1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 長野観光情報
  4. 【2018最新】軽井沢の観光スポット36選!定番から穴場、グルメなどをご紹介

【2018最新】軽井沢の観光スポット36選!定番から穴場、グルメなどをご紹介

定番

軽井沢といえばまずはここ、抑えておきたいメインスポットを紹介

旧軽井沢銀座通りの賑わい

01

旧軽井沢銀座/旧軽井沢

軽井沢別荘族に愛された「旧軽銀座」

江戸時代は旧中山道の宿場町であり、明治時代に避暑地として発展した軽井沢。別荘族向けの商店ができたのが旧軽井沢銀座の始まりとされています。「旧軽銀座」の愛称で呼ばれ、現在は夏だけでなく一年を通してにぎわっています。老舗ベーカリーをはじめ、飲食店、お土産店、雑貨店などが軒を連ねています。旧軽井沢名物・ミカド珈琲の「モカソフト」など、食べ歩きできるテイクアウトのお店も多いので、散策しながら立ち寄ってみて。

基本情報
【住所】長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢
【交通アクセス】電車:JR軽井沢駅から徒歩約20分 車:上信越自動車道碓氷軽井沢ICから30分 ※GWや夏季はJR軽井沢駅からシャトルバスあり
【駐車場】近隣有料駐車場利用
【問い合わせ(TEL)】なし
【公式サイト】http://karuizawa-ginza.org/

軽井沢・プリンスショッピングプラザ

02

軽井沢・プリンスショッピングプラザ/南軽井沢

買い物、グルメ、レジャーが勢ぞろい

軽井沢駅南口前にある、リゾート型ショッピングモール。豊かな自然の中に8つのショッピングゾーンがあり、約240のショップを展開しています。きっとお気に入りのブランドが見つかるはず。広々とした「芝生のひろば」や遊具といったキッズ向け施設、ペットの入店がOKなお店(条件あり)やドッグランもあり、家族やペット連れで1日楽しめます。不定期でかなりお得なバーゲンも行われるので、公式サイトでの情報はお見逃しなく。

基本情報
【営業時間】10時~19時 ※季節により変動あり
【定休日】不定休
【住所】長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢
【交通アクセス】電車:JR「軽井沢」駅南口から徒歩約3分 車:上信越自動車道碓氷軽井沢IC約14分
【駐車場】約3500台(2時間まで300円、以後1時間ごと100円。2000円以上お買いあげで3時間無料。30000円以上で終日無料)
【問い合わせ(TEL)】0267-42-5211
【公式サイト】http://www.karuizawa-psp.jp/

ハルニレテラス 景観

03

ハルニレテラス/軽井沢星野エリア

森の中の「小さな街」

軽井沢星野エリアの湯川沿い、ハルニレ(春楡)の木立の中にある「小さな街」。9棟のモダンな建物は広いウッドデッキで結ばれ、散策も楽しめます。コンセプトは「軽井沢の日常」。そばの「川上庵」、イタリアンの「イル・ソーニョ」など人気レストランをはじめ、カフェ、雑貨のセレクトショップなど16店が揃います。朝食メニューを用意している店もあり、早起きして出かけるのもおすすめ。夏の緑はもちろん、秋の紅葉も見事です。

基本情報
【営業時間】8時~23時(時期、店舗により異なる)
【定休日】なし
【住所】長野県軽井沢町星野
【交通アクセス】電車:しなの鉄道中軽井沢駅から徒歩約17分 バス:JR軽井沢駅から西武観光バス19分「星野温泉トンボの湯」から徒歩約2分 車:上信越道碓氷軽井沢ICから約20分
【駐車場】軽井沢星野エリア駐車場利用。詳細は公式サイト参照
【問い合わせ(TEL)】0267-45-5853
【公式サイト】http://www.hoshino-area.jp/shop

重要文化財・旧三笠ホテル 外観

04

旧三笠ホテル/旧軽井沢

文化人に愛された、軽井沢の社交場

1905年(明治38)、実業家・山本直良によって建てられたホテル。設計、監督、棟梁すべてを日本人が担当した「木造の純西洋式ホテル」として歴史的価値が高く、国の重要文化財に指定されています。大隈重信や渋沢栄一など政・財界人や文化人に愛され、1970年まで営業していました。茶色と白を基調とした幾何学模様の外観も素敵ですが、館内もクラシカルで、窓枠や階段、カーテンボックスなどが特に見どころです。

基本情報
【利用料金】400円
【営業時間】9時~17時(最終入館は16時30分)
【定休日】年末年始
【住所】長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢1339-342
【交通アクセス】バス:JR「軽井沢」駅から北軽井沢行きで8分「三笠」から徒歩すぐ 車:上信越道「碓氷軽井沢IC」から約20分
【駐車場】30台(無料)
【問い合わせ(TEL)】0267-42-7072
【公式サイト】なし

ショー記念礼拝堂 ショー宣教師像

05

軽井沢ショー記念礼拝堂/軽井沢・旧軽井沢

森の中にたたずむ軽井沢最古の教会

1895年(明治28)、カナダ出身の英国聖公会宣教師のアレキサンダー・クロフト・ショーらによって建築された木造の礼拝堂で、軽井沢初のキリスト教会。軽井沢を気に入ったショー宣教師が別荘を構えたのち、この礼拝堂を建てたことから、軽井沢における別荘文化とキリスト教の歴史はここから始まったと言われています。木のぬくもり漂う礼拝堂内は、日中であれば見学も可能。入口にはショー宣教師の銅像が建てられています。

