国際通りで楽しむ 宿、温泉、グルメと町歩きの記事イメージ

国際通りの人気ホテルはココ!
ランキング&おすすめ観光スポット

日付を指定

大人
子供 0
小学生
高学年
低学年
幼児
食事・布団あり
食事・布団なし
食事あり
布団あり

更新:2019年5月15日

たびらいのローカル案内役が国際通りのホテルを厳選!
最安値で泊まれる宿、目的別の「推し宿」特集、満足度が高い施設ランキングなどで紹介します。

国際通りのホテルランキング

1stハイアットブランド×沖縄を体現したアーバンリゾート

ハイアットリージェンシー那覇沖縄

ホテル通がおすすめする理由

  • ・国際通り徒歩3分、ホテル周辺は酒処が充実
  • ・伝統工芸品が並ぶ「壺屋やちむん通り」が目の前
  • ・館内には300点以上の工芸品が飾られ美術館のよう

ローカル案内役 金城 麻美

  • 住所沖縄県那覇市牧志3-6-20
  • アクセス
    那覇空港から車で20分、ゆいレール「牧志駅」から徒歩7分
  • 駐車場有料(1泊1,500円)
2nd国際通りにありながらリゾート感漂うプレミアムホテル

JR九州ホテル ブラッサム那覇

ホテル通がおすすめする理由

  • ・国際通り徒歩2分、牧志公設市場まで徒歩5分圏内
  • ・ゆいレールの駅も近く那覇空港にもアクセスしやすい
  • ・客室の大きな窓や13階のテラスから景色も楽しめる

ローカル案内役 上地 有希

  • 住所沖縄県那覇市牧志2-16-1
  • アクセス
    那覇空港から車で20分、ゆいレール那覇空港駅より美栄橋駅まで14分/牧志駅まで16分
  • 駐車場有料(1泊1,500円)
3rd朝食ランキングで常に上位の那覇中心地で過ごす上質の沖縄

ホテルロコアナハ

ホテル通がおすすめする理由

  • ・ホテルを出た所が国際通りの入り口となる
  • ・県庁や大型デパートが立つ那覇市の中心街に位置
  • ・3年連続沖縄一を獲得した大人気の朝食が魅力

ローカル案内役 平泉 裕太

  • 住所沖縄県那覇市松尾1-1-2
  • アクセス
    那覇空港より車で15分、ゆいレール(県庁前駅)から徒歩2分
  • 駐車場有料(1泊1,000円)
4rdゆいレール牧志駅直結でアクセス抜群のホテル

ダイワロイネットホテル那覇国際通り

ホテル通がおすすめする理由

  • ・国際通りに面した、ゆいレール「牧志駅」直結ホテル
  • ・国際通り屋台村や牧志公設市場が徒歩10分圏内
  • ・沖縄の食材を中心とした体にやさしい朝食が人気

ローカル案内役 鈴木 竜彦

  • 住所沖縄県那覇市安里2-1-1
  • アクセスゆいレール(牧志駅)直結
  • 駐車場有り
5th国際通り沿いの中央に位置するシティホテル

ホテルJALシティ那覇

ホテル通がおすすめする理由

  • ・オンザ国際通りにありながら落ち着いた雰囲気が魅力
  • ・カジュアルと上質が融合したシティホテル
  • ・客室には傘が常備されており、突然の雨でも安心

ローカル案内役 中村 桃子

  • 住所沖縄県那覇市牧志1-3-70
  • アクセス
    那覇空港から車で15分、ゆいレール(牧志駅)より徒歩8分
  • 駐車場有料(1泊1,500円)

現地スタッフ厳選!夏休みのおすすめプラン

ローカル案内役が厳選した「推し宿」を紹介!国際通りの宿を目的別に探す

海に囲まれ、おいしいグルメや温泉が楽しめる国際通りの観光スポット

国際通りを知る

国際通りってどんなところ?

沖縄県庁前から1.6キロ続く国際通り。道路の両側にはTシャツやかりゆしウェア、泡盛やスイーツなど沖縄らしいアイテムをそろえたショップが立ち並びます。飲食店も充実しており、アメリカ文化にも影響を受けた沖縄ならではのステーキ屋やアイスクリーム屋の他、夜は沖縄料理を食べながら沖縄民謡を堪能できる店などもあって夜遅くまでにぎわっています。

牧志公設市場

牧志公設市場

常ににぎわう牧志公設市場は、いわば那覇の下町です。公設市場の歴史は闇市から始まり、現在では129の業者が入っており、周辺まで含めると700店舗がひしめき合い、地元の人と観光客でにぎわっています。市場は食材が新鮮だというのはもちろんのこと、個性的でおもしろい売り手に出会える魅力もあります。また、1階で食材を買って2階の食堂で料理をしてもらって食べることもできます。最近では市場周辺に、安くておいしい飲み屋が急増しており、お昼から飲めるお店も多くハシゴ酒も楽しいですよ。

牧志公設市場の楽しみ方。ぶらり散策に昼飲み、ハシゴ酒

壺屋やちむん通り

壺屋やちむん通り

国際通りからちょっと足を延ばせばたどり着く窯元や店舗が連なり、昔ながらの町並みが楽しめる壺屋やちむん通り。史跡や昔ながらの赤瓦屋根の家などが多く残っている通りの界隈には、路地のあちらこちらにやちむんが埋め込まれていたり、表情の異なるシーサーが軒先に鎮座していたりします。焼き物を焼き続けてきた壺屋は、やちむんの故郷として親しまれ、伝統的な焼き物を扱うお店に加え、最近では現代的なアレンジを加えたかわいらしい商品を扱うお店もあり若い女性に人気があります。

壺屋やちむん通りかわいい器に出会えるのんびり旅

浮島通り

浮島通り

国際通りを初級編とするなら、中級編として沖縄の旅をもっともっと楽しむために、国際通りから足をのばして裏路地へ入ってみて。国際通りから牧志公設市場界隈へ向かう「浮島(うきしま)通り」は、戦後すぐから営んできた古い商店に交じって、流行に敏感なオーナーの個性あふれるセンスのいい新しいショップが仲間入りし、新旧揃ったチャンプルーな通りです。ちなみに「浮島」というのは、琉球王朝時代の那覇の通称で、その名のとおり、海(内湾)に浮かぶ島ということから名づけられました。

「浮島通り」の歩き方 国際通りの路地裏

国際通り周辺のおすすめエリア

今、この宿、見られてます

あわせて読みたい!



テーマ別 ホテル選び特集

誰と行く?

何にこだわる?

どのエリアに泊まる?