1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 鹿児島観光情報
  4. 知覧武家屋敷 薩摩の小京都を現地編集部が徹底ガイド
知覧武家屋敷

知覧武家屋敷
薩摩の小京都を現地編集部が徹底ガイド

更新:2018年9月28日

今から約270年あまり前に、知覧領主が作らせた武家集落の名残といわれる「知覧武家屋敷」。美しい街並みは国の重要伝統的建造物群保存地区に指定され、代表的な7つの庭園は国の名勝にも選定されています。美しい武家屋敷と周囲の町並みの鑑賞ポイントを案内します。

[たびらいセレクション]

知覧武家屋敷

知覧武家屋敷
ここだけは外せない庭園3選

佐多美舟庭園

佐多美舟庭園
その①が、知覧庭園の中でもっとも広く豪華な「佐多美舟庭園」。通りから門へのアプローチは他の庭園に比べて奥行きが深く、二段になった門の屋根が格式の高さを感じさせます。美舟家はもともとは知覧領主の流れをくむ家柄で、江戸時代は知覧でも最高の役職を担っていました。
庭園
佐多美舟庭園は枯れ滝、築山、巨岩による
石組みなどで構成され、起伏に富んでいます。
知覧庭園の中では最も豪華で広い庭園だそう。

佐多直忠庭園

佐多直忠庭園
その②は佐多直忠庭園。特徴のひとつは、門から入ってすぐに突き当たる「屏風岩」。江戸時代中期の武家屋敷に見られる、防衛を兼ねた造りです。
築山
庭の北東隅には築山を設置し、高さ3・5メートルもある大きな立石とその下のたくさんの石組みで枯滝を表現しています。水墨画のような世界を味わってみて。
ウメ、イヌマキ
ウメ、イヌマキ(知覧ではヒトツバ)の古木を
交互に組み合わせた庭づくりは、
他の庭園では見られない手法。

森重堅庭園

森重堅庭園
その③は森重堅庭園。知覧城の出城、亀甲城の西麓に位置。知覧領主に重臣として仕えた、格式の高い家柄です。こちらの門構えも屋根が二重になっています。
池泉庭園
知覧武家屋敷群の中で唯一の池泉庭園。
近景の山や半島を表す奇岩怪石、
洞窟を表現した穴石など、水を生かした設計です。
縁側
大河ドラマ「西郷どん」で、沢村一樹さん演じる赤山靭負の屋敷としてロケが行われた森重堅邸。邸宅は一般公開はされていませんが、縁側で雰囲気を味わってみるのも一興です。
江戸時代に武家集落として設計された知覧の町並み。今でも知覧武家屋敷群の一帯に当時の面影が残っています。折れ曲がりながら続く本馬場通りは、時代劇のロケ地にも使われるほど雰囲気たっぷり。ていねいに刈り込まれた生け垣や家の格式によってきっちり区別された石垣の美しさから、1981年には国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。代表的な7つの庭園はそれぞれに独自の工夫が施され、見比べながら散策するうちに時間が経つのも忘れてしまいそうです。

[たびらいセレクション]

矢櫃橋

知覧武家屋敷
周辺散策もおもしろい

矢櫃橋
知覧城の出城、亀甲城の麓に架けられた「矢櫃橋」は、南九州市の指定文化財です。江戸時代のシンプルなアーチ橋は、なんだか神秘的な雰囲気。
水路
武家屋敷群と並行して走る県道23号沿いには、清流が流れる水路があります。
爽やかな水音を聞きながら歩けば、散策の疲れも忘れてしまいそう。
鯉
清流のところどころには、なんと鯉の姿が。清流のそばで錦鯉を鑑賞するのもオツですね。
大心寺
江戸時代に知覧領主の別邸があったといわれる「大心寺」。
境内に一歩踏み込めば、静かな佇まいに心が洗われるような気がします。
大心寺の庭園
大心寺の庭園は、知覧領主の別邸の名残といわれています。規模こそ武家屋敷群に及びませんが、池と築山を巧みに配置した庭園には趣が感じられます。
富屋食堂
太平洋戦争当時、大勢の特攻隊員たちをお世話した鳥濱トメさんの「富屋食堂」。この建物は当時の姿を復元した資料館です。
資料館
資料館の中には、飛び立つ直前に特攻隊員たちが過ごした部屋が再現されています。平和な今だからこそ、戦争の悲しい記憶に触れてみませんか?
知覧武家屋敷周辺は、江戸時代から現代に至るまで知覧の中心として栄えてきました。市街地の東端にある「矢櫃橋」は、幕末に作られた石組みのアーチ橋です。武家屋敷群から西には、江戸時代に知覧領主の別邸があったといわれる大心寺があり、今も庭園が残されています。さらにその近くには、太平洋戦争当時、特攻隊員たちに慕われた鳥濱トメさんの「富屋食堂」が資料館として復元されています。時間があれば、タイムカプセルのような町並みをぜひ探索してみましょう。

