1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 静岡観光情報
  4. 境内はまるで森のカフェ♪ 「來宮神社」がフォトジェニックなワケ
來宮神社 大楠

境内はまるで森のカフェ♪
「來宮神社」がフォトジェニックなワケ

更新:2019年4月11日

温泉地として有名な熱海にある、來宮神社。古くから愛されてきた神社で、近年参拝客を楽しませるために様々な提案を行っています。魅力あふれる來宮神社を編集部が現地で体験。見どころを1分にまとめて紹介します。

來宮神社 拝殿

樹齢2100年超えのパワーを頂く!
大楠が見守る神社を参拝

1300年以上の歴史を持つ來宮神社。本殿には、営業繁盛・身体強健の神である「大己貴命(おおなもちのみこと)」、武勇と決断の神「日本武尊(やまとたけるのみこと)」そして、樹木と自然保護の神「五十猛命(いたけるのみこと)」が祀られています。来福・縁起のご利益があるのだそう。2014年に塗り直されたばかりのきれいな拝殿を参拝。
來宮神社 大楠
古くから神社を守り続けているのが、本殿向かって左奥にある御神木の「天然記念物 大楠(おおくす)」。樹齢2100年以上で、激しい落雷や台風からも生き延びてきた日本で2番目に大きな木です。目の前に立つと、その力強い生命力に圧倒されます。願い事を心に秘めて大楠を一周すると願いが叶い、寿命が1年延びるのだそう。
來宮神社 大楠
この大楠。よく見ると様々な動物が見えると有名なんです。例えば、大楠の中央には蛇、右下には龍が立っているとか。右上にある2つのコブ周辺に猿の顔が見えるとも。何種類の動物が発見できるか、ぜひ探してみて。
來宮神社 大楠・五色の杜

フォトスポットがあちこちに
神社がどんどん進化中!

來宮神社にはフォトジェニックなスポットがいくつもあります。大楠の右手、階段の先にある「大楠・五色の杜(ごしきのもり)」は、併設している茶寮の抹茶を飲みながら、大楠を眺めることができます。空の下で緑に囲まれたテラスは清々しく絵になる空間です。
來宮神社 落ち葉
本殿の手前には、落ち葉で作られたハートが!毎朝、神職さんがほうきで形作っています。写真を撮りやすいようフォト台も設置済み。木々に囲まれているので、ハートが風で崩れることはめったにないのだそう。季節によってハートの色が緑や赤に変わるのも楽しいですね。
來宮神社 タイル
こちらのタイルは、宮司さんに教えてもらった隠れフォトスポット。ハートは「猪目」といって、魔除けや福を招く意味を込めて古くから神社仏閣の建物に使われているマークです。本殿向かって右手「斎館」の入り口にありますよ。
來宮神社 楠への小路

ここまで変わったのはどうして?
仕掛け人の思いを聞いた

こちらは平成30年に完成したばかりの「楠への小路(くすへのこみち)」。トトロの小道をイメージしたそうで、両脇には祝いや魔除けなどの意味をもつ植物が約6000株植えられています。緑に囲まれたトンネルを抜けると、突然大楠が現れます。
小路を進むと・・
楠への小路 宮司
「皆さんが緑の中を通って身を清めてから『御神木 大楠』に会えるようにと、この道を考えました。」こう語るのは、20代目宮司の雨宮 盛克(あめみや もりかつ)さん。進化を続ける來宮神社の仕掛け人です。バブル崩壊後、熱海の観光客が激減。そこで、再度、参拝に来てもらうために、神社の新たな過ごし方を提案するべくリニューアルを行いました。「祭祀や神様への奉仕など、変える事の出来ない伝統は守りつつ、空間の使い方など新しい提案をしていきたい。」と話します。
來宮神社 大楠のライトアップ
夜になると、大楠のライトアップも!全国の神社に先駆けた取り組みで、夜も楽しめるようになりました。なんと、來宮神社では、研修旅行で話題のテーマパークや観光施設を訪れて、参拝客を楽しませるための参考にしています。リニューアルの結果、参拝客の滞在時間は2倍以上にも延びたのだそう!ゆっくり過ごしたくなる空間づくりを工夫している証拠ですね。
來宮神社 麦こがしのシフォン

「周辺のお店と一緒に盛り上げる!」
来福スイーツを食べよう

境内の「茶寮 報鼓」では、「神社だけでなく、周辺のお店と共に来宮の町全体を盛り上げたい!」という思いから、周辺のお店と共同開発した「来福スイーツ」というお菓子を販売しています。神様が好物だったという麦こがし・橙・ところ・百合根を使用しており、「麦こがしのシフォン(店内用500円/税込)」は静岡県産の卵を使用してふっくらと焼き上げた一品。麦こがしの香りと深みをぜひ味わって。
來宮神社 茶寮 報鼓 
オープンテラスのソファ席には、スイーツとドリンクを片手におしゃべりを楽しむ女性たちも。冬はブランケットもあり、まるでカフェのように、ついつい長居したくなっちゃう居心地の良さです。
來宮神社 こがし饅頭
「麦こがし」を使った「こがし饅頭」(100円/税込)は麦の香ばしさと、程よい甘さにほっこり。小さくて帰りのおやつやお土産にもおすすめです。
cafe kinowa 〜季の環〜 店内

神社周辺にもかわいいお店発見!
ゆっくりランチなら、ココ

ゆっくりご飯を食べるなら「cafe kinowa 〜季の環〜」へ。神社の裏手、來宮神社の入口から徒歩3分の場所に位置するカフェです。近隣でとれたオーガニック野菜を使ったメニューを楽しめます。
cafe kinowa 〜季の環〜 野菜いっぱいのヘルシープレート
店主おすすめの「野菜いっぱいのヘルシープレート(1,600円/税込)」は、20種類以上の野菜や果物が味わえる一品。その時々の旬に合わせて食材をセレクトしており、大きくカットされた野菜は素材そのものの甘さやみずみずしさを楽しめます。
來宮神社 麦こがしプリン
「麦こがしプリン(430円/税込)」は黒みつをかけて頂く和風のプリン。麦の香ばしさと黒みつのほろ苦さがマッチしています。テラスには足湯があり、野菜の店頭販売もしています。料理は注文を受けてから作るため、時間には余裕を持って訪れて。
 
生命力溢れる大楠にパワーを頂いた後は、カフェでのんびり。スイーツも楽しめる來宮神社をぜひ訪れてみて。
古くから来宮大明神と称し、来福・縁起の神として信仰され続けている來宮神社。国指定の天然記念物、樹齢2100年以上の御神木 大楠があることでも有名。近年は「心さやかに参拝できる環境つくり」プロジェクトとして、全国の神社に先がけてライトアップを実施。来福スイーツ、オープンカフェの開設など、参拝客に新しい楽しみ方を提案している。

來宮神社

【御朱印】
受付時間:9時~17時
初穂料:300円
場所:社務所
【開頭時間】9時~17時
【住所】静岡県熱海市西山町 43-1
【交通アクセス】JR来宮駅から徒歩5分
【駐車場】数に限りがあるため、混雑時は来宮駅前市営駐車場などを利用のこと
【問い合わせ(TEL)】 0557-82-2241
【公式サイト】http://kinomiya.or.jp/top/top.html

静岡で魅力の観光スポット

あわせて読みたい!

最新情報はこちらからチェック!

旬な観光情報を現地からお届け
×