基本情報
【開堂時間】原則日中は見学自由
【定休日】不定休(礼拝堂使用時を除く)
【住所】長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢57-1
【交通アクセス】車:上信越自動車道「碓氷軽井沢IC」から約20分 バス:「旧軽井沢」バス停から徒歩約10分
【駐車場】なし(近隣有料駐車場使用)
【問い合わせ(TEL)】0267-42-4740
【公式サイト】http://nskk.org/chubu/church/16shaw/

軽井沢 白糸の滝

06

軽井沢 白糸の滝/旧軽井沢

湯川の源流はココ!優美な滝を鑑賞

旧軽井沢と峰の茶屋を結ぶ観光有料道路「白糸ハイランドウェイ」の途中にある滝。湯川の源流であり、曲線を描いたワイドな岸壁から、白糸のように地下水が流れ落ちる姿が印象的。真夏でも涼やかで、水辺の音と風景に癒し効果も期待できそう。滝の入口には駐車場やトイレも整備され、売店もあります。路線バスでもアクセス可。最近は、夏場はライトアップ&イルミネーション、冬場は氷柱イルミネーションなどイベントも開催。

基本情報
【利用料金】見学自由
【住所】長野県北佐久郡軽井沢町長倉(小瀬)
【交通アクセス】車:上信越自動車道「碓氷軽井沢IC」から約50分 ※白糸ハイランドウェイの通行料(片道400円)が別途必要 バス:JR「軽井沢」駅からバス25分、「白糸の滝」から徒歩約5分
【駐車場】300台(無料)
【問い合わせ(TEL)】0267-31-0070(株式会社白糸ハイランドウェイ)
【公式サイト】http://www.karuizawa-shw.com/

旧朝吹山荘「睡鳩荘」(国登録有形文化財)

07

軽井沢タリアセン/軽井沢・塩沢

塩沢湖のほとりで芸術や文化にふれる休日

塩沢湖のほとりにある総合リゾート施設。中でも、旧帝国ホテル建設時に来日したアントニン・レーモンドのアトリエ兼別荘を移築した「ペイネ美術館」や、旧軽井沢郵便局(国登録有形文化財)の洋館「深沢紅子 野の花美術館」など、歴史的にも貴重な建物や資料が数多くあり、作品を鑑賞できることで有名です。塩沢湖でのボートや、ゴーカート、サイクルモノレールなどアクティビティも充実。園内にはレストランやカフェもあります。

基本情報
【利用料金】入園券800円(12月、1月は無料)施設利用料、入館料はそれぞれ別途
【営業時間】9時~17時 施設により異なる※冬季の開園時間、休園日については公式サイトで案内
【定休日】施設により異なる
【住所】長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉217
【交通アクセス】電車:JR「軽井沢」駅またはしなの鉄道「中軽井沢」駅からタクシー約10分 車:上信越自動車道碓氷軽井沢ICから約15分
【駐車場】180台(普通車1回500円)
【問い合わせ(TEL)】0267-46-6161
【公式サイト】http://www.karuizawataliesin.com/

軽井沢聖パウロカトリック教会 外観

08

軽井沢聖パウロカトリック教会/旧軽井沢

レーモンド設計の洗練されたチャペル

にぎわう旧軽井沢銀座から1本裏に入った通りにたたずむカトリック教会。1935年にイギリス人司祭のウォード神父によって設立され、三角屋根の建物に十字架、尖塔が印象的です。設計はモダニズム建築で知られるアントニン・レーモンド氏。外観はレーモンド氏の故郷・ボヘミアの田舎の教会風で、内観はモダンなトラス構造と和風の丸太の小屋組みがミックスしたユニークな造りです。また、軽井沢聖パウロカトリック教会は、堀辰雄の「木の十字架」、遠藤周作「薔薇の館」などの文学作品にも登場。数々の著名人が結婚式を挙げたことでも知られています。

基本情報
【営業時間】原則日中は見学自由(行事中を除く)、ミサは日曜9時~
【住所】長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢179
【交通アクセス】車:上信越自動車道碓氷軽井沢ICから約25分、バス:「旧軽井沢」バス停から徒歩約10分、JR「軽井沢」駅からタクシーで約5分
【駐車場】なし(近隣有料駐車場使用)
【問い合わせ(TEL)】0267-42-2429
【公式サイト】https://karuizawa-catholic.jimdo.com/

チャーチストリート軽井沢 正面ファサード

09

チャーチストリート軽井沢/旧軽井沢

ペットもOK!旧軽のショッピングモール

にぎわう旧軽井沢銀座商店街から、閑静な聖パウロカトリック教会方面へと続くショッピングモール。店舗は約20店、1階にファッション、ハンドメイド雑貨の店、土産店、2階にレストランやカフェなどが入っています。多くの店舗がペット利用OKで(条件あり)、犬連れの方にも好評。中央広場では季節に応じてライブなどさまざまなイベントを開催。聖パウロ教会側の出口は、目の前に教会が見え、雰囲気の変化を楽しめます。

基本情報
【営業時間】10時~18時(店舗により異なる。季節変動あり)
【定休日】不定休
【住所】長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢601-1
【駐車場】なし(近隣有料駐車場使用)
【交通アクセス】車:上信越自動車道碓氷軽井沢ICから約30分
【駐車場】45台(有料)曜日や時期により、利用金額に応じたサービスあり。公式サイト参照
【問い合わせ(TEL)】0267-41-2501
【公式サイト】http://www.churchst.jp/

