最安値や目的別の泊まりたい宿が見つかる宜野湾のホテル

最安値や目的別の泊まりたい宿が見つかる
【宜野湾】で人気のホテル

更新:2018年12月6日

ローカル案内役が宜野湾のホテルを厳選!周辺観光スポットも紹介しているので、これを見れば観光コースもすぐ決まる!

ローカル案内役厳選!目的別おすすめ宿

目の前にビーチが広がる郊外型リゾート

暮らすように過ごせるシティリゾート

宜野湾のグルメ、観光スポット

  • 宜野湾市を満喫!おすすめ観光情報

    宜野湾市を満喫!おすすめ観光情報

    那覇からもほど近く、沖縄自動車道が縦断していてどこからもアクセスが良い宜野湾市は、沖縄旅行の拠点にするのにもオススメ。カフェやイベントを楽しんだ後は、本当北部のやんばるや、南部へとちょっと遠目のドライブをしてみるのもいいですね。

  • 那覇からアクセス抜群「トロピカルビーチ」

    那覇からアクセス抜群「トロピカルビーチ」

    那覇から近いなどアクセスが良いだけでなく、コインシャワーやトイレ、コインロッカーのほか、パラソルなどのレンタルもあって設備の整ったビーチ。無料駐車場もあるので気軽に立ち寄れます。年間を通して、多くの人で賑わっているビーチです。

  • 海山の旬がたっぷりの市場「ぎのわんゆいマルシェ」

    海山の旬がたっぷりの市場「ぎのわんゆいマルシェ」

    施設内は農産物エリアと海産物エリアに分かれていて、農産物直売所では宜野湾市特産の田芋ほか、中部地区で採れた旬の野菜を格安で手に入れることができます。また、海産物エリアでは、その日水揚げされた魚を購入することはもちろん、レストランで調理してもらって食べるることもできます。

宜野湾を知る

宜野湾ってどんなところ?

那覇空港から北へ車で約40分。国道58号、国道330号、県道宜野湾北中城線、県道34号が通り、さらに沖縄自動車道の北中城インターチェンジ、西原インターチェンジへもアクセスが良く、沖縄本島中部と北部を結ぶ交通の要衝とも言える宜野湾市(ぎのわんし)。お洒落な家具店が建ち並ぶ通称「家具屋通り」や、米軍基地関者のために建てられた“外人住宅”をセンス良く改装したカフェが点在し、沖縄コンベンションセンターでは大規模なイベントも開催。さらに子ども連れも利用しやすい「トロピカルビーチ」など、海も街も楽しめる場所です。

魅力的なインテリアが目白押し「家具屋通り」散策

ヴィンテージ家具店が並ぶ国道58号線沿い
ヴィンテージ家具店が並ぶ国道58号線沿い

宜野湾市大山付近の国道58号。ここには道を挟むようにしてアメリカの中古家具や雑貨、古着屋、リサイクルショップなどが建ち並んでいます。

中でも「シカゴアンティークス」は、この通りの中でも大型の店舗。コレクターやファンも多いファイヤーキングというアメリカのガラスメーカーの食器から、古い工具や家具などが所狭しと並べられています。「PEARL(パール)」もアメリカ家具が中心。アメリカで買い付けてきた家具を工房でしっかりと修復しているので、中古と言えど、商品は上質。その他、ヴィンテージウェア、インダストリアル家具(工場製品のように丈夫で無駄のない金属を用いた家具)などを扱う古着屋が「STOMP(ストンプ)」、1940年~1970年代のアメリカンアンティーク家具や北欧家具、雑貨を扱う「RAGGED GLORY(ラグドグローリー)」等、個性豊かな店舗が軒を連ねます。

普天満宮

赤瓦屋根が美しい普天満宮の拝殿
赤瓦屋根が美しい普天満宮の拝殿

市の北部にある普天間(ふてんま)近隣の地区は、古くからの風土や遺跡が多く残っています。琉球王府より特別な扱いを受けた琉球八社のひとつ「普天満宮」と、仙人伝説のある「普天満宮洞穴」。洞穴はもともと農民たちが農具を保管していた場所で、そこにいつしか観音像が置かれ、信仰の対象に。その後熊野権現の信仰が移植され、さらに普天間神宮寺が置かれるようになったといいます。

