1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 鹿児島観光情報
  4. 霧島アートの森 プラスαの巡り方を現地編集部が徹底ガイド
霧島アートの森

霧島アートの森
プラスαの巡り方を現地編集部が徹底ガイド

更新:2018年9月27日

豊かな緑に囲まれた「霧島アートの森」は、アート作品と自然を同時に楽しめる美術館です。野外展示の多くは間近で触れることができるので、インスタ映えする撮影スポットとしてもおすすめ。のんびりドライブしながら楽しめる、アートと絶景、グルメスポットをご紹介します。

[たびらいセレクション]

広大な芝生と23のアート作品

広大な芝生と23のアート作品
面白い写真の撮り方教えます

ほおずき・コブシの森
「ほおずき・コブシの森」は、等間隔のこぶしの木、それを囲むほおずきの実、格子状の床石をぜんぶひっくるめたスケールの大きいオブジェ。散策したり、のんびり休憩するのにぴったりの場所です。
野外広場の中で、ひときわ高くそびえる「男と女」
野外広場の中で、ひときわ高くそびえる「男と女」。
見る角度によって、男性にも女性にも見える巨大なオブジェです。
同じポーズをとって、一緒に記念撮影してみるのはいかが?
広々とした芝生に点在する、金色の豪華な額縁は「あなたこそアート」
広々とした芝生に点在する、
金色の豪華な額縁(?)は「あなたこそアート」。
一緒に撮影するときは、肖像画のようにかしこまってみるもよし、
こうやって絵の中に飛び込んでみるもよし。
金属で囲まれた通路が細く長く続く「べレシート(初めに)」
金属で囲まれた通路が細く長く続く「べレシート(初めに)」。壁や天井から薄く差し込む明かりと、突き当りからあふれてくる光が神秘的です。映画のワンシーンを狙ってみて。
森林の奥にたたずむ不思議なオブジェは「インサイダー」
森林の奥にたたずむ不思議なオブジェは「インサイダー」。
全部で5体の男性像はすべて作者の分身だそう。
作者の気持ちを想像しながら鑑賞してみましょう。
「霧島アートの森」の目玉となる常設展示は、野外に点在する23の芸術作品たち。大小さまざまな作品は、彫刻から建築物までバラエティ豊かです。ほとんどの作品は直接触れたり中に入ったりできるので、インスタ映えする写真も撮り放題。広い園内には森林ゾーンや芝生広場、いくつも枝分かれした散策道などがあるので、しっかり時間をかけて見学するのがおすすめです。

【備考】

草間彌生<赤い靴>2002年
草間彌生<シャングリラの華>2000年

[たびらいセレクション]

栗野岳レクリエーション村

霧島アートの森周辺へ
アート感じる絶景スポット

枕木階段を登った先にあるのは、栗野の街並みと伊佐平野を見渡す絶景
「栗野岳レクリエーション村」の目玉は、はるか遠く(高く)まで続く「日本一の枕木階段」。枕木階段を登った先にあるのは、栗野の街並みと伊佐平野を見渡す絶景。はるか遠くには錦江湾に浮かぶ桜島も見えています。
いろいろな動物の姿をしたチェーンソーアートたち
敷地の内外に点在しているのは、
いろいろな動物の姿をしたチェーンソーアートたち。
見つけたら一緒に記念撮影してみましょう!

丸池公園

丸池公園
日本名水百選のひとつにも選ばれてい「霧島山麓丸池湧水」。池の底までくっきり見える済んだ水と、周囲を彩る緑が鮮やかな絶景スポットです。
池から流れ出した小川の水も透明度抜群
池から流れ出した小川の水も透明度抜群。夏はホタルも飛び交い、流れに沿って続く石畳の小道は、「せせらぎの道百選」に選ばれています。
池のほとりには水汲み台が設置
池のほとりには水汲み台が設置されていて、地元の方がペットボトルに水を汲む姿も見られます。ひんやりした水で喉を潤せば、ドライブの疲れが吹き飛ぶこと間違いなし!
霧島アートの森の向かいにある「栗野岳レクリエーション村」は、山の斜面を利用したレクリエーション施設。敷地内には廃線の枕木を利用した「日本一の枕木階段」があり、頂上の展望台からは桜島まで見渡すことができます。一方の「丸池公園」には、日本名水百選にも選ばれた「霧島山麓丸池湧水」があります。池のほとりにある水汲み台は、旅行者だけでなく地元の人たちにも大人気。春は桜、夏はホタルが楽しめるのも大きな魅力です。
もっと見る

