1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 長崎観光情報
  4. 壱岐に来たら訪れたい!壱岐観光スポット20選

壱岐に来たら訪れたい!壱岐観光スポット20選

辰の島

01

島の最北端にある壱岐随一の透明度を誇る無人島

エメラルドグリーンの絶景が広がる壱岐の宝石

島の最北端「勝本港」から船で10分ほどの場所にある無人島「辰の島」。普段は人が訪れない無人島とあってその透明度は壱岐随一!辰の島への渡船・遊覧は3月から11月までの期間限定で、島めぐりコースと、辰の島上陸のみのコース、島めぐりと上陸がセットになったコースがあり。壱岐の絶景を存分に堪能してくださいね。

基本情報
【住所】
長崎県壱岐市勝本町辰の島
【交通アクセス】
「郷ノ浦港」から車で約30分、勝本港から船で10分
【営業時間】
3月から11月まで※定期ダイヤ、夏期ダイヤあり
【料金】
・島めぐりコース 大人1500円、小人750円
・辰の島上陸コース(往復渡船)大人700円、小人350円
・島めぐり&辰の島上陸コース 大人2000円、小人1000円
【駐車場】
あり
【問い合わせ】
0920-42-2020(勝本町観光案内所)

壱岐イルカパーク

02

壱岐イルカパーク

かわいいイルカ達を間近で見られる海浜公園

海浜公園内には5頭のバンドウイルカが大自然に囲まれた環境で大切に飼育されていて、イルカ達のトレーニングを間近で見学することができます。えさやり体験や、イルカ達との撮影が楽しめるプログラムもあり。園内にはいろいろな遊具もあるので、小さな子ども連れでもゆっくりと過ごす事ができますよ。

基本情報
【住所】
長崎県壱岐市勝本町東触2639
【交通アクセス】
「郷ノ浦港」から車で約30分
【営業時間】
8時30分~17時
【料金】
入園料 大人200円、小人100円、幼児無料
・えさやり体験550円(3歳以上)
・ドルフィンウォッチ(撮影)300円
・ドルフィンフォト 大人1000円、小人800円(夏季限定、小学生以上)
【駐車場】
あり
【問い合わせ】
0920-42-0759

猿岩

03

猿岩

壱岐を代表する奇岩ビューポイント

壱岐を代表する景勝地のひとつで、そっぽを向いた猿にそっくりな高さ45メートルの奇岩。「日本の奇岩百景」にも選ばれています。島の西側に位置しており、夕日の美しさでも知られる人気スポットです。「猿岩物産館 お猿のかご屋」では、猿岩名物の「きびだんご」のほか、壱岐で獲れた新鮮な魚介類や特産品を購入できます。

基本情報
【住所】
長崎県壱岐市郷ノ浦町新田触870-3
【交通アクセス】
「郷ノ浦港」から車で約20分
【問い合わせ】
0920-46-0817 (猿岩物産館 お猿のかご屋)

小島神社

04

小島神社

芦辺町のモン・サン・ミッシェル

干潮のときにだけ現れる海の中の参道を渡った先、小さな島の上にある神社です。参拝できる時間は1日2回の干潮時のみ!その様子がフランスのモン・サン・ミッシェルに似ていることから、「壱岐のモン・サン・ミッシェル」として、注目を集めています。神社庁登録だけでも150の神社があるといわれる壱岐でも、パワースポットとして知られる神域です。

基本情報
【住所】
長崎県壱岐市芦辺町諸吉二亦触1969
【交通アクセス】
「芦辺港」から車で約7分
【駐車場】
あり(10台、無料)
【問い合わせ】
0920-47-3700(壱岐市観光連盟)

月讀神社

05

月讀神社

全国の月讀神社の総本社

鳥居をくぐり、階段を上った先の森の中にある「月讀神社」。全国の月讀神社の総本社とされており、安産祈願や病気平癒、航海安全、大漁祈願、五穀豊穣、商売繁盛など、暦や潮の干満など月にまつわる全ての行いに霊験あらたかと言われています。境内に入ると強力なオーラを感じる人もいるとか。旧暦の9月23日に開かれる例大祭では、壱岐神楽が披露されます。

基本情報
【住所】
長崎県壱岐市芦部町国分東触464
【交通アクセス】
「芦辺港」から車で約10分
【問い合わせ】
0920-45-4145

御朱印長

06

壱岐市オリジナル御朱印帳

神々が宿るパワースポット・壱岐で御朱印巡り

壱岐市には神社庁登録神社数が150社あり、まさに神々が宿るパワースポット。御朱印帳には40社分を押すことができます。持ち運びにも便利なサイズの御朱印帳には、ガイドブックも同封されているので、さまざまな神社の歴史や特長に触れながら、壱岐の御朱印巡りを楽しんでください。神社には事前に連絡をして出かけることをおすすめします。

