沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

たびらい 沖縄

大宜味村の木酢玉子で作る人気の焼き立てオムレツ

JALプライベートリゾートオクマオムレツ
毎朝200個のオムレツを作る石川さん


サーフサイド・カフェの人気メニューは目の前でシェフが作るオムレツ。塩、コショウ、牛乳、生クリーム等一切加えず、玉子のみの味で勝負している。

毎朝オムレツを焼く石川愛さんは、この春、調理師学校を卒業したばかりの新人だが、宮城正博総料理長によりオムレツ担当に抜擢された。「色がきれいで、濃厚で、そのままでも美味しい」と自ら調理する玉子について語ってくれた。 

宮城総料理長が選んだ大宜味村、安室養鶏場の木酢鶏の鶏卵は、木酢酸の持つサルモネラ菌の殺菌効果により安全性が極めて高い。少し小ぶりな、うっすらと赤みがかった玉子で、濃厚な味わいが特徴だ。ホテルなどの大型レストランでは液卵を使用することが多いが、ここでは玉子のまま仕入れる。割高で、手間もかかるが、それが食の安全性につながっている。

オムレツ担当の石川さんについて、宮城総料理長は「経験があっても、しかめっ面した男性が作るオムレツより、女の子が一生懸命作るオムレツのほうが美味しそうでしょ?」と笑うが、そこにはヤル気と能力次第で新人にもどんどん仕事を任せる、という宮城流の人材育成に対する哲学があるのだ。

 
【サーフサイド・カフェ】
・営業時間
 7時~10時30分(ラストオーダー10時)
・料金
 大人(13歳以上)2350円、子供(6~12歳)1200円、幼児無料


更新日/2015年12月14日

コメント

公式サイトで予約する

たびらいで予約する

ページ先頭へ