1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 埼玉観光情報
  4. 【2018最新】秩父の観光スポット29選!定番から穴場、グルメなどをご紹介

【2018最新】秩父の観光スポット29選!定番から穴場、グルメなどをご紹介

定番

秩父三大神社に雄大な自然を感じるスポットを紹介

長瀞渓谷 紅葉

01

長瀞渓谷(岩畳)/長瀞

渓流の岩畳と紅葉が織りなす晩秋の絶景

長瀞(ながとろ)駅から徒歩5分、荒川の中流にある長瀞渓谷。川沿いにある岩畳(いわだたみ)は、国指定の名勝・天然記念物にも指定される珍しい岩。畳がいくえにも重なったような岩が、約600メートルにわたって続いています。岩の上を歩いたり、座ってお弁当を食べるのもOK。特に秋の長瀞は紅葉スポットとしても人気。鮮やかに色づいた木々を岩畳から眺めることができます。近くには土産物店や飲食店が立ち並ぶ長瀞岩畳通り商店街もあるので、あわせて回るのがおすすめです。

基本情報
【利用料金】なし
【定休日】なし、2018年は11月1日(木)~11月30日(金)まで長瀞紅葉まつりを開催
【住所】埼玉県秩父郡長瀞町長瀞
【交通アクセス】車:関越自動車道「花園IC」から車で約35分 電車:秩父鉄道「長瀞」駅から徒歩5分
【駐車場】長瀞駅周辺有料駐車場を利用
【問い合わせ(TEL)】0494-66-3311
【公式サイト】https://www.nagatoro.gr.jp/

羊山公園・芝桜の丘

02

羊山公園・芝桜の丘/秩父・大宮

芝桜は40万株以上! 花の絨毯を見ながら散策タイム

例年4~5月に開催される芝桜まつり。約1万7600平方メートルの敷地に、40万株以上の芝桜が咲き誇ります。ピンクや白、淡いブルーの花が曲線的なデザインで植えられ、色鮮やかな一面は花の絨毯のよう。写真映えも抜群です。ハート型にも見える花びらの形を近寄って見てみるのも楽しいですね。公園内にはハイキングコースや秩父市街地を一望できる丘もあるので、春以外の季節も広い園内で散策を楽しめますよ。

基本情報
【入園料金】芝桜見頃期間8時~17時は300円 ※時期はその年の開花状況による
【営業時間】24時間入園可能 ※混雑時は、園内進入規制あり
【定休日】なし
【住所】埼玉県秩父市大宮6360
【交通アクセス】車:関越自動車道「花園IC」から車で約50分(※芝桜の開花期間中は、交通渋滞が予想されるため、公共交通機関の利用を推奨) 電車:西武秩父鉄道「西武秩父」駅または「横瀬」駅から徒歩で約20分
【駐車場】約300台(無料、芝桜の開花期間のみ500円)※ゴールデンウィーク期間中は園外2カ所に臨時駐車場設置
【問い合わせ(TEL)】0494-26-6867
【公式サイト】https://navi.city.chichibu.lg.jp/p_flower/1808/

三峯神社 本殿

03

三峯神社/奥秩父

山頂の神聖な空気の中で自分自身を見つめる

鎮座1900年を超える秩父多摩甲斐国立公園内に建つ神社。本殿は埼玉県の有形文化財に指定されており、全国各地から多くの人が参拝に訪れる名スポット。拝殿は権現造(ごんげんづくり)という建築様式で、色鮮やかな彫刻が施された装飾が特徴です。標高約1100メートルに位置する境内は澄んだ空気に包まれ、拝殿の左右にはパワースポットしても知られる御神木がそびえ立ちます。本殿に向かう途中は、階段が続くので歩きやすい靴で行くのがおすすめです。

基本情報
【営業時間】参拝9時~17時
【定休日】なし
【住所】埼玉県秩父市三峰298-1
【交通アクセス】バス:秩父鉄道「三峰口」駅から西武観光バスで約50分、西武秩父鉄道「西武秩父」駅から西武観光バスで約75分、共に「三峯神社」駅下車すぐ 車:関越自動車道「花園IC」より国道140号線、皆野寄居バイパス経由で約2時間
【駐車場】市営駐車場を利用(第一駐車場240台、第二駐車場42台、共に510円)
【問い合わせ(TEL)】0494-55-0241
【公式サイト】http://www.mitsuminejinja.or.jp/

