海と山、そして風の中で過ごすリゾート 施設概要 オクマ プライベートビーチ & リゾート(旧JALプライベートリゾートオクマ) - たびらい沖縄

沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

公式サイトで予約する

海と山、そして風の中で過ごすリゾート 施設概要



太平洋戦争後、アメリカ軍に接収されていた赤丸岬の奥間ビーチが昭和52年(1977)にその一部の土地が変換され、観光保養地として地元資本による開発・運営が行われた。しかし約1年で中止となり、その後、地元の要請を受けた日本航空グループが運営を引き継ぎ、株式会社JALホテルズのもと、本島随一の景観、自然のままのサンゴ礁群、紺碧の海、そして約1キロにも広がるビーチを生かしたネイチャーリゾートとしてJAL プライベートリゾート オクマの今の姿へと至った。

本島北部の西側に面した立地は、ホテルの眼前に広大なビーチを持ち、そして東側にやんばるの森林が広がる山を持つ。今では北部で唯一のリゾートホテルとしての地位を確立し、リピーターを始め、数多くの利用客を迎えるホテルとなっている。

コテージとヴィラを中心に構成された客室棟は、芝生で覆われた広大なガーデンの中、贅沢なリゾートライフを約束してくれる。


更新日/2015年12月17日

公式サイトで予約する

ページ先頭へ