1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 鹿児島観光情報
  4. 鹿児島温泉ツウが教える 湯めぐり徹底ガイド
鹿児島の11温泉地をリサーチ!

鹿児島温泉ツウが教える
湯めぐり徹底ガイド

鹿児島の人気温泉地から地元民おすすめの温泉を、現地編集部がピックアップ。温泉街の歩き方やランキングで、鹿児島の個性・魅力あふれる温泉地をめぐりましょう!

[たびらいセレクション]

Kagoshima Local hot springs

鹿児島の秘湯めぐり旅

01

霧島温泉からつづく
湯けむりロードをゆく

  • 安楽温泉
    「安楽温泉」は古くから湯治場として利用された温泉
  • 塩浸温泉
    坂本龍馬夫妻の新婚旅行の地としても知られる「塩浸(しおびたし)温泉」
  • 関平温泉
    周りを気にせず浸かれるロケーション抜群の貸切露天風呂
  • 妙見温泉
    天降川のほとりにひっそりと佇む「妙見石原荘」
  • 安楽温泉
  • 塩浸温泉
  • 関平温泉
  • 妙見温泉

霧島温泉郷から続く道を川沿いに下っていくと、道沿いには小さな温泉地が点在。霧島から続く「湯けむりロード」をのんびり車でドライブ。温泉好きにはたまらない、魅惑の湯旅に出かけましょう!

▼おすすめの温泉

[たびらいセレクション]

02

入って効能を実感
豊富な泉質を楽しむ

  • 吉松温泉
    地元民がこよなく愛し、足蹴く通う吉松温泉郷の「原口温泉」
  • 紫尾温泉
    まるで美容液のようなぬるりとした肌触りの湯を堪能
  • 入来温泉
    諏訪温泉は百薬の名湯として親しまれ、その歴史は約300年以上
  • 霧島神宮温泉
    顔、デコルテ、腕など、全身を泥湯でパックしてみて
  • 吉松温泉
  • 紫尾温泉
  • 入来温泉
  • 霧島神宮温泉

温泉といっても、その種類は千差万別。化粧水の湯とも言われるとろみのある肌触りの湯やさっぱり感のある茶褐色の温泉など、現地編集部がおすすめする良泉質な温泉を紹介。さぁ、あなたはどの湯が好み?

▼おすすめの温泉

[たびらいセレクション]

03

ゆかりの地はここにも
西郷どんが通った温泉

  • 栗野岳温泉
    栗野岳温泉 南洲館の「桜湯」。湯船の底には泥が沈殿
  • 吹上温泉
    西郷どんも愛した450年以上の歴史を持つ「西郷(せご)どんの湯」
  • 川内高城温泉
    つるっとした柔らかい湯触りが特徴の「共同湯(元湯)」
  • 日当山温泉
    レトロな雰囲気漂う「西郷どん湯」。地元の人から人気の立ち寄り湯です
  • 栗野岳温泉
  • 吹上温泉
  • 川内高城温泉
  • 日当山温泉

西郷どんや偉人があししげく通った、歴史深い温泉街が面白い! 歴史好きや、味のある鄙びた温泉が好みの人にはたまらない施設をピックアップ。その地で眠り現代に継がれる物語を探してみませんか。

▼おすすめの温泉

[たびらいセレクション]

04

絶景に浸ろう!
海・川沿い温泉めぐり

  • 指宿温泉
    青い海と空に、緑の草木が南国感漂う絶景露天風呂
  • 古里温泉
    錦江湾に面した絶景露天風呂が人気の古里温泉「桜島シーサイドホテル」
  • 垂水温泉
    オーシャンビューを楽しみながら、なめらかな肌触りの湯を楽しむ
  • 天降川温泉
    天降川沿いにかまえた露天風呂が自慢の「ホテル華耀亭」
  • 指宿温泉
  • 古里温泉
  • 垂水温泉
  • 天降川温泉

大海原が広がる温泉や、清流を目の前に望むリバービュー風呂など、自然を肌で感じられる温泉も豊富にあります。嫌なことも全て忘れてさせてくれる景色に、思わずため息をついてしまいそう。

▼おすすめの温泉

[たびらいセレクション]

05

地元民しか知らない
穴場のジモ泉

  • 弥次ヶ湯温泉
    ノスタルジックな気分を味わえる「弥次ヶ湯温泉」
  • 湯之元温泉
    一度で2種類の温泉が楽しめるが売り文句の「湯之元温泉 元湯・打込湯」
  • 鰻温泉
    かつては西郷隆盛も湯治に訪れた「区営鰻温泉」
  • 弥次ヶ湯温泉
  • 湯之元温泉
  • 鰻温泉