秩父神社 本殿

04

秩父神社/秩父駅周辺

彫刻も見どころ。秩父を見守り続ける神社

秩父駅から徒歩3分の場所に鎮座する秩父神社は、その歴史2100年。御本殿は、名工 左甚五郎により施された多くの彫刻で飾られています。「よく見て・よく聞いて・よく話す」として親しまれる「お元気三猿」は、どこか愛らしい表情。例年20万人以上の人出でにぎわう「秩父夜祭」はユネスコの無形文化遺産に登録された例大祭です。12月3日夜から翌朝にかけて続く豪華絢爛な山車の引き回しや、冬空に打ち上がる花火が街全体を熱と活気で包みます。

基本情報
【利用料金】なし
【営業時間】参拝は20時まで ※参拝開始時間は季節により異なる(3~4月・10月~11月は5時半から、5月~9月は5時から、12月~2月は6時から)授与品・御朱印9時~17時、秩父夜祭は毎年12月2・3日に開催
【定休日】なし
【住所】埼玉県秩父市番場町1-3
【交通アクセス】車:関越自動車道「花園IC」より車で約30分 電車:秩父鉄道「秩父」駅から徒歩3分、西武鉄道「西武秩父」駅から徒歩15分
【駐車場】約40台(無料)
【問い合わせ(TEL)】0494-22-0262
【公式サイト】http://www.chichibu-jinja.or.jp/

寳登山神社 本殿

05

寳登山神社/長瀞

白い大鳥居がそびえ立つ、宝登山山麓の神社

標高約497メートルの宝登山(ほどさん)、その山麓に鎮座するのが寳登山神社。約1900年前、この山で火事に見舞われたという日本武尊(やまとたけるのみこと)。そこに現れた山犬たちが火を消して彼を助けたという伝説から、火災・盗難・諸難よけの御神徳も高い神社です。本殿の後方には、日本武尊がみそぎをしたといわれる「みそぎの泉」が。山頂付近の奥宮までロープウェーに乗って、山々に囲まれた秩父の町を眺めてみるのも楽しいですよ。

基本情報
【営業時間】参拝自由 ※御朱印受付は夏季(4月~9月)8時30分~17時まで、冬季(10月~3月)8時30分~16時30分まで
【定休日】なし
【住所】埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1828
【交通アクセス】車:関越自動車道「花園IC」から車で約20分 電車:秩父鉄道 「長瀞駅」から徒歩15分
【駐車場】40台(無料)
【問い合わせ(TEL)】0494-66-0084
【公式サイト】http://www.hodosan-jinja.or.jp/

和同開珎 モニュメント

06

和銅遺跡/秩父・黒谷

日本最古の貨幣、和同開珎のルーツ

和同開珎は日本最古といわれる流通貨幣。708年、露天掘りによって採掘された自然銅が朝廷に献上され作られました。和銅遺跡はその発祥の地。和銅献上に関係深いと伝えられる聖神社の先、歩いて15分程の場所に露天掘跡があります。途中の遊歩道には、和同開珎のモニュメントが。高さは5メートル、大きな円は「天」を四角は「地」を表しています。金運アップの場所としても人気。坂道が多いので、足元は動きやすい靴がおすすめです。

基本情報
【利用料金】なし
【住所】埼玉県秩父市黒谷567
【交通アクセス】車:関越自動車道「花園IC」から車で約40分 電車:秩父鉄道「和銅黒谷駅」下車徒歩5分
【駐車場】5台(無料)
【問い合わせ(TEL)】0494-24-0345
【公式サイト】http://www.chichibu.co.jp/~wado/index.htm

三十槌の氷柱 ライトアップ

07

三十槌の氷柱/奥秩父

自然が織りなす秩父の冬の風物詩

1月~2月の厳冬期にかけて、荒川河川敷に現れる三十槌の氷柱(みそつちのつらら)。氷柱の大きさは、高さ約8メートル、横幅約30メートル。冬の厳しい環境が造りだす氷の芸術です。天然の氷柱のため、その形は毎年様変わりします。河原に降りて迫力ある氷を間近に見るのもよし、歩きやすいウッドデッキから全体を眺めるのもよし。17時からの氷柱ライトアップでは、昼間とは違う幻想的な雰囲気を味わえるのもポイントです。

基本情報
【環境整備協力金】200円(中学生以上)
【開場期間】例年1月上旬から2月中旬頃(氷の状況により変動)※ライトアップは大滝氷まつり開催時のみ、例年1月中旬から2月中旬頃17時~19時(平日)17時~21時(土日祝日)
【定休日】氷柱見学期間中は定休日なし
【住所】秩父市大滝4066-2(ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場)または、秩父市大滝4011-1(槌打キャンプ場)
【交通アクセス】車:関越自動車道「花園IC」から車で約90分 バス:西武秩父鉄道「西武秩父」駅から急行「三峰神社」行きバスで「三十槌」下車すぐ、または秩父鉄道「三峰口」駅からバスで「宮平」下車徒歩約25分
【駐車場】ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場と槌打キャンプ場に計約140台(500円)
【問い合わせ】一般社団法人秩父観光協会大滝支部
【公式サイト】https://navi.city.chichibu.lg.jp/
【備考】駐車場に関する問い合わせは、ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場、または槌打キャンプ場まで

