1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 神奈川観光情報
  4. 【2018最新】鎌倉の観光スポット8選!女子旅におすすめのグルメや定番をご紹介

【2018最新】鎌倉の観光スポット8選!女子旅におすすめのグルメや定番をご紹介

鎌倉大仏殿 高徳院 鎌倉大仏

01

鎌倉大仏殿 高徳院/鎌倉・長谷

世界中から愛される「鎌倉の大仏さま」

高徳院は浄土宗の仏教寺院。本尊の「鎌倉大仏」で知られています。正式名は銅造阿弥陀如来坐像(どうぞうあみだにょらいざぞう)といい、国宝です。高さは約11.3メートル、重さはなんと121トン。建造が始まったのは1252年(建長4)とされ、完成当時は金箔で覆われていたようです。当初は大仏殿がありましたが、度重なる台風や大津波で倒壊し、室町末期頃には今のような野天に座る「露坐(ろざ)の大仏」になりました。古くから外国人の参拝が多く、仏教国であるタイ王室お手植えの記念樹もあります。

基本情報
【利用料金】200円(大仏胎内の拝観は別途20円)
【営業時間】8時~17時30分(10月~3月は17時まで。入場は閉門15分前まで)
【定休日】なし
【住所】神奈川県鎌倉市長谷4-2-28
【交通アクセス】電車:江ノ電「長谷」駅から徒歩約7分 車:朝比奈ICから車で30分
【駐車場】なし
【問い合わせ(TEL)】0467-22-0703
【公式サイト】http://www.kotoku-in.jp/

鶴岡八幡宮 大石段と本宮

02

鶴岡八幡宮/鎌倉駅東口

数々の歴史を見守ってきた鎌倉の総鎮守

鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)は鎌倉のシンボル的な神社。鎌倉時代、源氏再興を旗揚げした源頼朝によって現在の地に祀られました。現在の本殿は江戸幕府11代将軍徳川家斉の造営によるもの。源義経(頼朝の弟)の側室・静御前(しずかごぜん)ゆかりの舞殿があるほか、頼朝が妻・北条政子の安産を祈願して作られた約500メートルの参道「段葛(だんかづら)」が当時の隆盛を今に伝えています。9月の流鏑馬(やぶさめ)神事は特に有名。神苑ぼたん庭園は、ぼたんの名所です。

基本情報
【参拝時間】6時~20時30分
【住所】神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
【交通アクセス】電車:JR・江ノ電「鎌倉」駅から徒歩約10分 車:横浜横須賀道路「朝比奈IC」から車で約15分
【駐車場】40台(1時間まで600円 祈祷を受ける場合は2時間まで無料)
【問い合わせ(TEL)】0467-22-0315
【公式サイト】https://www.hachimangu.or.jp/

報国寺 竹の庭

03

報国寺/鎌倉駅東口

禅寺でお茶をいただき竹庭を愛でる

1334年(建武元)、足利家時により開基。「竹の寺」とも呼ばれています。本尊の釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)は鎌倉時代作で、足利家時(尊氏の祖父)など足利一族の墓もある歴史的にも貴重な存在です。報国寺開山の仏乗禅師が修行のために建てた「休耕庵」の跡は現在はお茶席となっていて、抹茶をいただきながら美しい竹林を眺めることができます。毎週日曜朝7時30分から、一般も参加可能な日曜坐禅会を開催。

基本情報
【利用料金】拝観200円、休耕庵:抹茶(干菓子付)500円 ※抹茶の受付は15時30分まで
【営業時間】9時~16時
【定休日】無休(12月29日~翌1月3日閉門)
【住所】神奈川県鎌倉市浄明寺2-7-4
【交通アクセス】電車:JR・江ノ電「鎌倉」駅からバス「鎌倉霊園正面前太刀洗・金沢八景行き」もしくは「ハイランド行き」で約12分、浄明寺下車徒歩約3分
【駐車場】5台(無料)※なるべく公共交通機関利用
【問い合わせ(TEL)】0467-22-0762
【公式サイト】http://www.houkokuji.or.jp/index.html

KANNON COFFEE kamakura クレープ

04

KANNON COFFEE kamakura/鎌倉・長谷

お寺巡りの途中に大仏モチーフのスイーツを

名古屋で人気のカンノンコーヒーが2017年、長谷観音の近くに出店。呉服店をリノベーションした味わい深い店舗に、おしゃれなのれんが目印。持ち帰りが中心の小さなコーヒースタンドですが、店内に5席、外にもベンチがあります。1杯ずつハンドドリップで入れるコーヒーのほか、焼き菓子も販売。鎌倉店限定のクレープ(680円/税込み)に大仏ビスケット(120円)をトッピングするのもおすすめ。ついつい写真に撮りたくなるようなかわいらしさです。

基本情報
【営業時間】10時~18時(季節変動あり)
【メニュー料金】ドリップコーヒー(450円~)金額は税込 ※クレープは季節にあわせて食材を変更
【定休日】なし
【住所】神奈川県鎌倉市長谷3-10-29
【交通アクセス】江ノ電「長谷」駅から徒歩約3分
【駐車場】なし
【問い合わせ(TEL)】0467-84-7898
【公式サイト】https://kannon-coffee-kamakura.business.site/