その中でも特に国指定有形文化財に指定されている「喜友名泉(チュンナーガー)」や、天女が身を清めていたという羽衣伝説が残されている湧泉「森の川」は有名。この天女は、1372年に明の皇帝の招きに応じて使者を送り、初めて中国と正式に国交を結んだ中山王察度(さっと)の母親といわれています。宜野湾は琉球時代以前に、沖縄の貿易の礎を築いた王の故郷だと考えると、とても興味深いですね。

嘉数高台公園

平和を願う、展望台からの美しい眺め
平和を願う、展望台からの美しい眺め

公園内には世界平和を願う地球儀をイメージした展望台があり、普天間基地(ふてんまきち)のほか、那覇市や宜野湾市の町並みが望める。夜景がきれいなスポットしても有名です。沖縄戦時の激戦地で、今でも日本軍が使用した「トーチカ」(機関銃や砲などを備えた、コンクリート製の堅固な小型防御陣地)があるなど、戦争について学べる場でもあります。

サムズアンカーイン宜野湾店

目の前で焼かれる最上質テンダーロイン
目の前で焼かれる最上質テンダーロイン

国道58号線沿いの宜野湾市真志喜(ましき)バス停すぐ近くにあるネオンサインのアンカー(錨マーク)が目印。ステーキのフルコースがリーズナブルに楽しめるサムズレストラングループの第一号店です。おすすめのメニューは、やわらかい肉に旨味がたっぷり詰まった「最上質テンダーロインステーキ」。厳選された素材の肉は、S、M、Lの3サイズから選べますよ。シェフが目の前の鉄板で肉を焼きながら、アクロバティックに調理するパフォーマンスも必見です。

ジミー大山店

歴史がつまった1号店
歴史がつまった1号店

「1号店」そんな響きが魅力的なジミー大山店は、沖縄を南北に走るメインストリート・国道58号線沿いという交通の便が良い場所にあります。ケーキコーナー、ミニベーカリー、デリカ、スーパーマーケット、レストランを併設し、毎日たくさんの地元客、観光客で賑わいます。お祝い事やちょっとした手みやげを買いに訪れるのはもちろん、野菜やお惣菜、食品、日用品など日常的な買い物をする人も多いですよ。

また、レストランは昔からの憩いの場。ハワイの雰囲気漂う店内でゆっくり食事をしたり、コーヒーを飲んでくつろいだりしているおじぃやおばぁはとても様になっていて、沖縄らしい光景です。レストラン入口に飾られたハワイからの感謝状の数々は、沖縄とハワイの交流に尽力してきた創業者・稲嶺盛保(いなみねせいほう)氏に贈られたもの。ジミーの歴史や魅力と、「1号店」ならでは風格を堪能してみてはいかがでしょうか。

BOASORTE(ボアソルチ)

個性派バーガーとフランクな仲間たちが魅力的
個性派バーガーとフランクな仲間たちが魅力的

宜野湾市大山(ぎのわんし・おおやま)の国道58号線沿いに現れる、黄色い看板が目印の「BOASORTE(ボアソルチ)」。看板メニューの「ビッグマウンテンバーガー」や、個性豊かなバーガーがそろっています。

女性に圧倒的な人気を誇るのは、アボカドを半分まるごと使った「アボカドチーズバーガー」。テーブルに運ばれてきた瞬間に思わず目を丸くしてしまうのが、そのビジュアルとずっしりとした重さ。バンズに収まりきらず、具材が大胆に飛び出しています。パティや特製ソースの美味しさはもちろん、地元の八百屋さんから毎朝届く沖縄県産の野菜やカリカリチーズの食感を、大きなお口で頬張り味わいましょう。ランチタイムにはバーガーを注文すると無料でサラダバーが付くので、訪れるたびに季節ごとの新鮮野菜を採ることができます。

宜野湾周辺のおすすめエリア・ホテルランキング

たびらい沖縄ホテルのご予約で、レンタカー・アクティビティ料金30%キャッシュバック!

今、この宿、見られてます

あわせて読みたい!



テーマ別 ホテル選び特集

誰と行く?

何にこだわる?

どのエリアに泊まる?