女子旅

できたてビールに山の中の隠れ家カフェまで、癒しのスポットを紹介

トンボの湯 内湯

01

星野温泉 トンボの湯/軽井沢星野エリア

源泉かけ流し、和モダンが魅力の日帰り温泉

大正4年(1915)開湯の星野温泉は、与謝野晶子など文人も滞在した温泉。2002年にオープンしたトンボの湯は、その星野温泉の歴史を汲むシンプルでモダンな建物が特色の日帰り温泉施設。弱アルカリ性の泉質のため美肌の湯とも呼ばれています。毎分400リットルと湯量豊富で、源泉かけ流し。内湯の湯船はヒノキと十和田石を組み合わせ、大きな窓から美しい景色が望めます。5月はしょうぶ湯、秋はりんご、冬はゆずなど「季節湯」も開催しています。

基本情報
【利用料金】1300円(GW・8月は特別料金1500円)貸しタオルセット300円など
【営業時間】10時~23時(最終入館22時) ※2018/7/14~8/31は9時~
【定休日】なし
【住所】長野県軽井沢町星野
【交通アクセス】電車:しなの鉄道中軽井沢駅から徒歩約17分 バス:JR軽井沢駅から西武観光バス19分「星野温泉トンボの湯」から徒歩約1分 車:上信越道碓氷軽井沢ICから約20分
【駐車場】軽井沢星野エリア駐車場利用、詳細は公式サイト参照
【問い合わせ(TEL)】0267-44-3580
【公式サイト】http://www.hoshino-area.jp/archives/area/tonbo

軽井沢高原教会 外観

02

軽井沢高原教会/軽井沢星野エリア

森の中にたたずむ木造りの教会

明治時代、外国人宣教師が避暑地として訪れた軽井沢。軽井沢高原教会は、1921年に当時の文化人が集って開いた「芸術自由教育講習会」が原点。開かれた教会の精神を現代に受け継ぎ、礼拝や行事は誰でも参加でき、毎週日曜の13時30分からゴスペル礼拝を行っています。四季折々の風景も美しく、8月や12月には教会のまわりをキャンドルで照らす「キャンドルナイト」が開催。森の中でゆらめくキャンドルの灯りは、静かな時間を感じさせてくれます。

基本情報
【利用料金】見学無料
【営業時間】見学時間9時~18時※挙式の時間除く
【定休日】なし
【住所】長野県軽井沢町星野
【交通アクセス】電車:しなの鉄道中軽井沢駅から徒歩約17分 バス:JR軽井沢駅から西武観光バス19分「星野温泉トンボの湯」から徒歩約3分 車:上信越道碓氷軽井沢ICから約25分。公式サイト参照
【駐車場】軽井沢星野エリア及び軽井沢ホテルブレストンコート駐車場利用。詳細は公式サイト参照
【問い合わせ(TEL)】0267-45-3333
【公式サイト】https://www.karuizawachurch.org/

紅葉が映る雲間池

03

雲場池/旧軽井沢

水面に映る景色に四季の移ろいを感じる

軽井沢を代表する絶景スポット。地元では「スワンレイク」「お水端(みずばた)」と呼ばれ、面積は約1.2ヘクタール、隣接のホテル敷地からわく「御膳水」が水源となっています。池のまわりは遊歩道が整備され、新緑、紅葉、そして雪景色と季節を問わず美しい風景が望めます。水面に映る空や木々がまたフォトジェニックです。2018年4月にはリニューアル工事が終わり、より快適に散策が楽しめるようになっています。スニーカーなど歩きやすい靴がおすすめ。

基本情報
【利用料金】見学自由
【住所】長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢
【交通アクセス】電車:JR軽井沢駅から徒歩約20分 車:上信越道碓氷軽井沢ICから約20分
【駐車場】近隣に有料駐車場あり
【問い合わせ(TEL)】0267-42-5538(軽井沢観光会館)
【公式サイト】なし

万平ホテル 外観

04

万平ホテル/軽井沢・旧軽井沢

著名人も愛した避暑地のクラシックホテル

1894年(明治27)創業、軽井沢におけるリゾートホテルの先駆け的存在。ジョン・レノン一家が利用していたカフェテラスは、夏場はペット(犬)を同伴可能なウッドデッキも開放され、爽やかな風を感じることができます。ホテルを象徴する、1935年(昭和11)築の本館アルプス館は、2018年秋に国の登録有形文化財に指定されたことでも話題に。宿泊して、本館にある優雅なメインダイニングルームでフランス料理をいただくのも楽しみです。

基本情報
【利用料金】1泊朝食付き15000円~(2名1室利用時の1名料金)
【営業時間】カフェテラス9時30分~18時
【住所】長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢925
【交通アクセス】車:上信越自動車道碓氷軽井沢ICから車で約20分
【駐車場】90台(無料)
【問い合わせ(TEL)】0267-42-1234
【公式サイト】http://www.mampei.co.jp/

地産レンタサイクル 外観

05

地産サイクル/軽井沢駅前

軽井沢を効率よく巡るならレンタサイクルで

夏場や週末は道路が渋滞しがちな軽井沢。レンタサイクルを利用すれば、自然を楽しみながら観光スポットを効率よく回れます。地産サイクルは軽井沢駅前の不動産会社が経営するレンタサイクル店。保有台数は全部で約500台。自転車は、いわゆるママチャリタイプのほか、電動自転車、2人乗りタンデム自転車、子ども乗せ自転車、子ども用自転車に、さらには犬や猫も乗せられるペット用自転車も用意。利用時は荷物も無料で預かってくれますよ。

