1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 大分観光情報
  4. 失敗したくない人必見 別府お土産8選

失敗したくない人必見 別府お土産8選

三味ざぼん店

01

三味ざぼん店

創業以来受け継がれてきた蜜で炊きあげるざぼん漬け

1945年創業のざぼん漬けの専門店が創業以来、守り続けられた伝統の蜜で炊きあげたざぼん漬けは、住民だけでなく多くの観光客から愛されています。グラニュー糖をまぶしクリーミーな食感が特徴の「白雪」を原点に、オリジナルの商品も多数。

基本情報
【住所】
大分県別府市北浜1-4-5
【電話番号(問い合わせ)】
0977-23-1664

血の池地獄

02

血の池地獄

わき出す粘土で作られた真っ赤な軟膏

1300年以上前から存在する日本最古の天然地獄“血の池地獄”。そこからわき出る真っ赤な粘土で作られた軟膏は皮膚病、やけどやニキビにも効果があると評判。古くは傷薬の代りに軍人さんが使用していたとか。園内の小さな売店で購入できます。

基本情報
【住所】
大分県別府市野田778
【電話番号(問い合わせ)】
0120-459-554

つげ櫛工房 別府つげ工芸

03

つげ櫛工房 別府つげ工芸

使えば使うほどよく馴染み、風合いを増すつげ櫛

昔から多くの女性に愛され続けてきたつげ櫛。現在でも静電気を防止し、毛先まで艶やかになるとリピーターが続出しています。大正8年創業の同店では伝統や彫刻技術を活かした耳かきやピアスなど、お土産にピッタリな商品もそろえています。

基本情報
【住所】
大分県別府市松原町10-2
【電話番号(問い合わせ)】
0977-23-3841

村上商会

04

村上商会

家庭にいながら温泉湯治を楽しめる「湯の素」

硫黄を有効成分とし、家庭用入浴剤として定評がある「湯の素」。湯冷めしにくく、アカギレなどの皮膚疾患にも効果的で、家庭で温泉湯治ができると話題です。また赤ちゃんお湿疹やオムツかぶれなどにも効くといわれ、年齢を問わず幅広く愛用されています。

基本情報
【住所】
大分県別府市上田ノ湯町16-7
【電話番号(問い合わせ)】
0977-21ー1270

かるかん堂 中村家

05

かるかん堂 中村家

添加物、保存料を使用せず安心して食べられる“かるかん”

独特の風味となめらかな食感が特徴のかるかん。同店のかるかんは昭和27年の創業以来、山芋、米粉、砂糖だけで添加物や保存料は使わず、安心して食べられると評判。見た目も味もシンプルで長年のファンも多く、別府のお土産の定番となっています。

基本情報
【住所】
大分県別府市石垣東6-8-14
【電話番号(問い合わせ)】
0977-25-8878

南光物産

06

南光物産

かぼす風味そのままに「大分かぼすグミ」

別府の伝統的なお菓子「ざぼん漬け」を長年作り続けてきた同社が手がけた商品。完熟黄かぼすの果汁と香り豊かな皮を使ったグミは、見た目もかわいらしくお土産にピッタリ。口に入れるとさわやかなかぼすの風味が広がります。

基本情報
【住所】
大分県別府市大字鉄輪1284-2
【電話番号(問い合わせ)】
0120-66-4153

観光を楽しむならホテル選びも重要!ホテル・宿を見つけて、旅行に行こう!




別府タオル

07

別府タオル

昭和30年代の絵柄の「レトロタオル」

創業64年のタオル専門店が昭和30年代に作った絵柄をそのまま使用したレトロタオルシリーズ。レトロな雰囲気が「懐かしい」「かわいい」と幅広い年齢層で話題になっています。タオルには別府温泉の文字もあり、お土産としても喜ばれそうですね。

基本情報
【住所】
大分県別府市光町9-15
【電話番号(問い合わせ)】
0977-22-0902

Hell Company(ヘルカンパニー)

08

Hell Company(ヘルカンパニー)

本格激辛カレースナック別府地獄カレー

地獄(Hell)を名乗る同店が国内で一番辛いスナックだと自信をもって販売する別府地獄カレー。罰ゲーム級の辛さがクセになる人も多いようです。ほかに、辛さの日本一を目指す“地獄シリーズ”も多数。ぜひ一度チャレンジしてみたいですね。

基本情報
【住所】
大分県大分市賀来南1-18-42
【電話番号(問い合わせ)】
097-549-2597

今、この宿、見られてます

あわせて読みたい!

最新情報はこちらからチェック!

旬な観光情報を現地からお届け
×