基本情報
【商品詳細】
壱岐市オリジナル御朱印帳
販売価格:1200円(税込・ミニガイドブック付)
販売場所:郷ノ浦港・芦辺港・印通寺港の観光案内所
【問い合わせ】
0920-47-3700(壱岐市観光連盟)

うにめし食堂 はらほげ

07

うにめし食堂 はらほげ

地元海女が獲った香りゆたかな壱岐うに

地元の海女が玄界灘で獲ったうにや、魚介類を使った料理を堪能できます。3種類のうにを醤油と一緒に炊き込んだ「うにめし」は、磯の香りと豊かな甘みが口中に広がる、ここでしか味わえない逸品。さざえのつぼ焼き、刺身の盛り合わせにあさり汁までついたボリューム満点の定食も人気です。5月上旬から10月下旬は、うにを割ってその場で食べる「うに割り」も体験できます。

基本情報
【住所】
長崎県壱岐市芦辺町諸吉本村触1307
【交通アクセス】
「芦辺港」より車で約13分
【営業時間】
10時~20時
【メニュー例】
・うにめし定食900円
・生うにぶっかけ丼(単品)2200円
【駐車場】
あり(普通車50台・大型バス10台、無料)
【問い合わせ】
0920-45-2153

割烹 豊月

08

割烹 豊月

漁師直営の割烹で海の幸に舌鼓

港からほど近い「割烹 豊月」は、壱岐の食を余すことなく味わえる寿司割烹。店内には3つの大きな生け簀があり、注文を受けてからその場でさばいてくれるので、鮮度もお墨付き。うに、あわび、いくらなど豪華食材がたっぷりと乗った海鮮丼や、ホクホクに柔らかい煮魚、寿司や天ぷらがセットになった定食メニューが人気です。

基本情報
【住所】
長崎県壱岐市芦辺町瀬戸浦256
【交通アクセス】
「芦辺港」より車で約5分
【営業時間】
昼 11時30分~14時
夜 18時~23時
【料金】
【メニュー例】
・海鮮丼2000円
・煮魚定食1300円
【駐車場】
あり(20台、無料)
【問い合わせ】
0920-45-3265

味処うめしま

09

味処うめしま

牧場直営店で幻の名牛・壱岐牛を堪能

梅島牧場が直営するレエストランで、貴重な壱岐のブランド牛「壱岐牛」をリーズナブルに楽しめる人気店です。ヒレやサーロイン、特選ロースやカルビ、数量限定のタンステーキ、しゃぶしゃぶにすき焼きなど、メニューも充実。牧場直営ならではの“一頭仕込み”なので、あまり市場に出回らない希少な部位がメニューに並ぶことも。

基本情報
【住所】
長崎県壱岐市芦辺町箱崎中山触2604-86
【交通アクセス】
「芦辺港」より徒歩すぐ
【営業時間】
昼 11時30分~14時30分(LO)
夜 17時30分~21時30分(LO)
【メニュー例】
・うめしまランチプレート1500円
・カルビ定食2300円
・ビビンバ880円
【駐車場】
あり(10台、無料)
【問い合わせ】
0920-45-3729

大久保本店

10

大久保本店

古民家カフェで味わう100パーセント壱岐牛バーガー

勝本漁港そばにある、レトロモダンなカフェ。一番人気は壱岐牛を100パーセント使用したハンバーガで、地元素材にこだわり、パテやジャポネソースも全て手作り。ふわふわのパテと壱岐牛、甘辛いジャポネソースの相性が抜群で、ペロリと食べてしまえます。壱岐牛のステーキ丼やドリンクなど、その他メニューも充実しています。

基本情報
【住所】
長崎県壱岐市勝本町勝本浦359
【交通アクセス】
「郷ノ浦港」から車で約30分
【営業時間】
月曜日~水曜日:11時~20時30分(20時ラストオーダー)
金曜日~日曜日:11時~22時(21時ラストオーダー)
【メニュー例】
・壱岐牛ハンバーガー900円(+150円でポテト&ドリンク付き)
・トッピング(卵、ベーコン、チーズ)各100円
・壱岐牛ステーキ丼2000円
【駐車場】
あり
【問い合わせ】
0920-42-0500