基本情報
【利用料金】1時間500円。閉店まで乗り放題プランあり(時期により異なる)
【営業時間】通年営業、オンシーズン(GW、7月中旬~10月下旬)8時~18時または19時 ※季節変動あり
【定休日】なし
【住所】長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東3-1 地産ビル内
【交通アクセス】JR「軽井沢」駅北口出てすぐ
【駐車場】なし。町営駐車場(軽井沢駅北口西側駐車場など)を利用
【問い合わせ(TEL)】0267-42-5614
【公式サイト】http://chisan-kanko.com/rentalcycle.html

天空カフェ・アウラ 外観

06

天空カフェ・アウラ/旧軽井沢

テラスから絶景を望む、大人のカフェ空間

軽井沢の木々の中を車で走らせると、山中に現れる隠れ家的カフェ。標高1200メートルの斜面にせり出したテラスでは、晴れた日は南アルプスまで見えるほど。まさに軽井沢の「天空」という表現がぴったりのロケーションです。メニューは店主が厳選したドリンク類を中心に、手作りのアイスクリーム(648円/税込)、ドーナツの他、軽食も。ペット(犬)連れ対応のテラス席あり。通常は昼間のみの営業ですが、新月の日など、夜の特別営業も不定期で実施しています。

基本情報
【メニュー】月替わりハーブティ864円、ほうじ茶ラテ864円、妊婦さんも飲めるお茶864円、ベーカリー各種540円?648円他(すべて税込み)
【営業時間】11時~17時※季節により変動あり ※利用は小学生以上
【定休日】不定休
【住所】長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢字深古屋1369-51
【交通アクセス】車:軽井沢駅から約15分
【駐車場】20台(無料)
【問い合わせ(TEL)】0267-31-0865
【公式サイト】http://cafe-aura.com/

セゾン現代美術館 展示室

07

セゾン現代美術館/中軽井沢

現代美術コレクションの名作がここに

軽井沢の広大な森の中にたたずむ美術館。セゾングループの創業者、堤清二氏のコレクションを中心に保存・展示しています。パウル・クレー、マン・レイらの現代美術作品が充実していることで有名。庭園にもイサム・ノグチをはじめとする現代彫刻家の作品が配され、散策しながら観賞できます。併設のカフェ・ヤマアラシでは、オリジナルのカツカレー(1400円/税別)やクロックムッシュ(1300円)が名物。

基本情報
【利用料金】1500円
【営業時間】4月下旬~11月下旬開館 10時~18時(11月は17時まで)、最終入館は閉館30分前まで
【定休日】木曜(祝日は開館)、展示替え期間 ※8月は無休
【住所】長野県北佐久郡軽井沢町長倉芹ケ沢2140
【交通アクセス】車:しなの鉄道中軽井沢駅から車で約10分 バス:JR軽井沢駅から草津温泉行のバスで約30分、「軽井沢千ヶ滝温泉入口」から徒歩約7分
【駐車場】30台(無料)
【問い合わせ(TEL)】0267-46-2020
【公式サイト】https://www.smma.or.jp/

軽井沢ブルワリー 生ビール

08

軽井沢ブルワリー/佐久市

できたてクラフトビールは試飲も可能

「THE軽井沢ビール」を醸造している軽井沢ブルワリー。麦芽やホップはこだわりの原料を使用し、浅間山の清らかな水で仕込んでいて、のど越しが爽やかなのが特徴。佐久市にある工場はクラフトビール工場としては日本最大規模で、見学も実施。生ビール1杯試飲と持ち帰り1本、または2本持ち帰りか選択可能。ラベルデザインは日本画家の千住博 氏が手掛け、エントランスホールや試飲のビアホールにも千住博 氏の絵が飾られています。

基本情報
【利用料金】工場見学500円、所要約1時間。公式サイトから要予約
【定休日】なし
【住所】長野県佐久市長土呂64-3
【交通アクセス】車:上信越自動車道佐久ICから車で約1分 電車:JR佐久平駅からタクシーで約6分
【駐車場】30台(無料)
【問い合わせ(TEL)】0120-919-144
【公式サイト】http://brewery.co.jp/

グルメ

食べ歩きにお土産に、軽井沢のおいしいスポットを紹介

キャボットコーヴ パンケーキ(バナナ&ピーカンとブルーベリー)

01

キャボットコーヴ/軽井沢・追分

「軽井沢朝食」ブームを作った人気カフェ

追分の別荘地にある、アメリカンスタイルの朝食が食べられるカフェ。軽井沢のカフェで朝食、というスタイルを築いたお店です。メニューは自慢の手作りポップオーバーやエッグベネディクト、パンケーキなどがあり、爽やかな気分で1日が始められそうですね。席は室内かテラス席が選べます。夏場はテラスがおすすめ。秋の紅葉も見事です。営業はお昼まで、GWや夏季は完全予約制でメニューもホリデーブランチのみになるため、詳細は公式サイトで確認を。

基本情報
【メニュー】ポップオーバーとカップスープ800円、エッグベネディクト(ホームフライ付)1100円、バンケーキセット(メープルフレーバーシロップ付)1200円、ホリデーブランチ2700円ほか(金額すべて税込)
【営業時間】6時30分~12時30分(11月~3月は7時~)
【定休日】水曜、木曜(祝日、GW、お盆期間中は営業)
【住所】長野県北佐久郡軽井沢町追分78-26
【交通アクセス】車:上信越自動車道碓氷軽井沢ICから約30分、しなの鉄道「信濃追分」駅からタクシー約10分
【駐車場】8台(無料)
【問い合わせ(TEL)】0267-31-5078
【公式サイト】http://cabotcove.jp/