「穴場」と聞くと、思わず耳を傾けてしまいませんか? 霧島温泉や指宿温泉以外にも、地元民に愛され続ける温泉がたくさん。湯あみと一緒に、地元の方からローカルな話を聞けるのも、楽しみのひとつなんです。

▼おすすめの温泉

[たびらいセレクション]

おすすめの鹿児島温泉

  • 鹿児島を代表する温泉地 11選

    霧島温泉郷

    高千穂峰の懐から湧き出る名湯・霧島温泉郷。それぞれに異なる泉質を持つ温泉は湯治としての利用も多く、数多くの大型ホテルや旅館が軒を連ねます。また駅など各所に足湯が設置されていたり、温泉の蒸気を利用した温泉卵などが販売されていたりと、随所で豊かな温泉の恵みを随所に感じられます。

    詳細はこちら
    指宿温泉
    指宿温泉

    鹿児島県内有数の観光地・指宿(いぶすき)温泉。「東洋のハワイ」とも呼ばれ、現在でも沢山の観光客が訪れる鹿児島の観光名所として高い知名度を誇っています。泉源は約500カ所、一日あたりの総湧出量は約12万トン。湧出温度は50~60度が大半ですが高いところは100度に達するものもあり、活火山の息吹を強く感じることができます。

    詳細はこちら
    紫尾温泉

    鹿児島県の北部、紫尾山の東麓に位置する紫尾温泉(しびおんせん)。温泉が湧き出しているのは、かつては「紫尾権現」や「紫尾山三所権現」とも呼ばれていた紫尾神社。創建が貞観8年(866)と伝わる古社で、神体の「3面の大鏡」が源実朝に奉納されているなど、鎌倉幕府や室町幕府、江戸時代の島津氏など、時の権力者にも尊崇されてきた神社です。開湯は、江戸時代初期の貞享期だと伝えられています。

    ▼この温泉地でおすすめの宿
    四季の杜 紫尾庵
    紫尾湯の宿 くすのき荘
    吹上温泉
    吹上温泉

    薩摩半島西海岸に位置する日置(ひおき)市内の伊作川沿いに広がる「吹上温泉」は、「日本三大砂丘」のひとつに数えられている吹上浜近くに湧く温泉地。約450年以上前に馬によって発見されたと伝えられる「吹上温泉」は、地元の人々に馬の洗い水として利用されていたこともあります。現在5軒の旅館があり、斎藤茂吉や吉田絃二郎など近代の歌人が投宿したとされる「みどり荘」や、天候によっても温泉の色が変化するという「新湯温泉」などがあります。

    ▼この温泉地でおすすめの宿
    中島温泉旅館
    妙見温泉

    新川渓谷一帯に広がる妙見温泉は新川渓谷温泉郷に属しており、1967年には、国民保養温泉地にも指定。主な泉質はナトリウム・カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉で、入浴時には筋肉痛や関節痛などに、飲用時には糖尿病や痛風、慢性消化器疾患などに効くとされています。現在では、天降川沿いに「忘れの里 雅叙苑」や「妙見石原荘」、「おりはし旅館」など、昔ながらの湯治宿から離れ形式の高級旅館に至るまで様々なタイプの人気の旅館がひしめいています。

    ▼この温泉地でおすすめの宿
    妙見石原荘
    妙見温泉 妙見ホテル
    塩浸温泉
    塩浸温泉

    日本で最初の新婚旅行に出掛けた人物。実は、日本で最初の新婚旅行に行ったとされる人物は、幕末の志士として有名な坂本龍馬です。その新婚旅行で訪れた温泉こそ、霧島市内に位置する「塩浸温泉」。慶応2年(1866)の3月、寺田屋事件で傷を負った坂本龍馬が妻のお龍とともに鹿児島を湯治目的で訪れ、日当山温泉や塩浸温泉、霧島温泉など、県内の温泉地を旅しています。

    霧島神宮温泉

    「霧島神宮温泉」は、元々は霧島神宮に参拝へ訪れる人のために作られた温泉で、昭和初期に霧島連山の新燃岳中腹にある「湯之野温泉」から引き湯をすることによって誕生したもの。その後、昭和30年代に入って98度の新たな温泉を掘り当てることに成功して以降、更に発展を遂げました。霧島神宮の門前から周辺の山々にかけて幾つかの温泉地が点在し、宿のタイプも昔ながらの温泉旅館から民宿、ペンション、リゾートホテルまで様々です。