鎌倉野菜工房 内観

05

鎌倉野菜工房/鎌倉駅東口

鎌倉の新鮮野菜で作る無添加ピクルス

鎌倉で生まれ育った店長が「鎌倉でとれた新鮮な野菜と、湘南の海でとれた旬の魚をもっとたくさんの人たちに知ってもらいたい」と始めたお店。野菜のピクルスは昆布だしを使い、酸味は控えめ。保存料無添加で、見た目も美しく瓶詰めされています。湘南の新鮮な魚介類は、香り豊かなチップでスモークに。野菜も魚もその時々のものを使うので、販売アイテムは時期によりますが、いろいろ野菜のピクルスは1620円(税込)、釜揚げしらすのスモークは864円。

基本情報
【営業時間】11時〜19時
【定休日】なし
【住所】神奈川県鎌倉市小町2-12-27 鶴ケ岡会館1F 25A
【交通アクセス】 電車:江ノ電「鎌倉」駅から徒歩約5分 車:朝比奈ICから車で約10分
【駐車場】近隣の有料駐車場を使用
【問い合わせ(TEL)】0467-55-9628
【公式サイト】https://www.kamakura-yasai.net/

段葛こ寿々 わらび餅

06

段葛こ寿々/鎌倉駅東口

鎌倉名物のわらび餅と手打ちそばを一度に

わらび餅で知られる「こ寿々(こすず)」が段葛(だんかずら=若宮大路)に構えるそば店。店舗は昭和初期の木造民家だったそうで風情があります。信州産の玄そばを自家製粉し、毎日手打ちしています。おすすめはこ寿々そば(1080円/税込)。冷たいそばの上に、三つ葉・揚げ玉・大根おろし・大葉・刻み海苔が載り、つゆをかけていただきます。後にはわらび餅(540円)も味わって。希少な国産わらび粉を使っていて、もっちりとした弾力ととろけるような食感が魅力です。

基本情報
【営業時間】11時30分~18時30分(L.O.)
【定休日】月曜(祝日の場合は翌日)
【住所】神奈川県鎌倉市小町2-13-4
【交通アクセス】電車:JR・江ノ電「鎌倉」駅から徒歩約5分  車:朝比奈ICから約15分
【駐車場】なし
【問い合わせ(TEL)】0467-25-6210
【公式サイト】https://www.kamakuratoday.com/meiten/kosuzu.html

鎌倉彫会館 CAFE&SHOP 倶利

07

鎌倉彫会館 CAFE&SHOP 倶利/鎌倉駅東口

鎌倉彫のオリジナルカップでカフェタイム

鎌倉の伝統工芸「鎌倉彫」は、独特の風合いの彫と漆塗りが特徴。2016年に鎌倉彫制作の拠点となる鎌倉彫会館をリニューアルし、1階にカフェとショップ「倶利」(ぐり)やギャラリーが新設されました。カフェでは鎌倉彫のお皿や、オリジナルの倶利カップで食事が楽しめます。倶利ブレンド(430円/税別)は、低温直火焙煎で芳醇な風味。倶利文様の和三盆つき。精進・刻御膳(ときごぜん)(1500円)では建長寺ゆかりのけんちん汁も味わえます。

基本情報
【営業時間】9時30分〜17時(ランチタイム 11時〜15時 LO14時30分)
【定休日】月曜(月曜が祝日の場合は火曜)
【住所】神奈川県鎌倉市小町2-15-13 鎌倉彫会館 1F
【交通アクセス】電車:JR・江ノ島電鉄「鎌倉」駅から徒歩約5分
【駐車場】なし
【問い合わせ(TEL)】0467-33-5751
【公式サイト】http://cafe.kamakuraborikaikan.jp/

オクシモロン コマチ 和風キーマカリー

08

オクシモロン コマチ/鎌倉駅東口

見た目も鮮やか、個性派カレーの人気店

カレーと甘いものが味わえるお店。カレーはチキンカリー、和風キーマカリー、スリランカ風マトンカリー、エスニックそぼろカリー、本日のカリーの5種類(各1200円/税込)。1皿分ずつ小鍋で仕上げていて繊細な味わいです。特に、香草がたっぷりと盛られたエスニックそぼろカリーはビジュアルも素敵。紫キャベツのコールスロー(400円)など付け合わせをお好みで。カスタードプリン(500円)など甘いものも評判。あたたかみある器は、販売も行っています。

基本情報
【営業時間】11時~18時(LO 17時30分)
【定休日】水曜 ※祝日の場合は翌木曜
【住所】神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-38 2F
【交通アクセス】電車:JR・江ノ電「鎌倉」駅から徒歩約7分
【駐車場】なし
【問い合わせ(TEL)】0467-73-8626
【公式サイト】https://www.oxymoron.jp/

あわせて読みたい!

最新情報はこちらからチェック!

旬な観光情報を現地からお届け
×