長瀞ラインくだり 舟からの景色

08

長瀞ラインくだり/長瀞

荒川の流れを体全体で感じて

荒川の水が穏やかに流れる区間、長瀞(ながとろ)。昔ながらの和舟の上で、二人の船頭さんの解説と共に、夏は新緑、秋は紅葉を眺めながら下ります。途中急流もあるので、水しぶきを浴びながらちょっぴりスリリングな体験も味わえますよ。コースは、親鼻橋(おやはなばし)から岩畳をいくAコース(約3キロ約20分)、岩畳から高砂橋(たかさごばし)をいくBコース(約3キロ約20分)。また、ラインくだりを満喫したい人におすすめの全長約6キロのコース(約40分)と、全3種類の設定があります。冬季1月~2月は「ぽかぽか こたつ舟」として営業。

基本情報
【利用料金】A/Bコース1600円、全コース3000円
【営業・時間】3月上旬~12月上旬のみ営業 9時~16時頃
【定休日】上記期間以外(1月~2月は「ぽかぽかこたつ舟」として営業)
【住所】埼玉県秩父郡長瀞町長瀞489-2
【交通アクセス】車:関越自動車道「花園IC」から車で約25分 電車:秩父鉄道「長瀞」駅から徒歩1分
【駐車場】長瀞駅周辺の有料駐車場を利用
【問い合わせ(TEL)】0494-66-0950
【公式サイト】http://www.chichibu-railway.co.jp/nagatoro/

女子旅

心安らぐカフェに、自然豊かな秩父ならではの体験を紹介

彩の国ふれあい牧場の牛

01

秩父高原牧場(彩の国ふれあい牧場)/東秩父村

澄み渡る空の下で動物との触れ合いタイム

秩父高原牧場内にある「彩の国ふれあい牧場」は触れ合い、学び、体験を楽しめるスポット。風吹く標高500メートルの山の上から眺める景色は、爽快。牧場内では、牛やウサギ、羊を飼育しており、営業時間内は出入りが自由な「ふれあい広場」で、人懐こいヤギと触れ合うことができますよ。3月~11月の土日、祝日は牛乳を使ったアイスクリームやチーズ作りの体験学習も開催。5月~6月に開かれるイベント「天空のポピー」では、1500万本のシャーレーポピーが咲き誇り壮観です。

基本情報
【利用料金】無料
【営業時間】8時30分~17時15分(彩の国ふれあい牧場は9時~16時30分)
【定休日】月曜日(月曜日が休日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)
【住所】埼玉県秩父郡東秩父村坂本2951(秩父高原牧場)
埼玉県秩父郡東秩父村大字坂本2949-1(彩の国ふれあい牧場)
【交通アクセス】車:関越自動車道「花園IC」から車で約50分 バス:西武秩父線「西武秩父駅」から三沢経由皆野駅行きバス「三沢郵便局」下車徒歩90分
【駐車場】113台(無料)
【問い合わせ(TEL)】0493-82-1500(彩の国ふれあい牧場)
【公式サイト】http://www.pref.saitama.lg.jp/kogen-bokujo/index.html

ちちぶ銘仙館 秩父銘仙

02

ちちぶ銘仙館/秩父駅周辺

秩父の伝統的な着物で、大正時代にタイムスリップ

秩父が誇る国指定の伝統的工芸品、秩父銘仙(めいせん)。大正から昭和初期にかけて、女性の手軽なおしゃれ着として全国的な人気を誇りました。ちちぶ銘仙館はそんな歴史を学び、体験できるスポット。織機でコースターを作る織体験や、型紙を使ってハンカチを染める型染め体験など、豊富なメニューが揃います。それぞれの所要時間は30分から1時間程。秩父の伝統的技術に触れながら、思い出の品を作ってみるのはいかがですか。

基本情報
【利用料金】入場料大人200円、ほぐし捺染体験8000円(要予約)、手織り体験1000円、藍染体験1300円、型染体験1000円
【営業時間】9時~16時 ※体験受付は15時まで
【定休日】年末年始(12月29日~1月3日)
【住所】埼玉県秩父市熊木町28-1
【交通アクセス】車:関越自動車道「花園IC」より車で約45分 電車:西部秩父線「西武秩父」駅から徒歩5分、秩父鉄道「御花畑」駅から徒歩10分
【駐車場】21台(無料)
【問い合わせ(TEL)】0494-21-2112
【公式サイト】http://www.meisenkan.com/

