1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 鹿児島観光情報
  4. 仙巌園のツウな巡り方を現地編集部が徹底ガイド
仙巌園

仙巌園の
ツウな巡り方を現地編集部が徹底ガイド

更新:2018年09月28日

江戸時代に薩摩藩を治めた島津家の別邸として、また一帯が「世界文化遺産(明治日本の産業革命遺産)」に登録されていることでも知られる仙巌園。鹿児島観光では欠かせないスポットのひとつです。今回はそんな仙巌園の中でも、知る人ぞ知るツウな見どころや楽しみ方を紹介します。

[たびらいセレクション]

仙巌園入口

仙巌園には
パワースポットが満載

猫神
全国でも珍しい「猫神」のお社。
約400年前に島津義弘が慶長の役に連れて行った7匹の猫のうち、
鹿児島へ帰ってきた2匹の猫を祀っています。
猫神絵馬
2匹の猫が描かれた「猫神絵馬」は、仙巌園を訪れる猫好きたちに大人気! ぜひここで愛猫の健康を祈ってみては?
竹林の水神
爽やかな竹林の中にある「竹林の水神」。
かつては仙巌園で一番きれいな水が湧き出る場所として
、殿様の飲み水にも利用されていたそうです。
近くには「岩穴の水神」もあります(※現在は通行止め)。
巨大な岩
散策道のすぐ脇に鎮座する、巨大な岩のかたまり。
実はここ、2種類のパワースポットが並ぶ珍しい場所なんです。
六地蔵
巨石の下に置かれているのは「六地蔵」。六角柱のそれぞれの面に、仏教の6つの世界を表すお地蔵さまが彫られています。
山神
巨石をぐるっと回り込むとてっぺんに「山神」の祠があります。岩を削った階段が苔むしていて、祠の周辺はとっても神秘的です。
約1万5000坪という広大な敷地を持つ、仙巌園。園内には大名庭園らしい池や建物だけでなく、島津家ゆかりの13の神社を合祀した「御庭神社」をはじめ、お地蔵さまや水神・山神の祠、さらには全国でも珍しい「猫神」の祠など、数々のパワースポットがあります。豊かな水と緑、自然の高低差に恵まれた仙巌園ならではのパワースポット巡りは、ウオーキングコースとしてもうってつけ。お殿様も愛した庭園の神秘を、ぜひ全身で感じてみて。

[たびらいセレクション]

トレッキング入口

仙巌園では
トレッキングも楽しめる

階段
全国各地の日本庭園・大名庭園の中でも、園内でトレッキングを楽しめるのは仙巌園ならでは。まずは準備運動を兼ねて、ゆっくり体を慣らしていきましょう!
登山道
薩摩藩のお殿様やイギリス公使パークスも登った登山道。
古い石積みの階段をたどれば、
タイムスリップしたような気分を味わえるかも。
足元にはじゅうぶん気をつけて。
木の橋
コースの途中には小さな流れをまたぐ木の橋も。
本格的な登山道を歩いていると、
日本庭園の中にいることをすっかり忘れてしまいそう。
展望台跡
登山道を半分過ぎたところに「観水舎」と呼ばれた展望台跡があります。
近くの岩には展望台のいわれを記した碑文が刻まれていて、雰囲気たっぷり。
時雨の滝
観水舎はこの「時雨の滝」を眺めるために作られた展望台。登山の足をちょっと止めて、お殿様こだわりの景色を楽しみましょう。
山頂
登山開始から約30分。眼の前が急に明るく開けてきたら、
そこは登山道のゴール「集仙台」です。
園内屈指の絶景まで、あとちょっと。
集仙台
集仙台からは錦江湾と桜島が一望できます。気持ちのいい風に吹かれながら雄大な景色を眺めれば、登山の疲れも吹き飛びます!
開聞岳
視線を動かせば、鹿児島港から鹿児島市街地までくっきり見渡せます。空気の澄んだ日ならはるか向こうに、薩摩富士の別名を持つ「開聞岳」が見えることも。
仙巌園の園内には、日本庭園・大名庭園としては非常に珍しい登山道があります。この道はもともと、25代島津重豪(1745〜1833)によって作られたもの。片道約550メートルの道の大半は苔むした石段になっており、今でも当時の雰囲気を感じられます。途中の展望台(観水舎)からはお殿様も愛した「時雨の滝」を、終着点の展望台(集仙台)からは「桜島〜錦江湾〜鹿児島市街地」と見渡せる絶景を楽しめるのが魅力です。登山道に入れるのは8時30分〜16時のため、時間管理には気をつけましょう。
もっと見る