    日当山温泉
    日当山温泉

    各地の名湯を訪ね歩いた隆盛が最も多く訪れた温泉地として名前が挙がるのが、“鹿児島の奥座敷”と称される「日当山温泉」。特に、明治維新後から西南戦争までの間に頻繁に訪れ、ウサギ狩りや魚釣りなどに興じていたそう。温泉街の一角に、実際に隆盛が宿泊した農家が復元されていたり、隆盛が馬を繋いでいたというイヌマキの木が残っていたりと、往時の面影を偲ばせています。

    川内高城温泉郷
    川内高城温泉郷

    鹿児島県北西部に位置する薩摩川内市から約12キロ進んだ場所にあり、昔ながらの古き良き湯治場を思わせる「川内高城温泉(せんだいたきおんせん)」。狭い道の両側に自炊形式や素泊まり形式の旅館、商店、民家などが所せましと建ち並び、いかにも山里の鄙びた温泉地の雰囲気が漂います。平成2年には「日本の名湯百選」にも指定されていることから、泉質の高さは実証済みです。

    湯之元温泉

    「日本三大砂丘」のひとつとして有名な吹上浜から約2キロの場所にある「湯之元温泉」は、薩摩半島の中央に位置する日置市内に湧く温泉地。湯量が豊富なのが特徴で、現在でも44ケ所もの源泉から温泉が湧出しており、十数軒の旅館や日帰りの温泉施設、人気の家族湯などの湯舟を満たしています。

    垂水温泉郷

    「垂水温泉郷」とは、垂水市に点在する温泉のことです。その中のひとつである「海潟温泉」は、かつて霧島や指宿と並んで「鹿児島三大名湯」に数えられるほど栄えていたそう。なんと言っても、「海潟温泉」の魅力は、錦江湾沿いという立地を生かした眺望の良さ。湯舟に浸かると眼前には、鹿児島のシンボルである桜島や「薩摩富士」と称される開聞岳、錦江湾などが広がり、刻一刻と変化しながら、鹿児島ならではの美景を描き出しています。

  • 一度は入っておきたい日帰り温泉 22選

    四季の杜 紫尾庵

    紫尾温泉の泉源は、紫尾神社の拝殿の下から湧き出していることから「神ノ湯」とも呼ばれています。湯が濁っている日は「神様が入浴した日」で、とても縁起が良いのだとか。この良質の湯を求め、遠路はるばる来られるリピーターも多いそう。湯はアルカリ性単純硫黄泉で、ph値が9.4~9.6と非常に高く、まるで美容液のようなぬるりとした肌触りが特徴です。

    詳細はこちら
    いぶすき元湯

    砂むし会館「砂楽」から若宮神社に通じる「子宝ロード」にある旧市営温泉。歴史は半世紀以上に上り、指宿温泉発祥の湯ともいわれています。湯は、高温の塩化物泉の「しお湯」。新陳代謝を促進してくれ、天然の保湿成分といわれているメタケイ酸を多く含み、つるつるとした肌触りです。

    詳細はこちら
    区営鰻温泉

    かつては西郷隆盛も湯治に訪れていたという湖畔の温泉「鰻温泉(うなぎおんせん)」。泉源の豊富さを象徴するように、この地域では、地面から蒸気が吹き出しているところが多く見られます。温泉はシンプルな造りになっており、熱めの硫黄泉を楽しむことができます。

    詳細はこちら
    紫尾湯の宿 くすのき荘

    豊富な湯量で加水・加温を一切なしの100パーセント源泉かけ流し。内湯にはサウナと、地下水を利用したやわらかい肌当たりの水風呂も完備しています。化粧水のような肌触りで、全身が膜で包み込まれているような感触のアルカリ性単純硫黄泉の湯は、ほんのりと硫黄の香りがして、湯の花が時折ふわりと漂いますよ。

    詳細はこちら
    妙見石原荘

    趣の異なる5つの風呂で湯巡りが楽しめる妙見石原荘。宿泊者は1カ所(睦実の湯)を除き、全て無料で入浴できます。大浴場「天降殿」のほか、川沿いの絶景をプライベートに楽しめる貸切露天「七実の湯」や「睦実の湯」、宿泊者は混浴で入浴できる「椋の木」野天風呂、一番川に近い場所にある「足湯」など、野趣あふれる温泉体験ができます。