秩父表参道Lab. 外観

03

秩父表参道Lab./秩父駅周辺

散策途中、クラフトビール&ウイスキーでひと休み

秩父神社の表参道・番場通りにたたずむ複合ショップ。雑貨や家具が並ぶインテリアショップ「インテリアネオスタイル」の隣に、カフェとバーを併設した「まほろカフェ・バル」が構えています。店内では、世界でも高く評価された秩父産ウイスキー・イチローズモルトを提供。古きよきものと新しい現在のアイテムを融合させたリノベーション空間は、まるで実験場のよう。ちょっと散策に疲れたら、地元の食材を使用したランチを味わうのもいいですね。

基本情報
【まほろカフェ・バル メニュー】武州豚の味噌そぼろ丼800円、プラチナ卵の卵かけごはん400円、秩父麦酒飲み比べセット900円、秩父麦酒ハーフ600円(全て税込み)
【営業時間】まほろカフェ・バル11時~21時(LO20時、ドリンクLO20時30分)、インテリア・ネオスタイル 11時~19時
【定休日】毎週水曜・第4木曜定休(インテリア)、毎週水曜・木曜定休(カフェ、バル)
【住所】埼玉県秩父市番場町17-14
【交通アクセス】車:関越自動車道「花園IC」より車で約60分 電車:西武鉄道「西武秩父」駅から徒歩7分、秩父鉄道「御花畑」駅から徒歩4分
【駐車場】6台(無料)
【問い合わせ(TEL)】0494-24-3000(インテリア・ネオスタイル)、0494-26-7303(まほろカフェ・バル)
【公式サイト】http://www.chichibu-lab.jp/

MAPLE BASE(メープルベース)  オリジナルパンケーキ

04

MAPLE BASE(メープルベース)/秩父・小鹿野町

日本初の専門施設で味わい深いメープルシロップを

シュガーハウスはカナダでメープルシロップの製造ラボを指します。「メープルベース」は2016年4月に日本で初めて秩父にオープン。施設内にはメープルシロップ製造機械が置かれ、製造時期の2月〜3月はシロップが出来るまでの過程を見学することができます。カフェ店内は、白を基調とした明るい空間。しっとりと柔らかい生地が特徴のメープルベースオリジナルパンケーキ(3枚入り700円/税込)や、「樹液紅茶ホット」(Sサイズ400円)を味わえます。秩父産メープルシロップやカエデ樹液サイダーなど、お土産にぴったりの商品も揃います。木のぬくもりが溢れるログハウス席や、愛犬と一緒に過ごせるテラス席もありますよ。

基本情報
【メニュー例】ジェラートナッツパンケーキ(3枚入り)1100円、自家製メープルナッツ450円(全て税込)
【営業時間】10時〜17時(ラストオーダー16時30分)
【定休日】水曜定休、祝日や繁忙期は営業
【住所】埼玉県秩父郡小鹿野町長留1129-1 秩父ミューズパーク内
【交通アクセス】車:関越自動車道「花園IC」から約50分 バス:西武鉄道「西武秩父」または秩父鉄道「秩父」駅から秩父ミューズパーク循環バス「ぐるりん号」で約30分、「スポーツの森」下車すぐ
【駐車場】ミューズパーク内に駐車場あり、600台(無料・最寄りはP3駐車場) ※夏期プールオープン時期は500円
【問い合わせ(TEL)】0494-26-6150
【公式サイト】https://www.facebook.com/MAPLEBASE.JP/

西武秩父駅前温泉 祭の湯 外観

05

西武秩父駅前温泉 祭の湯/秩父駅周辺

秩父観光のしめは駅前温泉でぽかぽかに

「祭」がデザインコンセプトの複合型温泉施設。温泉・物販・フードコートの三つのエリアからなり、温泉エリアでは露天風呂や内湯、岩盤浴のほか、リクライニングチェアが置かれた休憩スペースでくつろぐことができます。朝風呂で観光をスタートするもよし、汗を流して帰るもよし。ゆっくり秩父観光したい人には、宿泊もおすすめです。物販エリアでは、秩父の特産品や銘菓を販売。立ち飲みブースで秩父の地酒を一杯味わってはいかがですか。