塞神社

11

塞神社

崇敬厚い「芸能の神様」

島の玄関口、郷ノ浦港から徒歩10分ほどの郷ノ浦の飲食街にある「塞神社」。 この神社には、猿田彦命(サルタヒコノミコト)の妻であり、芸能の神・猿女命(サルメノミコト)が祀られています。特に目を見張るのが、壱岐島一インパクトのあるオブジェで、触ると良縁・子宝のご利益があるとされています。また、拝殿の中には、春画など他の神社では見ることのできない貴重な奉納物を見ることができます。

基本情報
【住所】
長崎県壱岐市郷ノ浦町片原触113番地
【交通アクセス】
郷ノ浦港から車で約5分
【駐車場】
なし
【問い合わせ】
0920-47-3700

爾自神社

12

爾自神社

巨大な東風石に開運祈願

山の中にひっそりと佇む「爾自(にじ)神社」は、知る人ぞ知る開運神社として注目を浴びている神社です。本殿裏に祀られている高さ2.7メートルもある玄武岩の「東風(こち)石」は、かの神功皇后が三韓出兵のときに出航の順風を祈ったところ、この石がふたつに割れ、そこから東風が吹き出し、無事に渡航することができたという伝説があります。近年では、東風石の伝説やパワーにあやかろうと、起業を志す人や人生の岐路に立っている人が徐々に訪れるようになってきたそうです。

基本情報
【住所】
長崎県壱岐市郷ノ浦町有安触979
【交通アクセス】
郷ノ浦港から車で約20分
【駐車場】
あり

鬼の足跡

13

鬼の足跡

必見!ゴリラ岩

壱岐島に数多く残る鬼伝説のひとつがこの郷ノ浦町の西端、牧崎の先端にある周囲110メートルの大穴。その昔、大鬼のデイが鯨をすくい捕るために踏ん張ってできた足跡で、「鬼の足跡」と呼ばれています。大鬼のもう片方の足跡は、勝本町辰ノ島の蛇ケ谷にある足跡とされています。「鬼の足跡」の他にも、海沿いにニョキ!っと突き出た「笑うゴリラ岩」も人気のスポットとなっています。

基本情報
【住所】
長崎県壱岐市郷ノ浦町渡良東触1956-2他
【交通アクセス】
郷ノ浦港から車で約15分
【駐車場】
あり

LAMP壱岐

14

LAMP壱岐

歴史を物語る貴重な建築物

壱岐島の漁師町、勝本。古き良き街並みを多く残すこの地域に、2018年にオープンした和モダンな建物は、「ゲストハウスLAMP壱岐」と「レストランLAMP」です。ゲストハウスは昭和初期に建てられた築90年の木造3階建て、「つたや旅館」が改修されたもので、今では見ることのできない壱岐島の歴史を物語る貴重な建築物のひとつです。

基本情報
【ゲストハウスLAMP壱岐】
ドミトリー1泊4300円~、個室1泊1万2500円~
【住所】
長崎県壱岐市勝本町勝本浦250番地
【交通アクセス】
郷ノ浦港から車で約30分
【駐車場】
有り
【問い合わせ】
0920-40-0071

海里村上

15

海里村上

夕日とともにオリジナルリキュールを

壱岐の湯ノ本地区にある高級宿「海里村上」。日本の夕日百選にも選ばれた湯ノ本湾の絶景を一望できる源泉掛流しの露天風呂が自慢で、天然アワビやウニをはじめとする壱岐島の新鮮な魚介類や幻の壱岐牛も堪能することができます。湯ノ本温泉の歴史は古く、神功皇后が応神天皇の産湯をつかわせ、産後の心身を癒したという伝説もあり、子宝の湯として親しまれています。「海里村上」でも立ち寄り湯が利用でき、湯上り後の海を眺めながらのコーヒーは身も心も芯まで温めてくれますよ。

基本情報
【住所】
長崎県壱岐市勝本町立石西触119番地2
【交通アクセス】
郷ノ浦港から車で約20分
【立ち寄り湯】
1000円(タオル、アメニティ、コーヒー付/税込)
【日時】
不定期開催(※海里村上公式ホームページや⇒公式Facebookページで告知)、11時~18時(最終受付17時30分まで)
【駐車場】
あり
【問い合わせ】
0920-43-0770