ベーカリー&レストラン 沢村 旧軽井沢

02

ベーカリー&レストラン 沢村 旧軽井沢

焼きたてのパンとロケーションが魅力

2015年、旧軽井沢の森の中にオープンした、ベーカリー&レストラン。大きな窓から森を望める店内は広々とした2階建てで、テラスもあります。モーニングからディナーまで対応しているほか、パンの販売も21時までと軽井沢にしては遅くまで開いているのがうれしいところ。パンは、こだわりの素材を使い、約20種類の国内外の粉を使い分け、4種ある自家製酵母で長時間発酵させているのが特色。軽井沢カンパーニュ(1/4サイズ400円/税別)はワインにも合うほか、パン・オ・ヴァン信州(ハーフサイズ1800円)などが人気。

基本情報
【メニュー】ランチ:SAWAMURA特製ハンバーガー1590円ほか、ディナー:北軽井沢産キノコと自家製ねぎ味噌のピッツァ1450 円ほか(金額すべて税別)
【営業時間】(ベーカリー)7時~21時(レストラン)モーニング7時~10時、ランチ11時~16時LO、ディナー16時~21時LO ※季節変動あり
【定休日】なし
【住所】長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢12-18
【交通アクセス】車:上信越道「碓氷軽井沢IC」から約20分 電車:JR「軽井沢」駅から徒歩約20分
【駐車場】10台(無料)
【問い合わせ(TEL)】0267-41-3777
【公式サイト】http://www.b-sawamura.com/index.php

信州福味どり御膳

03

御厨 MIKURIYA/軽井沢・発地

かまど炊きごはんが自慢の和食処

古民家風のたたずまいで、くつろげる和食処「御厨(みくりや)」。軽井沢で和朝食が味わえる貴重な存在で、2016年12月に発地エリアに移転。アイガモ農法で育てたお米を薪のかまどで炊くごはんが評判。人気のとろろ汁御膳(1450円/税込)は、信州味噌仕立のとろろ汁に、金平ごぼう、田舎の煮物、野沢菜の天ぷら、隣接の「白ほたる豆腐」の冷奴、豚汁などがセットになっていて、ごはんとの相性抜群。7時15分~10時30分までは朝食メニューを実施(朝のとろろ汁膳1250円)。

基本情報
【営業時間】朝食7時15分~10時30分、昼食11時00~16時00(LO15時00)
【定休日】無休(年末年始休み)
【住所】長野県北佐久郡軽井沢町発地2127
【交通アクセス】車:上信越自動車道碓氷軽井沢ICから約30分
【駐車場】24台(無料)
【問い合わせ(TEL)】0267-41-6741
【公式サイト】https://www.mikuriya-kamado.com/

ツルヤ軽井沢店 ジャム売り場

04

ツルヤ軽井沢店/軽井沢・長倉

地元客&別荘族御用達の頼れるスーパー

ツルヤは長野県内で約33店舗を展開するスーパーマーケット。軽井沢店は国道18号沿い、鳥井原東交差点に位置し、アクセスが便利なことから、地元客のほか別荘族や観光客も訪れる人気店です。生鮮食料品に定評があり、契約農家から仕入れる野菜やフルーツ、さらにはツルヤオリジナルの商品も揃えています。中でも「ツルヤプレミアム」シリーズの「果実まるごとジャム」は信州産のリンゴやアンズの果実分70%を使用したプレミアムジャムで、お土産にもおすすめ。

基本情報
【営業時間】9時30分~20時(7月~9月は9時~20時)
【定休日】無休(臨時休業あり)
【住所】長野県北佐久郡軽井沢町長倉2707
【交通アクセス】車:しなの鉄道「中軽井沢」駅から車で約7分
【駐車場】400台(無料)
【問い合わせ(TEL)】0267-46-1811
【公式サイト】https://www.tsuruya-corp.co.jp/store/karuizawa.html

ブランジェ浅野屋 外観

05

ブランジェ浅野屋(旧道本店)/軽井沢・旧軽井沢

軽井沢を代表する老舗ベーカリー

1933年創業、軽井沢の中でも歴史あるベーカリー。東京の麹町にて開業したのち、宣教師や外国人客向けの夏季出張店として、軽井沢に出店。ヨーロッパスタイルの伝統的な手作りパンがコンセプトで、スペイン製の石窯で焼くフランスパンやドイツパンが美味。名物のぶどうパン「軽井沢レザン」をはじめ、メニューは常時70種類前後。イートインスペースもあり、焼きたてをその場で味わうこともできます。

基本情報
【営業時間】8時~18時(季節変動あり)
【定休日】無休
【住所】長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢738
【交通アクセス】車:上信越自動車道「碓氷軽井沢IC」から約30分
【駐車場】なし(有料町営駐車場利用)
【問い合わせ(TEL)】0267-42-2149
【公式サイト】http://www.b-asanoya.com/

アトリエ・ド・フロマージュ チーズ熟成室

06

アトリエ・ド・フロマージュ(軽井沢チーズ熟成所・売店)/新軽井沢エリア

チーズがずらり!ソフトクリームも美味

東御市(とうみし)に本店を構えるチーズ専門店、アトリエ・ド・フロマージュの直売店舗。長野県産の生乳を使ったチーズは、製品第1号で看板商品でもある、フレッシュな「生チーズ」をはじめ、カマンベールやモッツァレラなど約20種類。2階では実際にチーズを熟成している様子を見られます。さらにピッツァや生チーズケーキなど、スイーツも充実。軽井沢駅から近いので、旅の最後に寄るのが便利。生チーズソフトは350円(税込)で、年中販売しています。

