1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 長崎観光情報
  4. 五島列島の世界遺産 教会群を現地編集部が徹底ガイド
江上天主堂

五島列島の世界遺産
教会群を現地編集部が徹底ガイド

更新:2018年9月03日

2018年6月に世界遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」。長崎県と熊本県に12の構成資産があります。その中でも今回は五島列島に点在する世界遺産の集落や教会、潜伏キリシタンの伝統的な食文化、体験、土産物などの見どころを紹介。”祈りの島”の人々の深い信仰や歴史に触れる旅へでかけてみましょう。

[たびらいセレクション]

江上天主堂

五島列島の世界遺産
奈留島の江上集落へ祈り旅

五島列島のちょうど真ん中にある「奈留島(なるしま)」
五島列島のちょうど真ん中にある「奈留島(なるしま)」。江上の森に入っていくと江上天主堂がちらりと姿を現します。入口はアーチ型。中央ドア上には花のモチーフがとってもキュートです
天主堂手前の森にはなんとハートに見える木
天主堂手前の森にはなんとハートに見える木が。
教会とともに密かに人気高いスポット。
木目のドアはなんと大工さんの手書き
木目のドアはなんと大工さんの手書き。教会堂のステンドグラスの花模様も大工さんが一筆一筆丁寧に描いたものなのだそう。
手付かずの自然がたくさんの奈留島
手付かずの自然がたくさんの奈留島。
島を巡るとその美しい海景色に心が洗われるよう。
奈留島の多くのカトリック信者たちは奈留教会でミサに参加
奈留島の多くのカトリック信者たちは奈留教会でミサに参加。町の中心部に位置し、奈留のシンボル的存在です。
奈留教会の敷地内には美しいマリア様のルルド
奈留教会の敷地内には美しいマリア様のルルドが。眺めているとやさしい気持ちになれますよ。
世界遺産登録された集落、「江上集落(えがみしゅうらく)」。港から車で約20分で江上集落に到着します。江上天主堂すぐそばの案内版。献堂までのことや、歴史が深く学べますよ。内部は本格的な立面構成で三廊式。リブ・ヴォールト天井の美しい曲線が祈りの空間をあたたかく包んでいるのは必見です。

奈留教会

【住所】長崎県五島市奈留町浦395
【問い合わせ(TEL)】0959-64-3285
【公式サイト】 http://goto.nagasaki-tabinet.com/junrei/60473/
【アクセス】
博多から奈留港までフェリー太古にて約7時間半
奈留教会まで車(レンタカー)で奈留港より約5分

[たびらいセレクション]

久賀島の集落

久賀島の集落で
キリシタン史跡巡り

800メートルの山道を歩く巡礼旅
旧五輪教会堂へ向かうには車を停めて向かいます。800メートルの山道を歩く巡礼旅。歩きやすいようにきちんと整備されています。
山道を降りると港風景が広がります
山道を降りると港風景が広がります。奥に見えるのが旧五輪教会堂と現在もミサがおこなわれている五輪教会です。
木造の小さな教会
木造の小さな教会。初期の教会建築の代表例とも。御堂の中も全て木造であたたかみを感じますよ。
教会の窓からは港風景を眺められます
教会の窓からは港風景を眺められます。
隣には現在もミサで使われている五輪教会
隣には現在もミサで使われている五輪教会。
1985年に献堂されました。

牢屋の窄(ろうやのさこ)殉教記念聖堂

牢屋の窄(ろうやのさこ)殉教記念聖堂
カトリック迫害の歴史の中でも、最も残酷で悲しい歴史の地とも言われています。20平方メートルの牢獄に約200人が監禁され、42人が亡くなっています。
椿の花が描かれた久賀島の玉石
椿の花が描かれた久賀島の玉石。
牢屋の窄の入口にありますよ。
牢屋跡には記念碑が設置
牢屋跡には記念碑が設置。かつて信徒たちが押し込められた牢屋だった場所です。
五島市の中心・福江島から船で約20分でたどり着く久賀島(ひさかじま)。こちらも奈留島とおなじく世界遺産に登録されている集落です。福江島(五島市)、中通島(新上五島町)に次ぐ五島列島で3番目に大きな島の久賀島。人口は約300人です。久賀島の集落の象徴とも言える旧五輪教会堂、すぐ隣にある五輪教会、そして浜脇教会、牢屋の窄殉教記念聖堂などカトリックの史跡や教会が集中。久賀島の田ノ浦港から車で10~20分ほどの距離で散策しやすいスポットです。