    詳細はこちら
    ヘルシーランド たまて箱温泉

    全国の日帰り温泉ランキングでも上位になることが多い人気の温泉「たまて箱温泉」。温泉や運動施設、レストランなどが入った「ヘルシーランド」という施設内にあります。露天風呂から望める東シナ海や開聞岳、竹山の大パノラマを一目見ようと、多くの観光客が遠方から訪れます。天気が良ければ屋久島や竹島、硫黄島までを望むことができ、まるで海に浸かっているかのような開放感を味わえますよ。

    詳細はこちら
    砂むし会館 砂楽

    海外からも訪問客が訪れる指宿の観光名所「砂むし会館 砂楽(さらく)」は、世界でも類を見ない天然砂むし場です。大潮の干潮時には波打ち際で、砂からの温熱で汗と心地よい海風に吹かれながら本場の砂むしを堪能できます。全天候型の砂むしなので、雨の日でも安心。一度は体験しておきたい、おすすめスポットです。

    詳細はこちら
    硫黄谷温泉 霧島ホテル

    坂本龍馬が新婚旅行の際に訪れたことでも知られる「硫黄谷温泉 霧島ホテル」。こちらの魅力はなんといっても硫黄谷庭園浴場。1日の湯量は14000000リットル、1分間にドラム缶50本分の湯沸き出ています。ぜひ一度、坂本龍馬ゆかりの宿、霧島ホテルに足を運んでみてはいかがでしょうか。

    詳細はこちら
    さくらさくら温泉

    霧島神宮大鳥居から、歩いて10分ほどのところにある「さくらさくら温泉」は、広大な緑の木々の中で、四季折々の自然を楽しみながら森林浴ができる宿としても有名です。名物でもある泥湯は全国的にも非常に珍しく、源泉泥を使った泥パックは美効果があり、肌をスベスベにしてくれます。

    詳細はこちら
    二月田温泉 殿様湯

    薩摩藩藩主の温泉別荘だった歴史のある「二月田温泉 殿様湯」。浴槽には、丸に十字から成る島津家の家紋が刻まれており、島津家との深い関りがうかがえます。湯には太古の海水と微量な火山ガスが溶け込んでおり、施設の入り口に設置されている飲泉用の温泉を飲むと、だしのような味わいが楽しめるとか。ツウにはたまらない温泉ですね。

    詳細はこちら
    家族温泉 野の香

    指宿市内外から多くの利用者が訪れる貸し切り温「野の香」。和の湯や里の湯のほか、地元のヒノキを使った雅の湯など、特徴の異なる8種類の露天風呂があり、落ち着いた空間で温泉に浸かることができます。また外の休憩所で温泉卵やソフトクリームも販売されているので、こちらも風呂上がりにおすすめですよ。

    詳細はこちら
    旅行人山荘

    閑静な50000坪の自然林に囲まれた「旅行人山荘」。小鳥のさえずりや蝉の声が聞こえ、時には野生の鹿を見かけることも。温泉は大隅の湯と錦江の湯の2種類あり、内湯は天然自噴の単純泉、露天は湯の花が香る硫黄泉を楽しむことができます。露天風呂からは、眼下に広がる壮大な桜島や錦江湾の景色を味わえるため、観光客にも人気です。

    詳細はこちら
    霧の里 本館

    絶景を見渡せる大浴場は露天風呂と内湯、サウナを完備した「霧の里 本館」。標高400メートルという好立地を活かして作られた露天風呂からは、緑あふれる茶畑や霧島連山の絶景を楽しめます。気象条件が良ければ、夕映えの大パノラマや幻想的な早朝の雲海などの美しいロケーションに出合えることも。霧島の大自然を感じながらじっくり温泉を堪能してください。

    詳細はこちら
    弥次ヶ湯温泉

    「三国名勝図会」にも記される古くから利用されてきた由緒ある温泉「弥次ヶ湯温泉」は、明治35年創業で120年以上の歴史があり、その木造の佇まいもまるでタイムスリップしたかのような、ノスタルジックな気分を味わえます。弥次ヶ湯と大黒湯があり、弥次ヶ湯は源泉のみ、大黒湯は源泉が熱いので注ぎ口から水を足すことが可能。休憩処もあるので、いにしえの名湯をゆっくり堪能できますよ。

    詳細はこちら
    東郷温泉

    「東郷温泉」は、明治28年に自然湧出したと言われている、地元民から愛され続ける掛け流しの温泉。源泉温度は48℃程であつ湯とぬる湯がありますが、冷めれば入れる温度なので源泉掛け流しの湯を堪能できます。また、入り口付近にある「たぬき足湯」は無料で開放されているので、観光客からも人気があります。歴史深い、ノスタルジックな温泉を満喫してみてはいかがでしょうか。