基本情報
【営業時間】10時~18時
【定休日】無休
【住所】長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東18-9
【交通アクセス】JR「軽井沢」駅から徒歩約6分
【駐車場】2台(無料)
【問い合わせ(TEL)】0267-42-7394
【公式サイト】https://www.a-fromage.co.jp/

穴場

写真映えもGood、知る人ぞ知るおすすめスポット

軽井沢レイクガーデンのバラ

01

軽井沢レイクガーデン/軽井沢

バラが美しい、水辺のガーデンリゾート

別荘地の中にある、ロマンチックな雰囲気のナチュラルガーデン。湖の周辺に、イングリッシュローズガーデンや、水辺の散歩道・フレグランスローズパスといった8つのエリアがあり、イングリッシュローズを中心に約400種類のバラなど、四季折々の花を観賞できます。特に、6月中旬から下旬にかけて咲くバラの美しさが評判。ガーデンショップ、雑貨店、レストラン、カフェもあり、優雅な休日が楽しめます。ローズが見頃を迎えるローズシーズン中(6月上旬~7月上旬頃)は、ボートでの水上ツアーやハープ演奏などイベントも実施。

基本情報
【利用料金】入園料800円~1500円(開花状況により異なる)
【営業時間】例年4月下旬~11月上旬
【定休日】9時~17時(開花状況により異なる)※入園は閉園の30分前まで
【住所】長野県北佐久郡軽井沢町レイクニュータウン
【交通アクセス】車:上信越自動車道碓氷軽井沢ICから約15分 バス:JR「軽井沢」駅から軽井沢町内循環バスで「ニュータウン入口」から徒歩2~3分
【駐車場】250台(無料)
【問い合わせ(TEL)】0267-48-1608
【公式サイト】http://www.karuizawa-lakegarden.jp/

竜返しの滝

02

竜返しの滝/旧軽井沢

森の奥にたたずむ滝は穴場的存在

白糸の滝を源とした湯川にある滝で、かつては「数珠ヶ滝(すずがたき)」とも呼ばれていました。落差は約10メートルですが、水量が多いため迫力があり、竜も登れなかったというのが名の由来とされています。森の奥にひっそりとあるため、白糸ハイウェイ沿いにありますが、白糸の滝より比較的人が少ない穴場。滝までは森林浴を楽しみながら渓流沿いを歩いて行きます。駐車場から滝までは舗装されていないため歩きやすい靴がおすすめ。

基本情報
【利用料金】見学自由
【住所】長野県北佐久郡軽井沢町長倉小瀬
【交通アクセス】車:上信越自動車道碓氷軽井沢ICから約40分 バス:JR「軽井沢」駅からバス、「小瀬温泉」から徒歩約15分
【駐車場】なし
【問い合わせ(TEL)】0267-42-5538(軽井沢観光会館)
【公式サイト】http://www.town.karuizawa.lg.jp/www/contents/1001000000702/index.html

碓氷第三橋梁(めがね橋)

03

碓氷第三橋梁(めがね橋)/群馬県安中市

レンガ造りのアーチ橋は貴重な鉄道遺産

碓氷第三橋梁(うすいだいさんきょうりょう)は長さ91メートル、高さ31メートル、日本最大級のレンガ造りのアーチ橋。1892年(明治25)建造。国鉄信越本線の横川駅と軽井沢駅の間を「アプト式鉄道」(ラックレールと呼ばれるレールで急こう配を上り下りする)で結んでいた時代の橋梁で、「めがね橋」と呼ばれ親しまれています。1963年(昭和38)に新線開通のため廃止となりましたが、2001年に線路跡が「アプトの道」として整備され、橋の上を歩くことができます。国の重要文化財。

基本情報
【利用料金】見学自由
【住所】群馬県安中市松井田町坂本地内
【交通アクセス】車:上信越自動車道松井田妙義ICから約25分、JR「横川」駅からタクシーで約15分
【駐車場】22台(無料)
【問い合わせ(TEL)】安中市役所観光課 027-382-1111(代表)
【公式サイト】http://www.city.annaka.lg.jp/kanko_spot/megane.html

エロイーズ カフェ (ELOISE's cafe)外観

04

エロイーズ カフェ (ELOISE's cafe)/軽井沢

軽井沢の名建築を生かしたリノベカフェ

別荘地にあり、アメリカ人女性の音楽教育家、エロイーズ・カニングハムによって建てられた合宿所兼音楽ホール「ハーモニーハウス」を、2015年にカフェ&シェアハウスとして一部リノベーション。1983年に建てられた木造建築で、設計は奈良国立博物館新館などで知られる巨匠・吉村順三。再オープン後は朝食がとれるカフェとして一躍人気となりました。宣教師直伝のイギリスパンを使った「宣教師が愛したフレンチトースト」(980円/税別)が名物。

基本情報
【メニュー】エッグベネディクト スパム&チーズベネディクト1280円、宣教師が愛したフレンチトースト ハニー&ホイップクリーム980円(すべて税別)
【営業時間】3月中旬~翌年1月中旬、8時~15時、期間内無休(ラストオーダー14時30分)
【住所】長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1067-9 ハーモニーハウス
【交通アクセス】JR「軽井沢」駅から徒歩約15分
【駐車場】10台(無料)
【問い合わせ(TEL)】050-5835-0554
【公式サイト】http://www.eloise-cunningham.jp
【備考】全席禁煙、ペットはテラスのみ入場可