牢屋の窄殉教記念教会堂

【住所】長崎県五島市久賀町大開
【問い合わせ(TEL)】0959-72-3957(福江教会)
【公式サイト】 http://goto.nagasaki-tabinet.com/junrei/1089/
【アクセス】
福江港から田ノ浦港までフェリーにて約30分
牢屋の窄殉教記念教会堂まで車(レンタカー)で田ノ浦港より約10分
もっと見る

[たびらいセレクション]

教会巡礼手帳

五島列島の世界遺産
カトリック文化を身近に

五島列島で教会めぐりをするなら絶対はずせないアイテム、「教会巡礼手帳」
五島列島で教会めぐりをするなら絶対はずせないアイテム、「教会巡礼手帳」。各教会にはこのようなスタンプが設置されています。
カトリックの伝統的なおやつ「ふくれまんじゅう(ふくれもち)」
カトリックの伝統的なおやつ「ふくれまんじゅう(ふくれもち)」。
まんじゅうの下にはサルトリイバラ(サンキライ、カッカラ)の葉が
ついているのが特徴です。
ふわふわの蒸したてのまんじゅう
ふわふわの蒸したてのまんじゅう、
中にはあんこが入っています。
伝統的な島菓子を先代から引き継ぎ作っているのが新上五島町の「2代目花野果(はなやか)」
かんころもちは五島列島のみならず、長崎県内でいまも多くつくられています。ふくれまんじゅうやかんころもちなど、伝統的な島菓子を先代から引き継ぎ作っているのが新上五島町の「2代目花野果(はなやか)」です。
さつまいもを茹(ゆ)でて干し、もち米や砂糖とつきあわせてできあがるのがかんころ餅
さつまいもを茹(ゆ)でて干し、もち米や砂糖とつきあわせてできあがるのがかんころ餅。保存食としてつくられたかんころによって信者たちは命をつないでいたとか。

ロザリオ工房&ショップ「ロザリーマリア」

ロザリオ工房&ショップ「ロザリーマリア」
ロザリオを製作、販売する工房「ロザリーマリア」が福江島にあります。絵本にでてきそうなかわいらしい外観です。
キーホルダー、ストラップなど豊富なラインナップ
椿の木で作ったロザリオや誕生石をあしらったもの、キーホルダー、ストラップなど豊富なラインナップ。

詳細はこちら

ステンドグラス工房538

ステンドグラス工房538
福江島の西部、三井楽町にある「ステンドグラス工房538」。立派なレンガ造りの外観が目印。
ステンドグラスは店舗での販売はもちろん、自分でキーホルダーや小物を作る体験もできます
ステンドグラスは店舗での販売はもちろん、自分でキーホルダーや小物を作る体験もできます。(販売:500円~体験:1,000円~ ※要予約)

詳細はこちら

カトリック巡礼手帳は、NPO法人長崎巡礼センターが制作・販売しており、カトリック長崎大司教区認定の由緒正しい手帳です。島のお土産屋さんで見かける特産品やおやつ、グッズにも実は深い歴史があります。そんな伝統を知った上で特産品を食べたり、グッズを身につけたりすれば感動は高まり、忘れられない思い出になりますよ。旅のおともにするもよし、大切な人への贈り物にもおすすめです。
もっと見る

ローカル案内役
藤田 秀樹(たびらい編集部)

福岡県出身。九州内の食べ歩きスポットを探し続ける編集スタッフ。カメラ片手に友人・知人を巻き込んで観光スポットにも出没。

[たびらいセレクション]

今、この宿、見られてます

    

あわせて読みたい!

最新情報はこちらからチェック!

旬な観光情報を現地からお届け
×