沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

たびらい 沖縄

夕食

ホテルみゆきビーチ夕食1
メインの陶板焼きに天ぷらや刺身、小鉢もずらっと並んで豪華な内容


夕食をホテル内の割烹・味処「味有季」でいただくことにした。味有季はロビーフロアにあり、フロントからも近い。

 ちなみにこのホテルのロビーフロアは4階だが、駐車場も玄関もこのフロアと同じ高さにある。したがって、車を降りて玄関を入るとそこにロビーもラウンジも味有季もあるということになる。

 味有季は和食と琉球料理を基本とする割烹で、それを和琉食と称している。一般的な和食に、ミミガー、ジーマミー豆腐、海ぶどう、チャンプルーなどの一品料理から定食まで取りそろえている。一部洋食も提供する。

 今回いただいたのは「陶板焼き」を中心とするセットメニュー(2,000円~)。陶板焼きというのは、鉄板の代わりに陶器を使い、その上でお肉などを焼くという料理法。沖縄ではあまり見かけないのでおもしろそうだ。

 もちろん陶板焼きだけではなく、前菜に天ぷら、お刺身、焼き物、酢の物、ごはん、みそ汁、漬け物、デザートまで、かなりの品数となっている。これを2人前並べると、それだけでテーブルがいっぱいになってしまうほどだ。

 お肉は豚と牛。陶器の板の上で焼かれると、肉自体が持つ脂で香ばしく焼ける。これはぜひ試していただきたい一品だ。

割烹・味処
味有季
営業時間:18:30~21:30

ホテルみゆきビーチ夕食2
陶板の上でお肉がこんがり焼けると、たまらない香りが立ち上る


更新日/2013年11月21日

コメント

公式サイトで予約する

たびらいで予約する

ページ先頭へ