壱岐市立一支国博物館

16

壱岐市立一支国博物館

壱岐の生活語る160体の人形

島のあちらこちらから古代日本を物語る貴重な資料が島内から多数出土していますが、これらを一同に展示しているのが、一支国博物館です。世界的建築家、故黒川紀章氏が手掛けた生前最後の設計で、周囲の山並みの景観にマッチするように曲線を描いた天然芝の屋根が特徴的です。展示物の中で特に人気となっているのが、弥生時代の「一支国・原の辻」を表現した巨大ジオラマ。160体のミニチュア人形たちによる当時の生活の様子は、じっと見ていると今にも動き出しそうなぐらいに精巧で、じっと見つめていると弥生時代にタイムスリップした気分になることができます。

基本情報
【住所】
長崎県壱岐市芦辺町深江鶴亀触515番地1
【交通アクセス】
芦辺港から車で約15分
【入館料】
個人:一般400円、高校生300円、小中学生200円 ・団体(20人以上):一般320円、高校生240円、小中学生160円 ・壱岐市民:一般300円、小中高生無料 、年間パス1000円
【開館時間】
8時45分~17時30分(最終入館17時)
【休館日】
毎週月曜(月曜が祝日の場合は翌日休館)、12月29日~31日
【駐車場】
あり
【問い合わせ】
0920-45-2731

男岳神社

17

男岳神社

御神体の岩がパワースポット

男岳神社は、壱岐島の鬼門である北東の男岳に位置し、明治時代まで山全体が御神体とされ、一般人の入山が許されていなかった神聖な場所です。実は、男岳神社は、最初の神「天比登都柱(アメノヒトツバシラ)」や「月読命(ツクヨミノミコト)」の降臨の地とされており、もとの月読宮とされています。境内には、願い事が成就した参拝客により奉納された250体を超える石猿たちが可愛らしい表情を見せてくれています。

基本情報
【住所】
壱岐市芦辺町箱崎本村触1678番地
【交通アクセス】
芦辺港から車で約15分
【駐車場】
あり
【問い合わせ】
0920-45-1881

松永安左エ門記念館

18

松永安左エ門記念館

「電力の鬼」を身近に

明治から昭和の時代を駆け巡り、日本の電力の普及と振興に努め、日本の産業経済発展の基礎を築いた壱岐島の偉人、松永安左エ門。記念館には、「日本の電気王」、「電力の鬼」と称された氏の功績や人物像を知ることができる写真や所持品、文書などが多数展示されています。「我が人生は闘争なり」という言葉からは、豪快な性格で波乱の人生を豪快に生き抜いた安左エ門翁の強い決意を感じとることができます。

基本情報
【住所】
長崎県壱岐市石田町印通寺浦360-3
【交通アクセス】
郷ノ浦港から車で約15分
【入館料】
大人100円、中学生以下50円、15人以上2割引き
【開館時間】
9時~17時
【休館日】
毎週水曜・年末年始(12月29日~1月3日)
【駐車場】
あり
【問い合わせ】
0920-44-6688

壱岐の蔵酒造

19

壱岐の蔵酒造

壱岐島限定焼酎が試飲OK

壱岐焼酎の製造過程を間近で体感することができるのが、壱岐の蔵酒造です。長崎県で2番目に広い穀倉地「深江田原(ふかえたばる)平野」を有する壱岐島では古代より稲作が盛んでした。16世紀に大陸から蒸留技術が伝わり、17世紀の江戸時代に島民の主食だった麦の余りを蒸留し、米麹と融合させたものが、壱岐の麦焼酎の原型と言われています。蔵見学や試飲ができますよ。

基本情報
【住所】
長崎県壱岐市芦辺町湯岳本村触520番地
【交通アクセス】
芦辺港から車で約15分
【駐車場】
あり
【問い合わせ】
0920-45-2111

大浜海水浴場

20

大浜海水浴場

美しいブルーのグラデーション

壱岐島の南東に位置する石田町は美しいビーチがたくさんあります。その中でも大浜海水浴場は遠浅の白砂ビーチが自慢で、波が穏やかなため、貝がらをやシーグラスをたくさん拾うことができるビーチです。干潮時にはさざ波が美しい波紋の風景を見せてくれます。波の音、風の音を聴きながらの海散歩なら、大浜がおすすめ。ふと足元を見てみると、ビーチに届けられた貝殻やシーグラスが目に入りますよ。

基本情報
【住所】
長崎県壱岐市石田町筒城東触
【交通アクセス】
郷ノ浦港から車で約25分
【駐車場】
あり

その他のエリアでローカルの魅力に触れる

今、この宿、見られてます

あわせて読みたい!

最新情報はこちらからチェック!

旬な観光情報を現地からお届け
×