[たびらいセレクション]

仙巌園茶寮

仙巌園の
グルメ&土産

仙巌園茶寮

抹茶とお菓子
2018年2月にオープンしたばかりの「仙巌園茶寮」。「抹茶とお菓子」(1000円/税込)は、上品なお抹茶と一口サイズの和菓子がセットになったもの。選べる和菓子の中には「かるかん」など鹿児島ならではのものもあります。
煎茶とお菓子
「煎茶とお菓子」(850円/税込)は、煎茶と和菓子のセット。こちらも4種類の中から和菓子が選べます。写真のお菓子は「飛龍頭」という仙巌園のオリジナル菓子です。

詳細はこちら

桜華亭

桜華亭
仙巌園のレストラン「桜華亭」は、庭園の一部や桜島が一望できる絶好のロケーション。開放的でありながら落ち着いた店内は、女性客にも大人気です。
鯛しゃぶ御膳
魚釣りが好きな島津斉彬公にちなんで作られた「鯛しゃぶ御膳」(1980円/税込)。特性のポン酢でいただく鯛のしゃぶしゃぶには、上品なうまみがぎゅっと詰まっています。

詳細はこちら

仙巌園ブランドショップ

仙巌園ブランドショップ
鹿児島の伝統工芸品などを扱う「仙巌園ブランドショップ」。ショッピングはもちろん、ミュージアム感覚で見学してみるのもいいですね。
薩摩切子
鮮やかな発色と精巧な細工が魅力の「薩摩切子」。お手頃なキーホルダーやアクセサリーは、自分へのご褒美にもぴったり。

スターバックスコーヒー鹿児島仙巌園店

スターバックスコーヒー鹿児島仙巌園店
仙巌園のすぐ近くにある「スターバックスコーヒー鹿児島仙巌園店」は、島津家ゆかりの登録有形文化財 「旧芹ヶ野島 津家金山鉱業事業所」を利用しています。築110年を超える洋館は雰囲気十分。
店内
店内はモダンにリノベーションされています。薩摩切子の模様になっているグリッドをモチーフにした照明や鹿児島県産の杉無垢材を張り合わせたテーブルなど、鹿児島ならではの内装を楽しんでみて。

詳細はこちら

仙巌園には、オシャレな和カフェ「仙巌園茶寮」や薩摩郷土料理が味わえる「桜華亭」、大人数の団体にも対応できるレストラン「松風軒」、気軽に楽しめる「両棒餅屋」など飲食店が充実しています。また伝統工芸品・薩摩切子を取り扱う「仙巌園ブランドショップ」、島津家にゆかりの深い鹿児島の名品を集めた「島津のれん」、幅広いお土産が取りそろう「薩摩のれん」など、各種ショップも豊富。庭園の外で休憩するなら、有形文化財の建物を使った「スターバックスコーヒー鹿児島仙巌園店」もおすすめです。
もっと見る

[たびらいセレクション]

霧の里 本館

仙巌園周辺で宿泊
おすすめ宿情報

中島温泉旅館

中島温泉旅館
西郷どんも訪れた名湯。1日3組限定の老舗純和風旅館。薩摩の魅力が詰まったもてなし料理を個室で。

詳細はこちら

紫尾湯の宿 くすのき荘

紫尾湯の宿 くすのき荘
化粧水のようなトロトロ温泉がわく宿。紫尾神社の拝殿下から自然湧出している霊験あらたかな「神の湯」と自家源泉を堪能。

詳細はこちら

妙見石原荘

妙見石原荘
風光明媚な自然に洗練されたおもてなしの宿。本館客室は5つの異なる趣き、好みで選べます。「特別室」の客室付き露天で最高の湯を。

詳細はこちら

霧の里 本館

霧の里 本館
霧島の山あいにひっそりとたたずむ、ログハウス調の隠れ宿。全室露天付きで、食事は自家農園で採れたハーブや野菜をふんだんに。

詳細はこちら

もっと見る

ローカル案内役
藤田 秀樹(たびらい編集部)

福岡県出身。九州内の食べ歩きスポットを探し続ける編集スタッフ。カメラ片手に友人・知人を巻き込んで観光スポットにも出没。

[たびらいセレクション]

鹿児島でローカルの魅力に触れる

今、この宿、見られてます

あわせて読みたい!

最新情報はこちらからチェック!

旬な観光情報を現地からお届け
×