基本情報
【利用料金】入浴980円(平日)1080円(土日祝日特定日)、タオルセット1200円(平日)1300円(土日祝日特定日)、くつろぎ処宿泊2490円、プレミアムラウンジ宿泊3460円(要予約)※別途入館料が必要
【利用時間】入館・入浴10時~23時 (月~木・日曜・祝日/最終受付は22時30分)、10時~24時 (金・土曜・祝前日・特定日/最終受付は23時30分)、宿泊20時~翌9時(金・土曜・祝前日・特定日/最終受付は23時30分)、朝風呂6時~9時(土・日曜・祝日・特定日の翌日、最終受付は8時30分) ※特定日とは、ゴールデンウィーク、お盆、秩父夜祭時期、年末年始など
【定休日】なし ※メンテナンス休業あり
【住所】埼玉県秩父市野坂町1-16-15
【交通アクセス】車:関越自動車道「花園IC」から国道140号線で約45分 電車:西武秩父線 「西武秩父」駅前、秩父鉄道「御花畑」駅から徒歩約5分
【駐車場】39台(30分ごと100円)祭の湯(温泉)を利用、または売店・飲食店舗で1000円以上の買い物をした人は、最大2時間無料
【問い合わせ(TEL)】0494-22-7111
【公式サイト】https://www.seibu-leisure.co.jp/matsuri/

子ども連れ

晴れの日も雨の日も、子供と楽しめるスポットを紹介

秩父ミューズパーク スカイトレイン

01

秩父ミューズパーク/秩父・小鹿野町

晴れた日は自然溢れるテーマパークへ

375ヘクタールの広大な敷地内に、アスレチックや宿泊施設、食事処などを併設する、小山の上にある公園。パークの北口付近にある展望ちびっ子広場は、音で遊ぶことをテーマにした広場。滑り台は、滑ると野鳥のさえずりが聞こえる仕掛けです。最も長い滑り台は53メートルあり、大人も子どもも爽快な気分が味わえます。機関車型移動車スカイトレインやレンタサイクルに乗って、スカイロードを散策するのもおすすめ。季節ごとに芽吹く植物が美しいですよ。

基本情報
【利用料金】各施設で利用料金は異なる スカイトレインは乗車料大人400円、レンタサイクルは2時間500円~(自転車の種類により異なる)
【営業時間】24時間営業 ※各施設で利用時間は異なる
【定休日】スカイトレイン・レンタサイクルは火曜日定休
【住所】埼玉県秩父郡小鹿野町長留2518
【交通アクセス】車:関越自動車道「花園IC」から国道140号を秩父方面へ車で約50分、飯能から国道299号を秩父方面へ車で約1時間 バス:秩父鉄道「秩父」駅または西武秩父線「西武秩父」駅から秩父ミューズパーク循環バス「ぐるりん号」で約20分(降りるバス停はパーク内の行き先により異なる)
【駐車場】1600台(無料)
【問い合わせ(TEL)】0494-25-1315
【公式サイト】http://www.muse-park.com/

フォレストアドベンチャー・秩父 ジップスライド

02

フォレストアドベンチャー・秩父/秩父・久那

森の中でスリル満点のアドベンチャー体験

レストアドベンチャーは、フランス発祥の自然共生型アウトドアパーク。全国各地にあり、「秩父ミューズパーク」のスポーツの森の中にある秩父の規模は国内最大級。コースは六つ。はしごを登って綱を渡り、木々の間を滑り抜けます。まるでターザンのような体験でスリルたっぷり。秩父では、身長140センチ以上または小学4年生以上、体重130キロまでの人が対象。動きやすく汚れてもいい服装がおすすめ。少年少女の気持ちになって楽しめる施設ですよ。

基本情報
【利用料金】3600円
【営業時間】9時~日没まで(最終受付16時)※季節により変動(事前予約をおすすめします)
【定休日】不定休
【住所】埼玉県秩父市久那637-2 秩父ミューズパーク・スポーツの森内
【交通アクセス】車:関越自動車道「花園IC」から国道140号で約45分、圏央道「狭山日高IC」から国道299号で約45分 バス:西部秩父線「西武秩父」駅または秩父鉄道「秩父」駅から西武バス「ミューズパーク循環」で音楽寺先回り、秩父病院先回り共に約20分、「スポーツの森」から徒歩約1分
【駐車場】秩父ミューズパーク内スポーツの森エリアにあり(P4駐車場・無料)
【問い合わせ(TEL)】070-5567-3335
【公式サイト】http://fa-chichibu.foret-aventure.jp/

SLパレオエクスプレス

03

SLパレオエクスプレス/熊谷~三峰口

汽笛に耳を傾けながら懐かしの鉄道旅情を

かつて東北地方などの旧国鉄で活躍し、1972年に一度は廃車となったSLC58363。その後、さいたま博覧会にあわせて復活し、現在は都心から一番近い蒸気機関車「SLパレオエクスプレス」として運行しています。客車4両で、秩父鉄道「熊谷」駅~「三峰口」駅間の約180分を1日1往復。途中駅の乗車と下車も可能です。山間の景色を眺めながら、お弁当を食べたり、写真を撮るのもよし。汽笛の音や蒸気の熱を感じながら、レトロな気分を味わってみませんか。