軽井沢現代美術館 展示風景

05

軽井沢現代美術館/軽井沢・長倉

海外で活躍した日本人作家の作品を展示

「海を渡った画家たち」をテーマとした美術館。ニューヨークで注目されて一躍世界的アーティストとなった草間彌生や荒川修作、世代を超えて人気の奈良美智といったビッグネームの作品を間近で見ることができます。ロッカクアヤコなど若手現代作家の作品も積極的に展示。東京・神保町の画廊が運営しているため、ギャラリーでは作品の購入も可能です。ミュージアムショップにはお手頃価格のアートグッズも置いています。鑑賞後はカフェコーナーでくつろぎのひとときを。

基本情報
【利用料金】大人1000円(お茶のサービスつき)
【営業時間】開館は4月下旬~11月下旬 10時~17時
【定休日】4月下旬~11月下旬の火・水曜(GW、夏期は無休)
【住所】長野県北佐久郡軽井沢町長倉2052-2
【交通アクセス】バス:JR軽井沢駅北口から町内循環バス中軽井沢駅行きで「図書館前」下車。徒歩約5分 車:上信越自動車道碓氷軽井沢ICから約28分
【駐車場】20台(無料)
【問い合わせ(TEL)】0267-31-5141
【公式サイト】http://moca-karuizawa.jp/

中山道 追分宿

06

追分宿/軽井沢・追分

江戸時代の宿場町を感じる街並み

追分宿(おいわけしゅく)は中山道20番目の宿場町。越後へとつながる北国(ほっこく)街道の分岐でもあったため、江戸時代は旅籠や茶店が立ち並び、交通の要所として栄えました。国道18号線から分岐した道を入ると、趣のある街並みが現れます。脇本陣だった宿、油屋(現在は素泊まりの宿にリノベーション)や、堀辰雄文学記念館の入口に移設された本陣裏門などが、当時のにぎわいを伝えています。追分宿郷土館には資料も展示されています。

基本情報
追分宿(見学自由)
【住所】長野県北佐久郡軽井沢町大字追分
【交通アクセス】車:上信越自動車道碓氷軽井沢ICから約30分、しなの鉄道「信濃追分」駅からタクシー約5分
【駐車場】追分宿駐車場利用42台(無料)
【問い合わせ(TEL)】0267-42-5538(軽井沢観光会館)
【公式サイト】http://www.town.karuizawa.lg.jp/www/contents/1001000000744/index.html
追分宿郷土館
【利用料金】大人400円
【営業時間】9時から17時(最終入館16時30分)
【定休日】水曜日(祝日の場合は開館)及び年末年始、7月15日~10月31日は無休
【住所】長野県北佐久郡軽井沢町大字追分1155-8
【問い合わせ(TEL)】0267-45-1466(追分宿郷土館)

子ども連れ

遊んで食べて楽しんで、子どもと一緒に訪れたい場所を紹介

軽井沢アイスパーク カーリングホール

01

軽井沢アイスパーク/軽井沢・風越

個人参加OK、話題のカーリングを体験

軽井沢アイスパークは、総合スポーツ施設「軽井沢風越公園」内にある、国内最大級のカーリングホール。大会や練習が通年行われています。個人向けのカーリング体験も実施していて、初心者向けのクラスでは、カーリングの基礎を説明するほか、ストーンの投げ方やスウィープの仕方をレクチャーし、ゲームまで体験できます。シューズやブラシはレンタル料金に含まれていますが、暖かく動きやすい服装の持参がおすすめ(レンタルあり)。

基本情報
【利用料金】個人向けカーリングプログラム:初心者向け60分2380円(申し込みは1名から、5歳以上)、90分3240円ほか ※要予約
【営業時間】9時~22時
【定休日】12月31日、1月1日
【住所】長野県北佐久郡軽井沢町大字発地1154-1
【交通アクセス】車:上信越自動車道・碓氷軽井沢ICより11km、JR「軽井沢」駅から約15分
【駐車場】100台(無料)
【問い合わせ(TEL)】0267-48-5555
【公式サイト】http://kazakoshi-park.jp/ice-park/

スウィートグラス・アドベンチャー ターザンスイング

02

スウィートグラス・アドベンチャー/軽井沢・北軽井沢

原生林がフィールド!スリリングな冒険を

ハーネスを装着し、原生林の中を、ロープやジップスライドで木から木へと移動するアスレチック。コースは、小学1年生(身長110センチ以上)から体験できるビギナー向けのディスカバリーコースと、小学4年生(身長140センチ以上の)から大人まで楽しめるアドベンチャーコースの2種類。アドベンチャーコースの「ターザンスイング」は、大人でもかなりスリリング。小学生以下は無料で遊べるどんぐりコース(アスレチック)やトランポリン(20分/500円)などで遊べます。カフェも併設。

基本情報
【利用料金】ディスカバリーコース、アドベンチャーコース各3100円(所要約2時間30分)
【営業時間】4月~11月営業、季節により異なる
【定休日】不定休
【住所】群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-4783
【交通アクセス】車:上信越道碓氷軽井沢ICから約50分
【駐車場】70台(無料)
【問い合わせ(TEL)】0279-84-2512
【公式サイト】http://ad.sweetgrass.jp/

