自家葡萄園の「リュウキュウガネブ」を100%使用したワイン「涙 なだ」 オーベルジュ ボヌシェール ラウー - たびらい沖縄

沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

自家葡萄園の「リュウキュウガネブ」を100%使用したワイン「涙 なだ」



東京のレストランで経験を積み、恩納村でレストランを始めたオーナーシェフ。自分で作った野菜で料理をしてみたいとの思いを募らせていた頃、「リュウキュウガネブ」という山葡萄に出会い、2006年に3本の苗から栽培をスタートさせた。沖縄での葡萄栽培は難しいと言われている中、未経験から手探りで葡萄栽培を始め試行錯誤を繰り返しながら2010年には50本にまで葡萄栽培を拡大することに成功。数々の受賞歴を誇る山梨県の勝沼醸造に委託醸造をするまでになる。


そして、2011年に「リュウキュウガネブ」を100%使用したワイン「2010 涙 なだ」が誕生。その味わいはスッキリと爽やかでなめらかな印象。夫婦の記念日など特別な日に飲みたい希少なワインだ。ソムリエが在籍しているのでワインの特徴を聞いてみるのも良い。

完成したワインをレストランで出し始めてから1週間で売り切れてしまう年もあるほどの人気なので、事前に問い合わせを。



更新日/2016年07月01日

ページ先頭へ