体験

鹿児島観光でしたい8つのこと、32の体験

鹿児島観光でしたい8つのこと、32の体験

鹿児島の定番観光だけではない、「ローカル旅行」の楽しみ方を、たびらいが実際に歩き、体験して考えました。温泉にグルメ、絶景スポットまで。あなたの知らない、ディープな“かごんま”旅行に出かけましょう。

詳細はこちら

     

今、この宿、見られてます

 
       

あわせて読みたい!

   

最新情報はこちらからチェック!

旬な観光情報を現地からお届け
×