軽井沢絵本の森美術館「絵本図書館」

03

ムーゼの森/軽井沢・塩沢

森と庭園に囲まれた2つのミュージアム

ムーゼの森は、欧米絵本を中心に絵本原画や初版本を展示する「軽井沢絵本の森美術館」、ドイツ・エルツ地方の木工おもちゃなど知育玩具を紹介する「エルツおもちゃ博物館・軽井沢」の、2つの美術館・博物館からなるミュージアムパークです。「軽井沢絵本の森美術館」には、英国人ランドスケープデザイナー、ポール・スミザー監修の庭園「ピクチャレスク・ガーデン」も併設され、四季折々で、軽井沢の自然の変化を楽しめます。ムーゼの森にはショップ・カフェもあり、自然とアートに浸るひとときを感じられます。

基本情報
【利用料金】軽井沢絵本の森美術館(ピクチャレスク・ガーデン入場料を含む)900円、エルツおもちゃ博物館・軽井沢700円、2館共通セット券1300円
【営業時間】3月~1月中旬営業、9時30分~17時(12月~1月は10時~16時)
【定休日】毎週火曜日(GW期間中および7月~9月は無休)、展示入替期間および冬季休館(1月中旬~2月末)※12月・1月の休館日は要問い合わせ
【住所】長野県北佐久郡軽井沢町長倉182
【交通アクセス】車:上信越道碓氷軽井沢ICから約15分 バス:JR軽井沢駅からバス急行塩沢湖線で「軽井沢絵本の森美術館」下車すぐ(運行日時はHPを確認)
【駐車場】200台(無料)
【問い合わせ(TEL)】0267-48-3340
【公式サイト】http://museen.org/

野鳥の森ネイチャーウォッチング

04

ピッキオ/軽井沢星野エリア

案内人とともに森の中で自然探検を

軽井沢野鳥の森を拠点に、ネイチャーツアーを開催。ツアーは「野鳥の森ネイチャーウォッチング」、「ワイルドサファリツアー」、「空飛ぶムササビウォッチング」を開催。自然の知られざる仕組みや様子を丁寧に教えてくれます。集合場所となるビジターセンターは池に面したモダンな造り。併設のイカルカフェでは、野鳥の絵柄のカフェラテなどを飲みながらくつろげます。秋冬はスケートリンクになります。

基本情報
【利用料金】野鳥の森ネイチャーウォッチング(所要2時間)、2100円(税込)ほか
【営業時間】9時30分?17時(10月~3月は16時まで)、カフェは閉館30分前ラストオーダー
【定休日】なし
【住所】長野県軽井沢町星野
【交通アクセス】電車:しなの鉄道中軽井沢駅から徒歩約17分 バス:JR軽井沢駅からバス19分「星野温泉トンボの湯」から徒歩約5分 車:上信越道碓氷軽井沢ICから約20分
【駐車場】軽井沢星野エリア駐車場利用。詳細は公式サイト参照。
【問い合わせ(TEL)】0267-45-7777
【公式サイト】https://picchio.co.jp/

信州の彩り御膳

05

村民食堂/軽井沢星野エリア

信州を味わうカジュアルダイニング

星野エリアにあるカジュアルダイニング。店内は天井が高く、大きな窓から豊かな自然が望めます。おすすめは「信州の彩り御膳」(2980円/税込)。牛肉と野菜のせいろ蒸しのほか、信州サーモンの刺身、そばなど、信州素材がいろいろ味わえます。併設の「カフェ ハングリースポット」は「花豆ソフトクリーム」(350円)や、「軽井沢高原ビール」(680円)などがあり、トンボの湯の湯上がりなどにも利用できます。

基本情報
【メニュー】味噌山賊焼き定食1700円、彩り野菜と鶏そぼろの七色丼(1580円)(金額は税込)
【営業時間】11時?22時(ラストオーダー21時)
【定休日】なし
【住所】長野県軽井沢町星野
【交通アクセス】電車:しなの鉄道中軽井沢駅から徒歩約17分 バス:JR軽井沢駅から西武観光バス19分「星野温泉トンボの湯」から徒歩約1分 車:上信越道碓氷軽井沢ICから約20分
【駐車場】軽井沢星野エリア駐車場利用。詳細は公式サイト参照。
【問い合わせ(TEL)】0267-44-3571
【公式サイト】http://www.hoshino-area.jp/archives/area/sonminsyokudou

浅間牧場茶屋

06

浅間牧場茶屋/軽井沢・北軽井沢

名物はソフトクリームとローストビーフ

北軽井沢の牧場が営む食事処。ウサギやヤギなどとのふれあいのほか、夏季は乗馬も体験できます。新鮮なミルクを使ったソフトクリーム350円が名物。ローストビーフ丼1400円(数量限定/税込)は、店内で毎日焼き上げるローストビーフと、高原野菜のサラダがのったヘルシーな丼。牛乳はジョッキで飲めるというのは、さすが牧場。キャンドルづくりなど体験メニューもあります。お土産は牛乳やバター、チーズ、ジャムなど牧場のオリジナル商品が人気。

基本情報
【利用料金】入園無料
【メニュー】ジョッキ牛乳(大)300円、信州みそ焼き丼950円ほか
【営業時間】8時30分~17時(12月~3月は9時~16時)
【定休日】12月~3月の火曜、金曜
【住所】群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-800
【交通アクセス】上信越自動車道碓氷軽井沢ICから約50分 軽井沢駅からバス、浅間牧場下車すぐ
【駐車場】120台(無料)
【問い合わせ(TEL)】0279-84-3698
【公式サイト】https://www.bokujyo-cyaya.com/

最新情報はこちらからチェック!

旬な観光情報を現地からお届け
×