基本情報
【乗車料金】普通乗車券に加え、SL整理券(自由席)510円または、SL指定席券720円を購入(※前売り販売)座りたい人は、SL指定席券がおすすめ
【運転期間・時間】3月下旬~12月上旬の土日中心に運行 秩父鉄道「熊谷」駅10時10分(平日は10時12分)発車、「三峰口」駅12時50分(平日は12時45分)到着 ※運転日・時刻等は要問合せ
【定休日】上記期間以外
【住所】秩父鉄道「熊谷」駅は熊谷市桜木町1-202-1、「三峰口」駅は埼玉県秩父市荒川白久1625
【交通アクセス】「熊谷」駅へは関越自動車道「東松山IC」より約40分、「三峰口」駅へは関越自動車道「花園IC」より車で約80分
【駐車場】「熊谷」駅南口に153台あり(30分毎100円、6時間以上当日以内1200円)※秩父鉄道熊谷駅窓口にて駐車券と秩父路遊々フリーきっぷまたはSL整理券提示により「3時間無料駐車券」を配布、「三峰口」駅前に10台あり(1日520円)
【問い合わせ(TEL)】048-523-3317
【公式サイト】http://www.chichibu-railway.co.jp/slpaleo/

ちちぶキッズパーク 園内

04

ちちぶキッズパーク/秩父・別所

雨の日も体を動かして遊べる公園

ロッククライミング感覚で斜面を登ることのできるアスレチック遊具「どきどきブリッジ」や屋根付きの砂場など、屋外施設が充実しています。特に子どもたちに人気なのはトランポリン「ふわふわドーム」。また、屋内の施設には、ボールプールやジャングルジムが設置された部屋も。雨の日も思い切り遊べます。パーク内には自動販売機がありますが、近くに売店がないので軽食などは持参するのがおすすめです。

基本情報
【利用料金】無料
【開園時間】10時~17時(冬期10時~16時30分)
【住所】埼玉県秩父市別所351番地
【交通アクセス】車:関越自動車道 「花園IC」から車で約55分 バス:西武鉄道「西武秩父」駅から久那循環路線で「キッズパーク」駅下車徒歩1分
【駐車場】40台(無料)
【問い合わせ(TEL)】0494-21-2040
【公式サイト】http://www.city.chichibu.lg.jp/1855.html

おがの化石館 パレオパラ ドキシアの化石

05

おがの化石館/秩父・小鹿野町

かつて海だった秩父盆地の古代ロマンに触れて

2012年にリニューアルオープンした埼玉県秩父郡の小鹿野町(おがのまち)にある化石の展示施設。周辺で出土した絶滅哺乳類「パレオパラ ドキシア」の化石をはじめ、三葉虫やアンモナイトの化石など、小鹿野町と世界各地の動植物の化石が展示されています。化石館の裏手には、地層が露出した崖「ようばけ」があります。チチブホタテやチチブサワラなど、貴重な化石が発見されている地層。化石館とセットで見ると学びが深まりますよ。

基本情報
【利用料金】大人300円・小中学生200円
【営業時間】9時~17時(入館は16時30分まで)
【定休日】火曜日 但し、国民の祝日にあたる場合はその翌日
【住所】埼玉県秩父郡小鹿野町下小鹿野453番地
【交通アクセス】車:関越自動車道「花園IC」から約60分 バス:「西武秩父」駅から西武観光バスで約35分、「泉田」バス停で下車し徒歩20分
【駐車場】10台(無料)
【問い合わせ(TEL)】0494-75-4179
【公式サイト】https://www.town.ogano.lg.jp/menyu/kankou/midokoro/kasekikan/kasekikan.html

グルメ

味噌味グルメにスイーツも、秩父のおいしいものたち

手打ちそば やなぎや 大もりそば(くるみ汁)

01

手打ちそば やなぎや/秩父駅周辺

秩父のそばは香ばしいくるみのつゆにつけて

清らかな川と美しい山々の自然に恵まれた秩父は、そばの名産地。やなぎやは1957年創業の老舗店。人気のメニューは、秩父産の和グルミを使用したくるみ汁の大もりそば(1000円/税込)です。すりおろしたくるみを溶かしたつゆは、甘みのあるまろやかな味わい。細めでコシの強いそばとの相性は抜群です。しめはそば湯で割って、くるみの香ばしい香りを楽しんで。売り切れ次第終了なので、早めの時間に行くのがおすすめですよ。