ホタル館 富屋食堂

【住所】鹿児島県南九州市知覧町郡103-1
【営業時間】9時~17時
【定休日】年中無休
【入館料】大人500円、小・中学生300円
【問い合わせ(TEL)】0993-58-7566
【公式サイト】http://www.chiran.co.jp/
もっと見る

[たびらいセレクション]

薩摩英国館

知覧武家屋敷の
グルメ&お土産

薩摩英国館

薩摩英国館
真っ赤な2階建てバスがトレードマークの「薩摩英国館」。ティールームでは英国式の優雅なティータイムを楽しめます。スコーンセット(カップの紅茶670円/税抜き、ポットの紅茶870円/税抜き)は一番人気。
ミュージアムショップ
国産品種の「夢ふうき」をはじめ、オリジナルの紅茶やブレンドティーを購入できるミュージアムショップ。自宅でもアフタヌーンティーを楽しめますよ。

詳細はこちら

cafe201

cafe201
県道23号線沿いのcafe201は、女性店主こだわりのコーヒーとスイーツを味わえるカフェ。ホットドックやハンバーガーのランチもおすすめです。
天幕を張ったユニークなコーナー
広々とした店内には、天幕を張ったユニークなコーナーもあります。友達同士やカップルでゆったりくつろげますよ。
知覧茶セット
知覧茶セット(500円/税抜き)は、知覧名物の「知覧茶」と店主手作りの焼き菓子を楽しめます。武家屋敷庭園の散策に疲れたら、ここで一息つきましょう。

詳細はこちら

知覧平武家屋敷群の周辺には、それぞれ個性的なカフェやランチの店がたくさんあります。中でも代表的なのは、県道沿いの赤い2階建てバスが目を引く「薩摩英国館」。国産品種の「夢ふうき」で作った紅茶は、店主自慢の味わい。本場イギリスで学んだスコーンも味わえます。武家屋敷群から川を挟んだ対岸には、こだわりのコーヒーと手作りスイーツが特徴のcafe201があります。鹿児島の特産品をアレンジしたホットドックやハンバーガーは、ランチタイムのスペシャルメニューです。
もっと見る

[たびらいセレクション]

指宿ロイヤル

知覧武家屋敷周辺で宿泊
おすすめ宿情報

中島温泉旅館

中島温泉旅館
西郷どんも訪れた名湯。1日3組限定の老舗純和風旅館。薩摩の魅力が詰まったもてなし料理を個室で。

詳細はこちら

指宿温泉 指宿ロイヤルホテル

指宿温泉 指宿ロイヤルホテル
オーシャンビューの客室と絶景露天のスパリゾート。青い海と空に、緑の草木が南国感漂う絶景露天風呂を。

詳細はこちら

四季の杜 紫尾庵

四季の杜 紫尾庵
閑静な大自然の中に佇む大人の隠れ宿。わずか6室の離れで、源泉かけ流しの「美人の湯」を24時間満喫できます。

詳細はこちら

紫尾湯の宿 くすのき荘

紫尾湯の宿 くすのき荘
化粧水のようなトロトロ温泉がわく宿。紫尾神社の拝殿下から自然湧出している霊験あらたかな「神の湯」と自家源泉を堪能。

詳細はこちら

もっと見る

ローカル案内役
藤田 秀樹(たびらい編集部)

福岡県出身。九州内の食べ歩きスポットを探し続ける編集スタッフ。カメラ片手に友人・知人を巻き込んで観光スポットにも出没。

[たびらいセレクション]

鹿児島でローカルの魅力に触れる

今、この宿、見られてます

最新情報はこちらからチェック!

旬な観光情報を現地からお届け
×