    詳細はこちら
    霧島観光ホテル

    300年の歴史を誇る殿湯温泉として、広く愛用されている「霧島観光ホテル」。霧島で唯一展望風呂があるとしても有名です。こちらの魅力はなんといっても、泉質の良さ。日本一の名湯として人気を博し、以来代々の藩主が愛用し「薩摩の殿湯」と呼ばれています。ぜひ、日本一の名湯と霧島の絶景を楽しんでくださいね。

    詳細はこちら
    日当山温泉 花の湯

    さらさらと肌触りの良い泉質と効能が自慢の「日当山温泉 花の湯」は、日当山駅から歩いて10分ほどの利便性の良い場所に位置します。入浴料は500円とお手頃であるにも関わらず、露天風呂、電気風呂、足湯など、様々な湯船が充実。神経痛、筋肉痛、疲労回復など、非常に多くの効能がため、日々の疲れを癒してくれます。土日は多くの地元民でにぎわう、人気の入浴施設です。

    詳細はこちら
    指宿こころの湯

    指宿市東方に位置する「指宿こころの湯」は、温泉や岩盤浴の他、食事処、キッズルームなど、ファミリーやグループで1日楽しみながらリラックスできる総合温浴施設です。施設内には、源泉掛け流しの開放感ある露天風呂や、岩をくりぬいた壺風呂など、豊富な種類の温泉を楽しむことができます。食事処「一心」では海鮮丼やお刺身定食など地魚メニューも提供しているので、ランチにもおすすめですよ。

    詳細はこちら
    山川砂むし温泉 砂湯里

    「たまて箱温泉」のすぐそばにある天然砂むし温泉「砂湯里(さゆり)」。たまて箱温泉と同様に秀峰・開聞岳を望むロケーションの素晴らしさが特徴で、波の音を聞きながら砂蒸し体験ができると、観光客に人気の温泉です。伏目海岸の一帯は、景勝地としても温泉リゾートとしても楽しめる場所なので、指宿旅行へお出かけの時は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

    詳細はこちら
    前田温泉 カジロが湯

    リーズナブルな料金帯であるものの、豊富な湯量と広い湯船、地熱蒸気を利用したサウナなど、充実している「前田温泉 カジロが湯」。肌がスベスベになると、地元の人にも好評です。湯あがりには温泉たまごもおすすめ。宿泊施設も用意されているので、一日ゆっくりしてみてはいかがでしょうか。

    詳細はこちら
    塩浸温泉龍馬公園

    坂本龍馬が新婚旅行で訪れた際、逗留したと言われている「塩浸温泉龍馬公園」。園内にある塩浸温泉は戊辰戦争後に傷病者の療養温泉として一躍有名になったそう。源泉は、「塩浸温泉」と「鶴の湯」の2種類。浴場はそれぞれの浴槽が用意されており、どちらも楽しむことができます。その他、「龍馬資料館」「坂本龍馬・お龍新婚湯治碑」「龍馬とお龍の縁結びの足湯」などもあるので、観光にもおすすめのスポットです。

    詳細はこちら
    栗野岳温泉 南洲館
    栗野岳温泉 南洲館

    栗野岳中腹にある一軒宿「栗野岳温泉 南洲館」。宿の裏にある八幡大地獄は九州一の噴気孔で、ごうごうと噴気が立ち上り、煮えたぎる泥の池など、思わず身震いするような光景が広がっています。3種類の異なる源泉を持ち、少し熱めの湯が特徴。明礬緑礬泉の泥湯「竹ノ湯」、単純硫黄泉のにごり湯「桜湯」、さらに八幡大地獄の蒸気を利用した「蒸し風呂」と、個性豊かな温泉が楽しめますよ。

    詳細はこちら

その他のエリアで楽しむ
ローカル旅行体験

鹿児島観光でしたい8つのこと、32の体験

鹿児島観光でしたい8つのこと、32の体験

鹿児島の定番観光だけではない、「ローカル旅行」の楽しみ方を、たびらいが実際に歩き、体験して考えました。温泉にグルメ、絶景スポットまで。あなたの知らない、ディープな“かごんま”旅行に出かけましょう。

詳細はこちら

今、この宿、見られてます

あわせて読みたい!

最新情報はこちらからチェック!

旬な観光情報を現地からお届け
×