基本情報
【メニュー料金】もりそば700円、大もりそば900円(全て税込み)、プラス100円でくるみのつゆに変更可
【営業時間】11時~15時(ラストオーダー14時30分)※ 売切れ次第終了
【定休日】金曜日 ※不定休あり、お店HPを確認
【住所】埼玉県秩父市相生町7-10
【交通アクセス】バス:西武観光バス小鹿野線「札所十七番入口」から徒歩1分 電車:秩父鉄道「秩父」駅から徒歩約11分 車:圏央鶴ヶ島「IC」から車で約70分
【駐車場】9台(無料)
【問い合わせ(TEL)】0494-22-1646
【公式サイト】https://soba-ya.co.jp/

レストラン東大門 メガわらじかつ丼

02

レストラン東大門/小鹿野町

甘辛いたれが絡んだビッグサイズのカツ丼

秩父民が愛するB級グルメ「わらじかつ丼」は、秘伝のたれで味付けされた大きなかつが2枚のったかつ丼のこと。東大門は精肉と焼き肉店も兼ねたレストラン。良質で柔らかいお肉に、サクサクの衣はちょっと甘めの醤油ダレで味付けされています。普通サイズのわらじかつ丼もボリュームたっぷりですが、さらに大きいメガわらじかつ丼(1500円/税込)は重量1キロ以上。食べきれなかった時は持ち帰りも可能ですよ。

基本情報
【メニュー料金】わらじかつ丼850円、豚のがっつり丼900円、薫る!またぎ豚ぶり900円(金額は全て税込)
【営業時間】11時~21時30分(水曜は15時まで)
【定休日】木曜日
【住所】埼玉県秩父郡小鹿野町小鹿野2806
【駐車場】20台(無料)
【問い合わせ(TEL)】0494-75-0424
【公式サイト】なし

荷車屋 道の駅~秩父食堂~ みそポテト

03

荷車屋 道の駅~秩父食堂~/秩父駅周辺

ほくほくのジャガイモと甘い味にほっとする

道の駅ちちぶ内にある荷車屋 道の駅~秩父食堂~は、秩父の郷土料理レストラン。みそポテトは古くからおやつやおかずの定番として親しまれているメニューで、この店でも人気の一品です。ジャガイモの天ぷらに甘めの味噌だれがかかっており、昔ながらの優しい味はほっとひと息つきたい時にもぴったり。この他、群馬・埼玉地方の郷土料理である煮込み麺料理「おっきり込み」もおすすめです。

基本情報
【メニュー料金】みそポテト200円、おっきり込みとみそポテトのセット850円、板そば・板うどん800円(金額はすべて税込み)
【営業時間】11時~19時
【定休日】なし
【住所】埼玉県秩父市大宮4625
【交通アクセス】車:関越自動車道「花園IC」から車で約55分 電車:秩父鉄道「秩父」駅から徒歩10分
【駐車場】83 台(無料)
【問い合わせ(TEL)】0494-21-2266
【公式サイト】http://www.nigurumaya.co.jp/michinoeki/index.html

水戸屋本店 ちちぶ餅

04

水戸屋本店 /秩父駅周辺

地元で愛され続ける伝統の菓子

創業1875年、秩父の老舗和菓子専門店。140年以上にわたり、伝統の味を守り続けています。ちちぶ餅は、もっちりとして伸びのよい餅に、しっかりとした甘さのつぶし餡が入った逸品。お土産としても人気です。お店の裏手にある古民家風の建物にはイートインスペースもあり、5代目の店主が作るケーキやお茶を楽しめます。家族が営むスイーツ店、昔ながらの和と新しい洋それぞれの味を楽しんでみてください。

基本情報
【利用料金】ちちぶ餅260円(2ヶ入)、790円(6ヶ箱入)、胡麻まんじゅう550円(4ヶ入)(全て税込み)
【営業時間】9時~18時30分
【定休日】火曜日
【住所】埼玉県秩父市本町1-22
【交通アクセス】車:関越自動車道「花園IC」から車で約60分 電車:「西武秩父」駅から徒歩15分、秩父鉄道「御花畑」駅もしくは「秩父」駅から徒歩8分
【駐車場】2台(無料)
【問い合わせ(TEL)】0494-22-1237
【公式サイト】なし

秩父地場産センター 外観

05

秩父地場産センター/秩父駅周辺

秩父土産なら豊富な品ぞろえの物産館で

秩父の観光情報やお土産が一挙に手に入る物産館。一階の土産処では、採れたての新鮮野菜に、こんにゃくやうどん、漬物に菓子類まで、秩父のおいしいものがずらり。民芸品や工芸品もそろいます。二階にはレストランも。秩父名物・わらじかつ丼(950円/税込)はもちろん、地野菜を使ったせいろ蒸しご飯膳(1080円)など、満腹間違いなしの地産地消料理が味わえます。駅に隣接しているので、帰りにお土産をまとめ買いするのもOKです。