[たびらいセレクション]

霧島アートの森と周辺のカフェ&お土産

霧島アートの森と周辺の
カフェ&お土産

CAFE&SHOPアートの森

CAFE&SHOPアートの森
ガラス張りの壁に囲まれた開放的なスペース。オリジナルグッズやアート関係の書籍も充実していますよ!点在するオブジェを見渡しながら、優雅なティータイムを楽しんでみて。
標高約700メートルの高原に位置する霧島アートの森
標高約700メートルの高原に位置する霧島アートの森。高原の爽やかな空気を楽しみたいなら屋外のテラス席もおすすめです。
グッズコーナー
グッズコーナーには、水玉模様が印象的な「草間彌生グッズ」が豊富。手頃なポストカードや缶バッジをはじめ、キーホルダー、トートバック、バルーンなどバラエティ豊かです。

詳細はこちら

天使のつまみ食い

天使のつまみ食い
女性シェフによる創作料理は、フレンチ、イタリアン、スペインなどのテイストを生かしたコース料理が中心。月替わりでメインの魚と肉が入れ替わるため、リピーターも多いとか。
天使のつまみ食い
霧島神宮から車で25分にある、桜島が見える眺めの良いカフェ。お天気の良い日は、眺望を楽しめるテラス席でランチをいただくのもおすすめです。

詳細はこちら

広い園内でアート鑑賞をしたあとは、併設されたカフェで小休止するのがオススメ。爽やかなジュースや温かいコーヒー・紅茶をはじめ、ケーキや軽食も用意されています。壁一面がガラスになっていて、雨の日でも屋外のオブジェを楽しめる穴場スポットです。またグッズコーナーの「草間彌生グッズ」や美術書籍などは、アートを家に持ち帰りたい!という方にぴったりでしょう。なお霧島神宮方面にドライブすれば、本格的なランチやカフェのお店も見つかりますよ。
もっと見る

[たびらいセレクション]

霧の里 本館

霧島アートの森周辺で宿泊
おすすめ宿情報

妙見石原荘

妙見石原荘
風光明媚な自然に洗練されたおもてなしの宿。本館客室は5つの異なる趣き、好みで選べます。「特別室」の客室付き露天で最高の湯を。

詳細はこちら

紫尾湯の宿 くすのき荘

紫尾湯の宿 くすのき荘
化粧水のようなトロトロ温泉がわく宿。紫尾神社の拝殿下から自然湧出している霊験あらたかな「神の湯」と自家源泉を堪能。

詳細はこちら

中島温泉旅館

中島温泉旅館
西郷どんも訪れた名湯。1日3組限定の老舗純和風旅館。薩摩の魅力が詰まったもてなし料理を個室で。

詳細はこちら

霧の里 本館

霧の里 本館
霧島の山あいにひっそりとたたずむ、ログハウス調の隠れ宿。全室露天付きで、食事は自家農園で採れたハーブや野菜をふんだんに。

詳細はこちら

もっと見る

ローカル案内役
藤田 秀樹(たびらい編集部)

福岡県出身。九州内の食べ歩きスポットを探し続ける編集スタッフ。カメラ片手に友人・知人を巻き込んで観光スポットにも出没。

[たびらいセレクション]

鹿児島でローカルの魅力に触れる

今、この宿、見られてます

    

あわせて読みたい!

最新情報はこちらからチェック!

旬な観光情報を現地からお届け
×