「残波岬」で大迫力の海を眺め、「やちむんの里」でお土産探し 沖縄残波岬ロイヤルホテル - たびらい沖縄

沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

「残波岬」で大迫力の海を眺め、「やちむんの里」でお土産探し


ホテルから徒歩15分、車で6分の 景勝地「残波岬」


沖縄残波岬ロイヤルホテルがある読谷村では、 沖縄本島で夕日が最後に沈む場所「残波岬」や陶芸家の工房が集まる「やちむんの里」など人気の観光地が多い。

残波岬は沖縄本島最西端の東シナ海に面した岬で、晴れた日には慶良間諸島まで眺望できる絶景の観光地だ。夕日の名所としても有名で、残波岬の灯台が灯る日暮れ頃は幻想的な景色をみることができる。灯台に登ることもでき、大人は200円、小学生以下は無料で入場可能だ。

「やちむんの里」は沖縄の‟やちむん”と呼ばれる人気の伝統工芸品をつくる、陶芸工房が集まった場所だ。そこでは、職人がやちむんを作る様子や、実際にその場でやちむんを購入することもできるので、ぜひ自分のお気に入りの器をみつけてほしい。

⇒「残波岬」についての詳細はこちら
⇒「やちむんの里」についての詳細はこちら
⇒「やちむん」についての詳細はこちら


ホテルから「やちむんの里」までは車で約20分


更新日/2015年12月29日

ページ先頭へ