基本情報
【利用料金】入館は無料
【営業時間】9時30分~17時30分(地場産センター物産館)、11時~17時(茶房レストラン 春夏秋冬)
【定休日】不定休(地場産センター物産館※年末3日間を除く)、水曜日(茶房レストラン春夏秋冬※祝日の場合は翌日)
【住所】埼玉県秩父市宮側町1-7
【交通アクセス】車:関越自動車道「花園IC」から車で約40分、電車:秩父鉄道「秩父」駅直結
【駐車場】20台(無料)
【問い合わせ(TEL)】0494-24-6966(地場産センター物産館)、0494-21-3388(茶房レストラン 春夏秋冬)
【公式サイト】http://www.jiba.or.jp/chichibu/

穴場

昼は札所巡りに、夜はともしびを求めて穴場へ

上町のホタル

01

上町ホタルスポット/秩父・上町

初夏、ホタルの優しい光に包まれて

秩父市上町(かみまち)を流れる押堀川(おっぽりがわ)の下流。6月中旬~7月上旬頃にかけて、この川沿いをたくさんのゲンジボタルとヘイケボタルが飛び交います。上町ホタルの会の人々が、年間を通して発生環境を整備。活動開始前に比べ、ホタルの数は約200匹ほどまで増えています。 辺りは住宅街。夜はとても暗くなるので、足元に注意して静かに観察しましょう。虫刺され防止のため、服装は長袖長ズボンがおすすめです。

基本情報
【利用料金】なし
【営業時間】ホタルの鑑賞期間は例年6月上旬から7月10日ごろまで
【定休日】なし
【住所】埼玉県秩父市上町3丁目24周辺
【交通アクセス】車:関越自動車道「花園IC」から車で約50分 電車:秩父鉄道御花畑駅より徒歩約20分、西武鉄道西武秩父駅より徒歩約25分
【駐車場】近隣の臨時駐車場を利用
【問い合わせ(TEL)】0494-25-5209(秩父市観光課)
【公式サイト】https://navi.city.chichibu.lg.jp/p_flower/1788/#kamimachi

秩父札所三十二番 般若山法性寺

02

秩父札所巡り

里山の景色を眺めながら古道を行く

観音札所とは、巡礼者が観音さまを参拝し、写経を納めたしるしに朱印を受ける寺院を指します。秩父には札所が34カ所あり、一巡りの距離は約100キロメートル。1番の四萬部寺(しまぶじ)から34番の水潜寺まで、山を登り谷を下ります。毎月第3土曜には、お坊さんが同行して案内してくれるコースも。参拝の心得や作法を学びながら巡礼体験ができます。自転車で回るのもおすすめ。秩父郡市の6カ所に設置されたサイクルステーションでは、1日2時間300円からレンタルが可能です。

基本情報
【利用料金】札所巡り:お坊さんと巡る観音みち(入門コース)、お坊さんと歩く観音巡礼(通しコース )共に1000円
【交通アクセス】観音霊場34カ所は秩父郡市4つの市町(約100キロメートル)に点在、各寺院の公式サイトで確認
【駐車場】各寺院に要問い合わせ
【問い合わせ(TEL)】0494-25-1170(秩父札所連合会)
【公式サイト】http://www.chichibufudasho.com/

美の山公園展望台からの景色

03

美の山公園展望台/秩父・黒谷

花、雲海、夜景が楽しめる絶景スポット

美の山(みのやま)公園は秩父市と皆野町にまたがって位置する「蓑山(みのやま)」の山頂(標高約581メートル)にある県立自然公園。サクラやアジサイ、季節の山野草がハイキング客に人気ですが、最近は雲海や夜景が楽しめるスポットとして注目を浴びています。蓑山は独立峰のため、秩父市街地や奥秩父の山々まで見渡せるのが魅力。セメント工場の煙突や秩父公園橋(秩父ハープ橋)などを探してみて。秩父盆地は霧が発生しやすい地形で、雲海は明け方に見ることができます。

基本情報
【利用料金】入園自由、無料
【住所】埼玉県秩父市黒谷2372
【交通アクセス】車:関越自動車道「花園IC」から約1時間、秩父鉄道「皆野」駅からタクシーで約20分
【駐車場】120台(無料、第1~第3駐車場利用)
【問い合わせ(TEL)】0494-23-1511(埼玉県秩父環境管理事務所)
【公式サイト】https://www.pref.saitama.lg.jp/b0504/minoyamakouen-top/index.html

最新情報はこちらからチェック!

旬な観光情報を現地からお届け
×